« 「英国王のスピーチ」を観る | トップページ | 「3年B組金八先生ファイナル」を観る »

2011/03/27

ヴィクトワールピサ、ドバイワールドカップを制す!

 痛恨の出遅れだ!でも気持ちのいい出遅れ(寝坊)だったと言ってもいい。目が覚めたのは午前三時半。何とドバイ、メイダン競馬場へ乗り込んだチームジャパンのヴィクトワールピサ(栗東・角居)がドバイワールドカップを制した。JRAのサイトはまだ静か。そこでDubai World Cupの公式サイトに動画があったので、そちらでレースをチェックしてみました。確かに勝ってましたよ。しかも日本馬がワンツーフィニッシュ!

 レースは藤田伸二のトランセンドが逃げる展開。ヴィクトワールピサもブエナビスタも後方に置かれて進む。流れは明らかにスロー。業を煮やした、いやペースを読み切った鞍上デムーロは中盤でヴィクトワールピサを二番手まで押し上げた。まずこの判断が素晴らしい。そして直線に入るとそのままトランセンドが逃げ込みを図る。そして粘る粘るトランセンド。番手のヴィクトワールピサが計ったようにトランセンドを差し切った。勝ちタイムは二分五秒九四。着差は半馬身だが完勝だった。

 もちろんデムーロの騎乗も素晴らしかったが、二〇〇〇メートルという距離も幸いしたのではないか。去年のダービー、凱旋門賞もジャパンカップも距離を言われた馬。同じく展開を味方にした有馬記念より、皐月賞のほうが強かったからだ。この後、ヴィクトワールはどんな路線を踏むのだろう。宝塚からキングジョージへ?同じステップを踏む外国馬が出てくるかもしれない(嘘!)。

 またニコニコ生放送でも言っていたが、新潟のローカル重賞レパードSを勝った馬が、ドバイWCの二着というのも興味深い。今すぐレパードSはG2に格上げだ(冗談)。それとジャパンカップダートは早く東京開催に戻して下さい。あんなコース、距離では海外から参戦してくれません。ドバイWC二着馬が胸を貸す事ができませぬ。いやトランセンドも海外転戦か?と競馬ファンは饒舌にならずにいられない、日本時間27日未明の出来事でした。

|

« 「英国王のスピーチ」を観る | トップページ | 「3年B組金八先生ファイナル」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/51226383

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトワールピサ、ドバイワールドカップを制す! :

« 「英国王のスピーチ」を観る | トップページ | 「3年B組金八先生ファイナル」を観る »