« 「スラムドッグ$ミリオネア」を観る | トップページ | 名馬の条件 »

2009/05/31

2009年ダービー生観戦記

 朝、地デジテレビのdボタンを押すと、東京の降水確率20%だった。「これなら天気はもってくれるはず」と思ったものの、その希望は午後になって打ち砕かれた。良馬場、好時計で走った皐月賞組を上位にとっていた予想は、白紙に戻さざる得ない。とは言うもの、簡単にはいかない。直前の芝レースむらさき賞の上がり38秒2、若干でも外から差し脚が決まる馬場を望みに、皐月賞上位組ボックスを中心。さらに皐月賞惨敗で買う事を止めていたロジユニヴァースを、馬体重回復から追加...とそこまでは良かった。

 レースはマイルカップを勝ったジョーカプチーノの果敢な逃げ。外から早々二番手につけたリーチザクラウンがつける。横山典ロジユニヴァースはそれを見た三番手。アンライバルドら皐月賞上位組は中段待機。悪化した馬場、前半ハイラップで進むジョーカプチーノの逃げは、明らかに自殺行為。武豊リーチの位置こそ本来踏むべきラップ。先頭とリーチの位置取り差は徐々に広がり、このレースの主導権は武豊に握られた。

 最後の直線に入ると、ジョーカプチーノは簡単に交わされ、リーチ先頭と思いきや、ロジユニヴァースが内からすり抜け引き離す。後からは何も来ない4馬身差、2分33秒7とまるでヨーロッパ競馬のような勝ち時計。全ての馬が上がり40秒前後にとどまり、序盤の位置取りで決まったダービーであった。生観戦、ウイニングチケットの勝ったダービーから16年。ここまで極悪馬場のダービーは観た事が無い。速い馬アンライバルドら皐月賞上位組の運は尽き、今年は格言通り、運の強い馬が勝った。

 歓声に包まれ、1コーナーをウイニングランする横山とロジユニヴァース。鞍上は信頼に応えたベテラン、やっと届いたダービージョッキーの座。ファンの前で帽子を取り、静かに頭を下げる横山典弘。当然、彼の勝利を喜ばない競馬ファンはいない。リーチを外したため、馬券は当たらなかったが、嬉しい瞬間に立ち会えてよかったと思う。今年のダービー、間違いなく主演は横山典、助演はもちろん武豊だろう。

0905311

0905312

|

« 「スラムドッグ$ミリオネア」を観る | トップページ | 名馬の条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/45199060

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年ダービー生観戦記:

« 「スラムドッグ$ミリオネア」を観る | トップページ | 名馬の条件 »