« 「ラストスタンド」を観る | トップページ | VAIO T(初代)からMacbook Air(2013)へ乗り換える »

2013/05/26

第80回日本ダービーを生観戦する

 昨日から前日都内入りし、東京競馬場で第80回日本ダービーを観て来た。昨夜競馬仲間の酒宴に二日酔いでの参戦となったが、早朝から席取りの列に並ぶ等、丸一日競馬漬けであった。

 第80回記念とあって、様々なプレゼントが用意されていた。センターコートではCMのTHE LEGENDにちなみ、イベントが催され、等身大ディープインパクトも登場。多くの人が集まっていた。ここでLEGEND検定に答えると抽選でグッズが当たるのだが、めでたく例のCM集のDVDをゲットした。あと通常のレーシングプログラムに加え、記念パンフレットも手に入れる事ができた。馬組合組長S氏様様である。

 1Rレース前、パドックにはウイニングチケットとアグネスフライトが現れ興奮。2頭とも年の割に良く手入れされた馬体。特にウイニングチケットは今見てもグッドルッキングホースである。

13052601

 馬券は午後の見習い騎手戦から参戦。当たりはしたが、その後はすっかり沈黙。気がつけばダービーを迎えていた。本命はロゴタイプとしたものの、一番人気のキズナ、皐月賞2着のエピファネイアは見切れず、この三頭ボックスを厚く買った馬連を中心に、ロゴ-キズナからの三連単を追加。このままレースを待った。

 レースはやや早めに進んだが、途中緩んだ平均ペース。人気馬は中団に控えていた。そこでロゴタイプは前に出ようと仕掛けられたが全く伸びない。併せる形で伸びてきたのがエピファネイアとキズナだった。勢いと斬れ味、そしてダービーへの執念が勝り、キズナが優勝、武豊の前人未到、ダービー5勝目が決まった。皐月賞は馬場が速かったとはいえ、ロゴタイプ、エピファネイア共能力は高かった。しかしロゴタイプの血統的な底力は2,400メートルに不向きだった。キズナ、エピファ共に33秒台の上がり、中盤緩んだペースは究極の切れ味を要求したのだ。

 府中にこだまする久しぶりのユタカコールに鳥肌が立った。3年前の落馬以降、競馬サークルの中心にあっても、GI戦線から離れた感のあったユタカ。今回ダービー1番人気に押し上げたのは馬の力だけでなく、ユタカへのエールもあったと思う。宿願ディープの子に乗ってダービーを勝ち、そして凱旋門賞へリベンジが待つがけっして夢の話ではないだろう。今年の凱旋門賞、チームジャパンはどんな夢を見せてくれるのだろうか?

1305262

|

« 「ラストスタンド」を観る | トップページ | VAIO T(初代)からMacbook Air(2013)へ乗り換える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/57484020

この記事へのトラックバック一覧です: 第80回日本ダービーを生観戦する:

« 「ラストスタンド」を観る | トップページ | VAIO T(初代)からMacbook Air(2013)へ乗り換える »