« ディープインパクトと武豊、世界最高峰の凱旋門賞へ | トップページ | 凱旋門賞回顧:ディープインパクトが飛ばなかった日 »

2006/10/01

「グエムル -漢江の怪物-」を観る(ネタバレあり)

 水曜の夜、巷で評判の韓国映画「グエムル -漢江の怪物-」を観てきた。CM、予告編等でチラリとクリーチャーを登場させ、好奇心を煽っている反面、一見怪獣映画と関連のない、ポン・ジュノ監督とソン・ガンホ主演による作品という事も興味深い。それだけに期待を込めてこの作品に臨んだのだが、かなりの肩透かしを喰らった気がする。この作品は果たして、怪獣映画なのだろうか?映画が始まって二時間、その疑問はエンドロールで氷解した。

 実はこの作品はパニック映画だったのだ。ボクはハングルが判らないので原題は知らない。しかし英題には「THE HOST」とあり、それを見た瞬間に「あぁー」とため息が漏れた。意味は『ウイルスの宿主』、あくまで主役はソン・ガンホなのだ。『グエムル』=怪物は物語のきっかけであり、ソン・ガンホ演じるカンドゥの扱いこそが、監督がこの作品で描きたかった事なのだと感じた。もちろんキャスティング的に至極当然ではある。ただ細菌という見えない敵との戦いという作品のキモ(結果はデマな上、無害。いや人の作る噂、情報こそが敵という例えもあるかも)ではあったのだが、その怖さがあまり伝わってこなかった。

 その理由として、可視化された怪物に目がいく事が、逆効果だったように思う。怪物に娘が奪われるというプロット、派手に人を襲うビジュアルを狙ったのだろうが、むしろこの映画に怪物は必要なかった。またこの監督ならば、怪物無くとも別の形で、親娘愛を成立させる物語は作れたように思う。ならば登場させるクリーチャーが大事だったのだが、これも物足らない。またこの怪物に対しても、全く悲哀を感じないのもマイナス。ただ本能の下、人を襲い、やがてその肉を喰らう事を覚えていく描写は興味深かった。でも高度になったCGとはいえ、その使いこなしは難しいと思う。シーンによっては違和感が残った。

 興味深かったのは監督の視点。国や世界を巻き込んで、人々が群がる姿は滑稽。僅かな情報で膨れていくパニックを皮肉っている。意味ありげに検査される主人公、ただ頭にドリルを入れられるところは、ちょっとやり過ぎかもしれない。ましてあれだけ振り回されたカンドゥに残されたものを思うと、その末路は悲しい。日常で始まって、日常で終わる中、主人公の変化は髪の毛の色に留まらない。ただこの手のパニック映画は『自分にはハマらないなぁ』が鑑賞後の印象だった。

Thehost

|

« ディープインパクトと武豊、世界最高峰の凱旋門賞へ | トップページ | 凱旋門賞回顧:ディープインパクトが飛ばなかった日 »

コメント

こんばんは!
残念でしたね。あたしは反対。
単なるモンスターパニックとして見ました。
おもしろかったです。
またよろしくお願いしますね。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006/10/04 00:31

猫姫さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>単なるモンスターパニックとして見ました。

日本でモンスター映画を作ると、怪獣だけを話の中心に置いてしまいがちです。邦題のせいもあって最後まで怪獣映画として観てしまいました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/10/04 05:40

でんでんさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

ゴジラに始まり怪獣映画の怪獣は社会に対する災いの象徴しているもので、結果的に公的なもの(公的組織であったり、公的に委託された個人であったり)に取り除かれることが多いのですが、「グエムル」ではほぼ公的な組織が機能していません。
そのかわり終止カンドゥ一家によるプライベートな戦いが展開されているのが、怪獣映画としては新しいなあと思いました。

投稿: はらやん | 2006/12/07 22:57

はらやんさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>終止カンドゥ一家によるプライベートな戦いが展開されているのが、怪獣映画としては新しいなあと思いました。

政府、軍隊と対照的。ただ本当の怪物は「カンドゥ」自身なんでしょうね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/12/16 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/12107025

この記事へのトラックバック一覧です: 「グエムル -漢江の怪物-」を観る(ネタバレあり):

» 「グエムル -漢江の怪物-」 [the borderland ]
「ほえる犬は噛まない」、「殺人の追憶」のポン・ジュノ監督の最新作。監督だけでなく、ソン・ガンホ、ペ・デゥナと大好きな俳優が出てるので、大注目でした。 劇場もなんと一番大きい388名入るシアター1、でも初日なのに、100名も入ってない・・・ 大丈夫か。韓流好き奥さん向きじゃないのは分かるが、これはちょっと出足悪いなぁ。 緊張するシーンに敢えて笑いを入れている、ポン・ジュノ監督らしさ満載です。贔屓目もあるけど個人的には大満足ですね。ただ、この辺りを受け入れられるかどうかで好き嫌いがはっきり別... [続きを読む]

受信: 2006/10/01 22:27

» グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 06年176本目 [猫姫じゃ]
グエムル -漢江(ハンガン)の怪物- 2006年    ポン・ ジュノ 監督ソン・ガンホ 、ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 、コ・アソン(一番下) 恐れ入りました、、、 お見それしました、、、 そうですよね、怪獣映画じゃないんですよね。 怪物映画...... [続きを読む]

受信: 2006/10/03 23:38

» グエムル・漢江の怪物 [skywave blog]
モンスター&コメディ&ヒューマン??映画です。 主人公ソン・ガンホのコメディタッチの雰囲気と、怪物の不気味さ、怪物にさらわれた娘を救出に向かう家族愛が、このパニック映 [続きを読む]

受信: 2006/10/03 23:51

» ★「グエムル -漢江の怪物-」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりの韓国映画。 ・・・といっても異色の怪物モノ。 韓国では大ヒットしたらしいけど、怪獣王国ニッポンではどうかなっ? [続きを読む]

受信: 2006/10/04 01:22

» グエムル 漢江の怪物・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
すばらしい。 監督第二作にして、「殺人の追憶」という殿堂級の傑作を物にしたポン・ジュノが、何と「怪獣映画」をやると聞いて以来、観たくてたまらなかった作品だが、今日観て確信した。 ポン・ジュノは、韓国は勿論、現在... [続きを読む]

受信: 2006/10/04 01:44

» グエムル-漢江の怪物/THE HOST [我想一個人映画美的女人blog]
ヨン様出演モノや"韓流"にはついていってないけど、 韓国映画は意外とけっこう観てるのです♪♪ この作品、カンヌ映画祭では熱狂、韓国で大ヒットを記録したという。その前評判と、 世間での高評価ほどではないけどなかなか面白かった、 『殺人の追憶』      の36歳の若手監督、ポン・ジュノの最新作ということ、 そして『JSA』『シュリ』のソン・ガンホ主演という3点に惹かれて観てきた{/shootingstar... [続きを読む]

受信: 2006/10/04 08:09

» グエムル -漢江の怪物- [Akira's VOICE]
社会派の怪獣映画。 [続きを読む]

受信: 2006/10/04 12:31

» 映画「グエムル-漢江の怪物-」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「グエムル-漢江の怪物-」 ソウルを流れる漢江(ハンガン)に突如出現した怪物(グエムル)を巡るパニック映画。 この映画のジャンルはなんだろう? SFでもありホラーでもありコメディの味付けもあり家族の愛情物語でもある。 そして強い社会風刺と体制批判の匂いを感じる。 毒物を河に垂れ流しにした事で突然変異を起こし怪物が誕生する。これは在韓米軍がホルムアルデヒドを垂れ流した事件が実際にあったらしい。そして、娘をさらわれた家族を意識的... [続きを読む]

受信: 2006/10/04 18:37

» グエムル −漢江の怪物− [ネタバレ映画館]
怪獣映画の皮をかぶった社会派映画?ホラー映画の皮をかぶったコメディ映画?それともオタマジャクシの皮をかぶった在韓米軍映画? [続きを読む]

受信: 2006/10/07 23:41

» 「グエムル 漢江の怪物」 小市民VS怪獣! [はらやんの映画徒然草]
公開前から話題になっていた「グエムル 漢江の怪物」を観てきました。 初日初回の有 [続きを読む]

受信: 2006/11/18 20:37

« ディープインパクトと武豊、世界最高峰の凱旋門賞へ | トップページ | 凱旋門賞回顧:ディープインパクトが飛ばなかった日 »