« 「ディパーテッド」を観る(ネタバレあり) | トップページ | 古馬任三郎 Season9「第24回フェブラリーS」 »

2007/02/14

バレンタインのチョコをもらう

 カミさんにバレンタインのチョコをもらった。正確にいうと、都合で前日の夜、手渡ししてもらったのだった。赤い包装、中身を開けるとビックリ。中にはスパナが入っていた。正確にいうと、スパナの形をしたチョコだったのだ。以前、何気なく「こんなチョコがあるよ」とネタを振られてはいたのだが、まさか自分の手元にやってくるとは思いもしなかった。

 開けた中身は本当に"スパナ"そのものである。大きさはそのまま、インチ数まで刻印され、当該のボルトなら締める事ができそう。いや、ポキッとスパナのほうが折れてしまうかもしれない。そんな事をつい想像したくなるほど、このスパナは良く出来ている。しかも味はメチャ甘くもなく、やや苦味を伴い、大人向けの味付けとなっていた。そりゃ大人の道具が子供向けの味付けでは、ちょっと不似合いだろう。

 バレンタインデーというと義理チョコが恒例だったが、昨年途中、事務の女の子が代わった事もあって、それも今年は無かった。「(義理チョコもらえたら)ちょっと分けてくれるかな。わくわく」とカミさんは思っていたようだが、今の子は人様の奥様ですからね。もちろんカミさんからもらうチョコが一番嬉しいのは確か。そしてこれからはずっと、義理チョコでなく本命チョコがもらえる喜び、そして安心。ネクタイまでプレゼントしてくれた事を付け加えておく。

 実はカミさんはボクだけでなく、実家の父にもチョコを用意してくれていた。中身は"モンキーレンチ"。そしてチョコをもらった父は喜びのあまり、頭がおかしくなった様に突然、「ギブ・ミー・チョコレート」と口にし始めた。戦前生まれだから?何でチョコもらったじゃん。とうとう頭のネジが緩んだ父。そうか、きっとカミさんはそれを察して、チョコのモンキーレンチを用意した...のかもしれない。

070214

|

« 「ディパーテッド」を観る(ネタバレあり) | トップページ | 古馬任三郎 Season9「第24回フェブラリーS」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/13912232

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインのチョコをもらう:

« 「ディパーテッド」を観る(ネタバレあり) | トップページ | 古馬任三郎 Season9「第24回フェブラリーS」 »