« 「マン・オブ・スティール」を観る | トップページ | 「風立ちぬ」を観る »

2013/09/07

いよいよドコモからiPhoneが出るらしいけど...

130907

 いよいよドコモからiPhoneが出るらしい。ケータイを初めて持ったその日からのドコモユーザー。しかしドコモからiPhoneが出るからといってすぐに買うかどうか...

 まずボクはいまだにガラケーだ。ドコモだってスマホを出している訳だし、いくらでもチャンスはあった。黎明期のドコモのスマホは酷く諦めもついたが、特にここ一年、ソニーのXPERIAは魅力的な端末に映ったし、心も動いた。会社の後輩がXPERA Zを仕事場で自慢げに使っているのを見ると腹が立った、腹が立った。T君、会社内に個人ケータイは持ち込み禁止です。(苦笑)

 閑話休題。スマホ全盛、いまだにガラケーからスマホに切り替えない最大の理由は、心底パケット恐怖症に陥っている事だ。まずケータイを基本使用料以上は使わない。ボク個人のケータイだけで支払いは月平均1,400円である。ここ半年の使用パケット数は合計100パケットに満たない。まさかのためにパケホーダイを契約していても、ガラケーでネットしたいと思わない。そもそもXiではないし、いざF-01C経由、iPod touchからWi-Fi接続しても激遅。本当にあくまで非常時利用である。それに家に帰れば我が家の主となる光回線が待っている。

 ボクにとっていつも繋がっている事は必要条件ではない。パケット恐怖症に陥った最大の理由はネット時代の黎明期に遡る。パソコン通信と呼ばれた頃、時間相応の接続使用料のシステムを叩き込まれ、あくまで必要最小限の利用、自然と長く繋がる事は美徳と思わないようになった。まもなくテレホーダイが始まり、ネット接続は深夜帯に集中、夜11時からがゴールデンタイムであった。やがてネット用固定回線は常時接続、ADSL、光回線とどんどん便利になっていった。自動車評論家の三本和彦さんの言葉を借りれば、「便利」というのは麻薬のようなものだ。

 ここからが本題。昔はモバイラーとしてMOVAに始まり、当時の快適速度を求めてPHSカードを別途購入。モバイル側は2回線時代に突入していく。しかし固定回線以上の快適はなかなか得られなかった。しかもシャアのようにホイホイと愛機を乗り換えないタイプなので、ケータイの進化に追いついてこなかった。契約以来、1機種使用期間平均6年。カメラ付ケータイになったのも結婚した6年前だ。ケータイは家族や友達との連絡手段のみであり、ケータイの進化は必要条件とならなかった。ちなみに今の愛機はF-01C、オーソドックスな全部入りガラケーである。またPHS回線は数年前、ドコモのキャンペーンで実家にいる両親用のFOMAに化けた。

 実は愛機F-01C、本体支払いは今年の1月に終わっている。もし今秋ドコモからiPhoneが発売されるのなら、機種変更タイミングとしては格好だ。ただ手元にはiPhone代わりに使ってきたiPod touch(5G)がある。端末を集約したい反面、外でのネット利用はFeedly+Bylineで必要最低限のオフラインリードで充分と思えている。会社以外、歩いて15分の自宅と実家の行き来程度では各々快適な光回線、Wi-Fi環境があるところで不足は感じない。ただ出先でWi-Fiが繋がらない時、その時だけ一瞬大きなフラストレーションに見舞われる。さあどうする?本当に「便利」というのは麻薬のようなものだ。

 まぁこれだけ待たされたから、本当にドコモからiPhoneが出てから考えても遅くはないけど。

|

« 「マン・オブ・スティール」を観る | トップページ | 「風立ちぬ」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/58143256

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよドコモからiPhoneが出るらしいけど...:

« 「マン・オブ・スティール」を観る | トップページ | 「風立ちぬ」を観る »