« イーストウッド主演最終作?「グラン・トリノ」を観る | トップページ | ペンタックスk-mを買ってみた »

2009/05/03

波乱の天皇賞・春

 忌野清志郎が亡くなった。日本ロック界の影響は言うまでも無く、その先見性と破天荒な姿が消える事が寂しい。個人的に、いや競馬ファンとして彼の曲「競馬場で会いましょう」は傑作だと思う。清志郎と競馬のミスマッチ感覚を通り越し、独特の世界観に溢れていた。シンプルな曲調は競馬ファンの琴線に触れる。この曲がリリースされた頃、タイマーズとしての活動時期(再結成)と重なるが、何処か郷愁を誘う味わいがあり、両者は似た雰囲気を持っている。今も競馬ファンはこの曲を愛している...合掌。

 そんな週末、春の天皇賞が行なわれた。かつては序盤は淡々と、後半は熱くなる杉本アナの実況が重なり、多くの名勝負を生んできた。メジロマックイーンやテイエムオペラオー、最近ではディープインパクトがこの天皇盾を制している。だが、そんな最強古馬決定戦の趣きがあったのはひと昔前の事。特にここ数年、同じ長距離戦であるクラシックの菊花賞と共に、やや格が落ちた感は否めない。そう思う競馬ファンは少なくないはずだ。

 人気のGIウィナー二頭、アサクサキングスとスクリーンヒーローは、直線見せ場も無いまま、馬群に飲み込まれていった。アサクサは昨年三着だったが、やはり前走のタフな競馬が相当応えたのではないか。スクリーンヒーローは同じ理由も当てはまるが一方、父の活躍距離からすると、今回の三二〇〇メートルはやや長かったかもしれない。また今年のように混戦と言われる年ほど、春天は活きのいい四才馬が活躍するものだが、出走馬自体二頭と物足りなく、勝ち馬の影を踏む事すらできなかった。

 勝ったのはマイネルキッツ。メイショウサムソンと同じ世代、六才馬である。父チーフベアハート、その産駒をみてみると、春天の距離は不向きに思える。しかし本職ステイヤー不在の中、前走日経賞二着の実力から何かしらの可能性はあった。でも勝ち切るイメージまでは至らず。経済コースを通り、アルナスラインを抑えて勝った姿に驚きを隠せなかった。買った馬券は日経賞組、アルナスラインからの馬連数点、アルナス=マイネルからの三連複数点。当然、そのヒモにドリームジャーニーは押さえていた。春天スタートから3分14秒後、買った馬券は勝った馬券になった。本当に久しぶりのロングショット。何を隠そう、そんな自らの姿にこそ一番驚きを隠せなかった。

|

« イーストウッド主演最終作?「グラン・トリノ」を観る | トップページ | ペンタックスk-mを買ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/44902696

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の天皇賞・春:

« イーストウッド主演最終作?「グラン・トリノ」を観る | トップページ | ペンタックスk-mを買ってみた »