« 凱旋門賞回顧:ディープインパクトが飛ばなかった日 | トップページ | ディープインパクト引退とガイアの夜明け「知られざる競走馬ビジネス」を観る »

2006/10/07

「フラガール」を観る(ネタバレあり)

 今日は盟友N氏とシネマサンシャイン沼津で「フラガール」を観てきた。N氏が注目していたのは、早くも米アカデミー賞の外国語部門の日本代表に決まった事(まだノミネートされたわけではない)だが、そればかりでなく常磐ハワイアンセンターにまつわる実話に惹かれていた。ただ常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)は行った事が無い。また特別思い入れがある訳ではないが、幼少期から名前を刷り込まれてきた場所であった。

 昭和40年という冒頭のテロップ、そしてややあせた色作りの画面でタイムスリップ。福島弁まる出しの蒼井優が何とも可愛い。彼女が演じる紀美子が炭鉱の時代に自らの夢を語り、偶然に出会ったフラと共に成長していく。そしてそのフラを教えるのが、松雪泰子演じる平山まどか。モガとでも言えばよいか、炭鉱の町に来た彼女はまるで異星人のように映るが、ひとたび踊り出せば紀美子たちを魅了する力を持っている。ここでの踊りが町を一つにする大きな伏線となり、同じ踊りを踊る紀美子に反対していた母の心を動かした。演技だけでなく、そんな蒼井優の踊りの変化も大きな見どころである。

 この作品に惹かれる点は、まず人間ドラマである事だろう。ちょっと気になったが、ダンサーの一人であるしずちゃんもけっしてキワもの扱いされていないし、むしろ素朴さが炭鉱の町に似合う。またそれだけでなく、ダンサーたちのドラマが見えてくるようだ。時代に翻弄され、それぞれに様々な事情(子持ちの女性まで)を持ち、フラで一つになる。時代が違うが、個人的には「プリティ・リーグ」と似た雰囲気を感じた。松雪とトム・ハンクスの演じた監督って何処か似ている。松雪は自らの役に平山まどかを引き込み、踊りだけでなくダンサーたちと村の人々、そして作品を引っ張っていく。

 そしてこの作品のもう一つの魅力、それは若手からベテランまで、一つの物語を紡いでいる事。もう一人の牽引者である岸部一徳、ビシッと画面が締まる富司純子、そしてあのトヨエツがモモヒキ姿まで見せ、炭鉱夫を演じている。一見ミスキャストに思えるが、蒼井優の兄役となるとしっくりくる。松雪を守る、ツルハシを抱えた姿も凛々しい。それぞれに適材適所、ただトリビアの高橋克実が、笑いでなくシリアスなのは意外だった。いや、この作品自体、本当はシリアスなサクセスストーリーなのである。李相日監督の作品は初めて観たが、役者を生かした巧い演出に感じた。

 この作品の描く時代も興味深かった。いつの時代もファイトの素は「リポビタンD」だし、田んぼの中を走る車、スカイラインも懐かしい。キャスト、エキストラのファッション、建物の雰囲気、一つ残らずタイムスリップ。さりげなく使われているVFXも効果的だった。しかし皆で集めたストーブの数に、果たして一酸化炭素中毒にならないのだろうかと野暮な心配をしてしまった。

 とにかくクライマックスでのフラダンスは圧巻だ。蒼井優のソロ、皆で踊るパートに刻まれるビートが心地いい。音楽映画の側面(ジェイク・シマブクロの音楽もいい)、ここでの達成感は「ウォーターボーイズ」に相通じるものがあるが、ここにある感動は勝るともけっして劣らない。それはフラダンスを終えたダンサー一人一人の表情が物語っている。またこの作品に込められたフラの意味が随所に効いていた。特にホームでのやり取りは、思わず涙がこみ上げてきた名シーン。今年の邦画でも出色の作品だろう。

Fulagirl

|

« 凱旋門賞回顧:ディープインパクトが飛ばなかった日 | トップページ | ディープインパクト引退とガイアの夜明け「知られざる競走馬ビジネス」を観る »

コメント

こんにちは。
プラットホームでのフラ(手話)のメッセージは良いシーンでしたよね!動き出した汽車を止めてしまうとは思いませんでしたけどね(^^;
ラストの充実感ある笑顔は、こちらまで幸せにしてくれるようでした。

投稿: カヌ | 2006/10/08 17:44

カヌさんこんにちは。
コメントありがとうございました。

>ラストの充実感ある笑顔は、こちらまで幸せにしてくれるようでした。

やっぱ本作の良いところは「泣き」でなく、「笑顔」なんですよね。終始、彼女たちの気持が伝わってきました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/10/23 19:23

でんでんさん、コメント&TBありがとうございました。
邦画で今はやりの昭和30・40年代の設定、中高年の私には、それだけで心惹かれてしまいますが、この「フラガール」は、それ以上に、しっかりした物語でしたね。
笑わせて、泣かせて、そして、最後に、幸せにさせてくれました。

投稿: skywave | 2006/10/24 06:10

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!

この作品は女優さんたちの努力のたまものという気がしました。
松雪さんの存在感はもちろんのこと、とにかくダンスが素晴らしかったなあ・・・。

ホントに、あのラストのダンスシーンは鳥肌が出るほどに圧巻でしたよね!

投稿: 睦月 | 2006/10/24 22:11

skywaveさん、睦月さんこんにちは。
コメントありがとうございました。

skywaveさんへ
>この「フラガール」は、それ以上に、しっかりした物語でしたね。

奇をてらった設定より、物語が大事。加えて演技が素晴らしく、言う事の無い出来でしたね(^^ゞ

睦月さんへ
>ホントに、あのラストのダンスシーンは鳥肌が出るほどに圧巻でしたよね!

このようなサクセス系の作品ではお約束ですが、それを判っていても凄かった。ビートと踊りに圧倒されました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/11/18 11:25

でんでんさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

この作品、登場人物とキャスティングが絶妙でしたね。
みなさん、いい味を出していました。
いろんな場面で涙してしまいましたが、僕もホームのシーンが忘れられません。
まどか先生と生徒たち、言葉を越えた想いが通じ合ったシーンでありました。

投稿: はらやん | 2006/11/18 19:02

こんばんは!いつもありがとうございます!
あたしもすごく良い映画だと思います。でも、、、
皆さん絶賛のフラのソロ、すごくがんばっていてよかったのですが、、、
松雪も蒼井も、いかんせんスタイル良すぎ、でした。
もっと腰とかおしりにお肉がついていると、
迫力あったのですが、、、あはは、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/11/20 00:39

こんにちは(^_^)
フラガール面白かったですね!
うちの近所の映画館は少し遅い公開で、昨日見てきました☆

蒼井優の福島弁もうまかったし、しずちゃんのキャラもうまく生かされていた感じかありました。
これって実話をもとにした映画なんですよね。
平山まどかという人の努力にも、感心させられました。

投稿: 晃弘 | 2006/11/25 11:03

猫姫さん、昇弘さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

猫姫さんへ
>松雪も蒼井も、いかんせんスタイル良すぎ、でした。

女優さんですからねぇ~(苦笑)。
でも努力の実ったダンスと感じましたよ(^^ゞ

昇弘さんへ
>平山まどかという人の努力にも、感心させられました。

この人の努力が今も息づいている。実話ベースの力強さを感じますね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/12/03 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/12194697

この記事へのトラックバック一覧です: 「フラガール」を観る(ネタバレあり):

» 『フラガール』 [京の昼寝〜♪]
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。 ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高橋克美□オフィシャルサイト  『フラガール』 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せなが... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 09:24

» フラガール [ネタバレ映画館]
でかい・・・しずちゃん。 [続きを読む]

受信: 2006/10/08 09:52

» 『フラガール』 [ラムの大通り]
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあの映画と同じ60年代の映画じゃない? 「うん。日本の基幹産業が石炭から石油に移行し、 大幅な人員削減を余儀なくされた常磐炭鉱がその舞台。 町を救うため、会社側... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 11:03

» フラガール [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司) 2006年9月23日 劇場初公開 公式サイト: http://www.hula-girl.jp/index2.html シネ・リーブル池袋1 2006年9月26日(火)20時25分の回 ゴウ先生総合ランキング: A-   画質(ビスタ): A-   音質(SRD?): A-... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 11:03

» きっちり作った再生物語 「フラガール」 [平気の平左]
評価:85点{/fuki_osusume/} フラガール 言いたいこともあるにはあるけど、これだけ泣かせてもらえれば十分でしょう。 いや、泣けた泣けた。 涙そうそう、ですよ。 見終わった後鏡を見たら、ウサギか私か、というくらいに目が赤かったです。 田舎娘もいい味を出してましたし、ダンスもきっちりしているし、ダンスを使った伏線などもあって物語の展開も上手い。 そして何よりも泣け�... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 11:20

» 映画「フラガール」 [いもロックフェスティバル]
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映 [続きを読む]

受信: 2006/10/08 11:57

» フラガール [Akira's VOICE]
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い! [続きを読む]

受信: 2006/10/08 12:17

» 映画「フラガール」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭鉱の町。元SKDダンサーのフラの先生がこの町に降り立った時から、閉鎖的で未来の見えない町に風が吹き込んだ。 新しいものを受け入れるのは難しい。特に解雇通告を待つ身にとってはハワイアンセンターに関わる者はすべて敵視し... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 15:42

» フラガール [skywave blog]
人の本音の部分は、生まれ育った地域の言葉で思考する。お国言葉・方言の’チカラ’を、感じました。 昭和40年、炭鉱の町いわき。石炭から石油の時代の波に飲み込まれようとし [続きを読む]

受信: 2006/10/08 16:21

» 「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス [オールマイティにコメンテート]
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想に色々な不...... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 17:36

» 「フラガール」 [the borderland ]
あなたは、しずちゃん(南海キャンディーズ)で泣けますか? 最初はお笑い担当だと。いかにもな設定やなぁと思ってましたが、思わずホロリとなってしまいましたよ。 福島県いわき市で脱炭鉱のために作られることになった常磐ハワイアンセンターの誕生をめぐる物語。シンプルなストーリーだけども、葛藤しながら、自分の可能性を信じて成長していく人たちの想いが伝わってきます。 【ネタバレです】 こういうタイプの作品には必ずといっていい程、出演してる竹中直人はいませんが、インパクトでは、ダンスの先生まどか... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 17:44

» 「フラガール」の泣き笑いは見事。 [don't worry!な毎日]
 「フラガール」を見た。  昭和40年。福島県のいわき市の炭鉱は、時代の転換期を迎えていた。 エネルギーが石炭から石油に代わりつつあり、 明るい未来など考えられない状況。 ここの石炭は掘る時に温泉が出ていたが、 それはどうやら、ほとんどを川に流していたらしい。 この町の未来を考えた人たちは、 この温泉を使った施設「ハワイアンセンター」を作ろうと奮闘する。  フラを踊るダンサーたちに応募してきたのは 盆踊りしか踊ったことのないたん炭鉱夫の妻や娘たち。 彼女たちに東京からきたフラ... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 19:52

» フラガール  [シュフのきまぐれシネマ]
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が誕生するま... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 22:38

» 【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、少女....... [続きを読む]

受信: 2006/10/09 00:20

» フラガール [BLACK&WHITE]
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを... [続きを読む]

受信: 2006/10/09 12:01

» 『フラガール』 [mimiaエーガ日記]
★★★★☆観るつもりはなかったのだけれど「アカデミー外国映画賞日本代表」という [続きを読む]

受信: 2006/10/09 19:46

» シネカノンの挑戦!『フラガール』 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
後半1/3は泣きっぱだった。 (/_<。)ビェェンどーしょーもない『涙そうそう』(レビュー)の翌日に観たから、その分泣けたのかも(爆)『涙そうそう』の舞台挨拶チケ取りの為に、この舞台挨拶を回避したのが悔やまれる。キャストと一緒に泣きたかったわぁ。・°°・(>...... [続きを読む]

受信: 2006/10/09 19:59

» ★「フラガール」 [ひらりん的映画ブログ]
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。 [続きを読む]

受信: 2006/10/10 03:52

» フラガール・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った... [続きを読む]

受信: 2006/10/10 18:22

» 『 フラガール 』 [やっぱり邦画好き…]
 公式サイト 映画 『 フラガール 』 [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年9月23日公開】[上映劇場 ] 監 督:李相日 脚 本:李相日 羽原大介 [ キャスト ]  松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳 富司純子 炭鉱の危機に立ち上がれ! 愛と勇気のエンターテインメントショー 人生には降りられない舞台がある・・・ 彼女たちは、まちのため、家族のため、そして自... [続きを読む]

受信: 2006/10/11 10:35

» フラガール [いろいろと]
全国一斉ロードショーより2週間送れて 先週の土曜より公開されているフラガール を [続きを読む]

受信: 2006/10/11 22:40

» 『フラガール』 [ **Sweet Days** ]
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持ち上がり、東京からフラダンスの講師としてダンサーの平山まどか(松雪泰子)が招かれる・・・・ この作品、見に行くつもりはなかったのですが、またおすぎに釣られてしまいました・・・ 「今年最高よ!」と叫んでたので、つい。特におすぎの評価に頼っ... [続きを読む]

受信: 2006/10/12 17:15

» フラガール [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・   [続きを読む]

受信: 2006/10/12 23:22

» フラガール 06年205本目 [猫姫じゃ]
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年見た中...... [続きを読む]

受信: 2006/10/24 01:47

» 「フラガール」 人を育てるということ [はらやんの映画徒然草]
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一 [続きを読む]

受信: 2006/10/29 06:51

» 映画「フラガール」を観てきた [何でも見てやろう]
昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り切るために,炭鉱会社は坑道から湧出する温泉を利用したレジャー..... [続きを読む]

受信: 2006/11/04 13:16

» 「フラガール」 人を育てるということ [はらやんの映画徒然草]
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一 [続きを読む]

受信: 2006/11/18 17:02

« 凱旋門賞回顧:ディープインパクトが飛ばなかった日 | トップページ | ディープインパクト引退とガイアの夜明け「知られざる競走馬ビジネス」を観る »