« 「デス・レース」を観る | トップページ | 「007/慰めの報酬」を観る »

2009/01/03

2008年個人的な重大ニュース

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年はいろいろあって、更新が滞っていましたが、今年も同様ぼちぼち続けてみたいと思います。何も変わらんのかい?(自分へツッコミ)

さて、今年は一発目は昨年の重大ニュースを挙げてみたいと思います。

1.誕生
 重大ニュース、一番手に挙げるのは当然です。これを一位にしないなんて、いつか息子に恨まれるでしょう。それにしても可愛い。可愛すぎる。時にまりもっこり似の笑顔がまぶしい。今や親バカならぬバカ親なっているのは、それはいうまでもありません。日々の成長に喜び。育児は大変ですが、毎日楽しいですなぁ。もちろん無事に出産を終えた妻に感謝、感謝です。

2.BootCamp
 インテルiMacを購入。マックユーザーなら当たり前かもしれませんが、BootCampでWindowsを入れました。DSP版を買う余裕はなく、手元のXPアップグレード版、Win2000を使い、インストール。あまり使っていなかった外付けCDドライブが役に立ちました。妻用にXP、ボク向けにMacの使い分け。Macはボクのビデオ編集が主。妻はペンタブレットを使いこなしています。

3.車検
 昨年前半、原油高に悩まされ、愛車アストラを手放そうかと思った矢先。スイス出張を経て決心、アストラの車検を通した。その後、未曾有(みぞうゆう!)の金融危機が訪れ、原油相場に波及。今やリッター100円台。アストラの喰うハイオクも値ごろ感が出てきた。仕事帰りはあえてバイパスを経由し、走りを楽しんでいます。しかしながらエコ通勤を志した頃が懐かしい。

4.ハイビジョンビデオカメラ
 息子誕生を前にキャノンHF10を購入。絵の鮮度、解像度に驚愕、フォーマットの違いを痛感した。ただそれよりも生まれたこの子はハイビジョン世代、その事自体にも驚く。白黒、カラーを経験した自分にとって、この子達の歩む未来って一体どうなっちゃうんでしょうか。いや、それよりもせっかく撮った映像の記録媒体が欲しい今日この頃。やっぱブルーレイですかねぇ。

5.映画
 去年劇場で観た映画は7本と激減。子供が生まれた今年ゆえやむを得ないところ。そんな中の目玉は「ダークナイト」。スケール感、ストーリー、そしてキャラクター。ティム・バートン版とは異なるハードな展開、リアル感漂い精神的に襲ってくる圧巻のジョーカー。勧善懲悪に留まらない深み、大人向けエンターテイメントとしても素晴らしい。ヒース・レジャーに合掌。もう一度、大画面のホームシアターで楽しみたい傑作です。

6.TVドラマ
 昨年もドラマに秀作が多かった。「鹿男あをによし」「おせん」「風のガーデン」等々が挙げられる。中でも破天荒なテーマながら、鹿が主人公の「鹿男あをによし」を推したい。名目上の主人公小川(玉木宏)、そして神の使いである鹿(声は山寺宏一)。とにかくこの鹿がいい。彼こそ影の主役。綾瀬はるかの天然ぶり、児玉清のブチキレ感、イトちゃんこと多部未華子の存在感。「マイ鹿です、先生」は名セリフ。放送当時、京都と奈良へ旅行した程のハマりようだった。さらに傑作サントラだった事も記しておきたい。

7.天皇賞・秋
 昨年のベストレースを競馬ファンに問うたら、ほぼ100%、秋の天皇賞と答えるだろう。ダイワスカーレットが自ら作るハイペース。ウォッカとダイワのし烈な叩き合い。勝ったウォッカは僅か2cm差の決着。3着には3才ダービー馬のディープスカイが入着。レースのレベルもこの年随一。のちに有馬記念を制するダイワと共に古馬戦線を盛り上げた。とはいえ、この二頭の直接対決はこの天皇賞のみ。筆頭はこの年GI二勝のウォッカだが、意外と年度代表馬選びは難航しそうだ。

8.風呂
2008年最大の出費は風呂のリフォームだった。きっかけは子供の誕生だが、風呂も釜も傷んでおり、いつ直すかが鍵となっていた。INAXのショールームで見積もりし、昨年末に工事。築年数の古い我が家だが、お風呂場だけは別世界。お湯は指定温度で管理させ、しかも湯量まで自動調整される。子供を風呂に入れるのも楽になったし、何より入浴時間が長くなった。もはや世間で自動風呂は当たり前らしいが、文明開化の鐘が鳴る出来事だった。

9.メイド喫茶
 昨年の馬組合、忘年会は浅草で待ち合わせた。浅草寺を観光、一次会に突入と思いきや、ある男、T吉の欲望のままに秋葉原へ行く事になった。その目的とはメイド喫茶。だが暮れの秋葉原は大混雑。しかもどのメイド喫茶も満杯状態。だがT吉は自ら探し、数軒回ったところで、開店直後の店を発見した。こちらは6名で6対6、一列に並んだメイド嬢は圧巻。間もなく、T吉の欲望は満たされた。怪訝な言葉とは裏腹、上機嫌だった奴が再び店を訪れる可能性は高い。

10.コミュニケーション
 この夏十年ぶり、スイスへ出張。異文化、日本語無き世界はいい。それだけでなくスイスからの受け入れ、さらに別にカナダからのエンジニアと仕事があったり、中学英語を屈指したコミュニケーション。寿司屋や居酒屋でのノミニケーション。教えた日本語は数知れず。傑作は「ナマチュウ、イッパイクダサイ」。英語は仕事における数少ないアドバンテージ。NOVA破綻にもめげず、今年は果たしてどんな展開が待っている事やら。

|

« 「デス・レース」を観る | トップページ | 「007/慰めの報酬」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/43625756

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年個人的な重大ニュース:

« 「デス・レース」を観る | トップページ | 「007/慰めの報酬」を観る »