« 「ハート・ロッカー」を観る | トップページ | 『二本目にマクロレンズ』 ペンタックスD FA マクロ 100mm F2.8 WRを使う »

2010/05/30

今年のダービー回顧

 豪華メンバー、二強、三強と呼ばれた今年の日本ダービー。しかし前日の土曜日、その一角であったダノンシャンティが骨折により取り消し。残る二強が日曜のレース直前まで一番人気を取り合うデッドヒート。前走皐月賞を抜群の瞬発力で抜けたヴィクトワールピサ、四戦負けなしでトライアルを鮮やかに圧勝したペルーサ。マッチレースになるであろう二頭の戦いをほとんどの競馬ファンが待つかのようなオッズの変化過程であった。

 だがそんな思惑は発走まもなく崩される。横山典弘のペルーサはいきなりの出遅れ、後方待機を余儀なくされる。一方のヴィクトワールピサはコースロスを嫌うかのように好位の内でじっと待機。そして両者のレースに対する歯車は狂い始める。その一端が中弛みになったラップタイムにある。途中グッと落ち着いてしまった事で完全な上がりの競馬になってしまった。当然、後方待機のペルーサは四コーナー途中から早めに動く事になり、ヴィクトワールピサも抜け出す好機を待つところだった。

 ところがペルーサのスタートロスを補える程、展開は許されず末脚は不発。また一方のヴィクトワールピサも勝負どころで被せられ、すぐに外へ出せずじまい。追い出せた時には先に抜け出した積極策の二頭、エイシンフラッシュとローズキングダムが真のデッドヒートを繰り広げていた。上がり三十二秒台の究極の上がり勝負。彼らを捉えられなかった人気の二頭、そこに成す術は無い。結果、昨年リーディングの内田博幸がダービージョッキーの座をもぎ取ったのだった。

 究極の上がりに勝ちタイムは平凡。ダービーは勝つべき、そんな背景のある馬に価値がある。果たして今年のダービー馬にそんな価値はあるだろうか。皐月賞三着、堅実さは認めても、エイシンフラッシュがこれからの日本競馬を引っ張っていく存在に思えない。出遅れのノリは論外、ヴィクトワールピサの岩田こそ、もっと積極的にレースを進めるべきではなかったろうか。去年は天気に泣かされたが、今年は騎乗ミスとも思しき、自分自身を悔いる事になってしまった。とにかく今年のダービー程、いろんな意味で記憶に残らない、いや残したくない年はないだろう。

100530

|

« 「ハート・ロッカー」を観る | トップページ | 『二本目にマクロレンズ』 ペンタックスD FA マクロ 100mm F2.8 WRを使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/48498628

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のダービー回顧:

« 「ハート・ロッカー」を観る | トップページ | 『二本目にマクロレンズ』 ペンタックスD FA マクロ 100mm F2.8 WRを使う »