« NOVAにオサラバ | トップページ | 「日本一のホラ吹き男」を観る »

2008/02/19

次世代DVDの終戦記念日

 次世代DVDのフォーマット戦争。東芝のHD-DVD撤退は一般向けのトップニュースになる程、大きな話題となった。ただこのニュースまで、HD-DVDが一般消費者全ての話題になっていたかは定かではない。何せ日本国内は、永ちゃんこと矢沢永吉によるソニーのCMで、やっとブルーレイという言葉が浸透し始めたばかり。他メーカーもそんなCM効果で勝ち馬に乗った形だ。対して東芝HD-DVDのCMは長谷川潤ちゃんだけではやや役不足。逆に当時の東芝の本気度が伺われた一面でもあった。

 フォーマット戦争の後、ブルーレイ陣営は本格的なシェア争いに転ずる。既にレコーダー市場ではソニーとパナソニックが席巻。レコーダーとプレーヤーの棲み分けがない日本。一部ハイエンドユーザーやマニアを除けば、何でもアリが欲しい。これまで手にする消費者は高品位次世代DVDの存在は知っていても、品位よりもコストパフォーマンスを重視してきた。メーカーとしてはフォーマット決着、そろそろブルーレイレコーダーは如何?というわけだ。だが実態は始めにハードディスクありき、そこにあくまで二次記録媒体の争いはあまり見えてこない。

 今回の一件、ワーナーショック以後、次々に同盟ともいうべき面々が離脱。その中でも謎なのがマイクロソフトの存在だ。X-BOX360はHD-DVDのパッケージ媒体ではあるが、同時にHD-DVD推進、影の主役と目されている。これまでの東芝の頑なな姿勢には、そこに起因したのではないか。だがMSはソフトベンダー、東芝はハードメーカー、その立場の違いは抱えるリスクの違いに現れている。MSの真意は分からない。しかし梯子を外そうが、痛くも痒くもないという事か。

|

« NOVAにオサラバ | トップページ | 「日本一のホラ吹き男」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/40242543

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代DVDの終戦記念日:

« NOVAにオサラバ | トップページ | 「日本一のホラ吹き男」を観る »