« 「アバター」で3D映画を初体験する | トップページ | とんびは自由でいいなぁ »

2010/01/28

iPadで何ができるか、何をするか

100128 Appleより噂のiPadが発表された。iSlate等の名称も噂されたが、ユーザーから一番馴染みのあるiPodの一文字を替えたものになった。iPhoneOSをそのままかカスタマイズしたものらしく、早くもデカイiPod Touchと揶揄されている。したがってBoot Campに代表されるMacのような扱いはできない。ただiPhoneユーザーにとってはしきいが低く、アプリも継承できるメリットはある。

 そんなiPadを見ると、ソニーのエアボードを思い出す。ネットサーフィン等、メール受信、テレビ機能を有するものだった。生活にネットが入ってくる、手元でネットサーフィンを行う先駆けともいえる。元々はロケーションフリーの端末であり、そちらが本分だった。そんなエアボードは地デジ移行と著作権問題未解決のままに消滅。後継機は生まれていない。そこに日本特有の事情が見えてくる。

 もし手元にiPadがあったとして何ができるか、何をするか。全世界でみれば、iTunesを始めとする様々コンテンツをもって満喫できるだろう。しかし残念ながら日本に限っては楽しみが半減、いやそれ以下になるかもしれない。新登場のiBookstoreも日本での利用は不透明。また再生できる映像フォーマットは多いものの、DRMの塊のような地デジを代表とする日本のコンテンツには限定的。せめてDLNA対応ならば嬉しいが、結局"日本特有の事情"が邪魔をする。それだけでなく、元々Appleは日本の映像コンテンツ事情に対し冷たい。

 日本ではiPod、iPhoneと比べると、生活を変える力は限られると思う。ユニークなインターフェイスと携帯性は解るが、先の理由の通り、日本でのiPadの用途は限定的である。やはりモバイル機器はコンテンツあってのもの。AppleとしてはiPhoneとMacbookの間の存在というが、やはりiPadにモバイル機器としてその間を埋めるべきコンテンツ創出、活用機能までも求めたくなる。せめてIntelMacだったのならそんな希望も持てたのだが、それはAppleの真意とかけ離れたものなのだろう。

|

« 「アバター」で3D映画を初体験する | トップページ | とんびは自由でいいなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/47416014

この記事へのトラックバック一覧です: iPadで何ができるか、何をするか:

« 「アバター」で3D映画を初体験する | トップページ | とんびは自由でいいなぁ »