« いざ凱旋門 | トップページ | 爆笑レッドカーペット »

2007/09/12

総理と呼ばないで

 年金問題に参院選惨敗、あれだけ政権維持を固持してきた安倍総理が突然の辞任。アイドル小泉前総理の勇退後、それまでの政権形骸化を露呈。カリスマ無き総理に矢継ぎ早、紛糾する問題の数々。主導権を失った死に体も、退かない意志で起死回生を狙ったが、期限迫るテロ特措法の延長で更なる頓挫。お手上げのワンサイドゲームの中、舛添厚労相の活躍に一筋の光明が見えたが、総理の打点とはならなかった。

 総理退陣なら、次の政権が頑張ればいい。ただ今、最も危険に思えるのが、与党自民党の形骸化である。まず引き継ぐ資格ある者がいるとは思えない。仮にいたとしても、誰が総理になっても政権維持は難しい。仮に大方の予想通り、麻生総理誕生となっても、衆院解散後に再び同じ座につける公算は少ない。選挙で実績無き小泉チルドレンは疲弊し、自民党は結党以来、大きな岐路に立たされる事になる。

 そこで聞こえてくる小泉擁立は、意外に自民党内部が求める最も大きな声かもしれない。もちろんチルドレンたちも心強い。やはり選挙を勝つ人気は捨て難いからだ。果たして火中の栗を拾うだろうか。もし拾うのであれば、ボクにとって小泉前総理に対する見識が大きく変わる出来事。そして政権奪取を狙う民主党小沢代表が最も恐れるシナリオは、実はこの流れではないか。

 本音を言えば、辞める安倍総理本人が今こそ「しょうがない」と言いたかっただろう。しかも心のほっぺには絆創膏を貼りたい程。そして週末には、自らの脱税スキャンダルが報じられるという。今となっては、総理自身が内閣の集大成を自ら演じている感もある。とはいえ、故松岡元農相の末路だけは真似ないで欲しい。劇的だった小泉劇場の後、安倍劇場の終幕が死で終わらない事を祈る。

070912

|

« いざ凱旋門 | トップページ | 爆笑レッドカーペット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/16429752

この記事へのトラックバック一覧です: 総理と呼ばないで:

« いざ凱旋門 | トップページ | 爆笑レッドカーペット »