« 古馬任三郎、女傑誕生の2007ダービーを振り返る | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観る »

2007/06/02

やっぱりオペが好き

 一ヶ月前、自分にとってゴールデンウイークとは名ばかりな一週間だった。そして追い打ちを掛けるような出来事。あれはGW最後の日曜だった五月六日、何と当て逃げされた。いや『やられていた』というのが正しい。会社から帰宅した土曜17時から、翌日の昨日の昼までが犯行時刻。休日出勤のため、昼前会社に向かおうとしたその時、駐車場で車の変化に気がついた。右フロントに大きなスリキズが残っている。雨の中、ボクは傘もささずに愕然とした。

 キズはヘコミが無いものの深く、下地が見えている。元々メタリックブルー(OPEL曰くウルトラブルー)、下地は黒のため遠めでは判り難いが、近くで見ると明らかに大きなキズだ。買って一年半、当然だが、運転には気をつけてきた。しかも車道との接触を避けるよう、奥気味に停車して自己対策を打ってきただけに、今回の出来事の衝撃は大きい。普段は右側方に一台止まっているが、その車が居なかった時間帯にやられた公算が高い。もちろんそちらの車は加害者でもなく、キズ一つない。近所の会社にビラを配ったが、特に情報は得られなかった。

 当て逃げからまもなくディーラーの担当に相談、見積を取らせると福沢諭吉が六・五人必要となった。五、六年経っているならまだしもまだ一年半。しかもローンが半年残るほどの新しさ。妻に相談し、修理へ出す事にした。あえて代車は要請せず、修理が終わるまで電車通勤だった。メタボ対策のために電車通勤もたまにはいいが、理由が理由だけに楽しさは半分である。

 かたちあるもの、それゆえ愛車が傷ついた事への諦めはつくが、『やられていた』事に対する怒りの落としどころが見つからない。世に理不尽、不条理な出来事は少なくないが、いざ自分に突きつけられると、怒りは上昇カーブを描いていく。こんな時、冷静にしてくれるのは家族からのひと言、本当にありがたい。そしてピカピカになって帰ってきた愛車を見て、やっぱりオペが好きなんだなぁ。今日からそんなオペと北海道へ出掛けまする。

070602

|

« 古馬任三郎、女傑誕生の2007ダービーを振り返る | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観る »

コメント

こんばんは。愛車に傷が付くのは嫌ですね。私も最初は同乗者に付けられたのでやるせない気持ちになりました。

綺麗に直って戻ってきたようですから、気を取り直して北海道を楽しんで来て下さい。

投稿: ASSP | 2007/06/03 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/15285300

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりオペが好き:

« 古馬任三郎、女傑誕生の2007ダービーを振り返る | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観る »