« 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり) | トップページ | 「日本沈没」2006年版を観る(ネタバレあり) »

2006/07/22

「M:i:III」を観る(ちょっとネタバレあり)

 今日は7月22日だけど、10日は盟友N氏と共に暑気払い、映画「M:i:III」を観てきた。かろうじて再放送ながら、ピーター・グレイヴスのテレビシリーズ「スパイ大作戦」(ただし再々??放送)を観ていたボクにとって、このトム・クルーズのシリーズはあくまで「ミッション・インポッシブル」であり、第一作から似て非なるものと理解している。特にジョン・ウーの撮った第二作は、単なるアクション作にしかなっていなかった。そしてシリーズ通して一貫しているのは、スーパー・トム君の大活躍である。

 正直言うとこの第三作もその傾向は強い。ただ第一作並みのチーム戦は確保されており、物語前半から中盤にかけ、「スパイ大作戦」らしいチームワークが展開されていく。しかし公戦から、愛する女性を救う私戦に移った瞬間、トム・クルーズ一人の「ミッション・インポッシブル」に変わる。みなその瞬間に思うのだ。やっぱりこれはあくまで「スパイ大作戦」のリメイクではないという事を。

 その存在感に他のキャストも霞んでしまう。他のキャラが立たないんです。ただ一番の問題は、相手として光るべき悪役が物足らない事だろう。今年オスカーを獲ったフィリップ・シーモア・ホフマンを配しながら、冒頭で思わせぶりでその存在感はアピールしても、もっと悪に徹して欲しかった。彼らしいサイコで最狂な死の商人なら良かったのに物足らない。脚本、演出からの造形も足らなかったかもしれない。ただ終わってみると結局は誰でも良かったのでは、と思ってしまう。それはこのシリーズに共通した欠点でもあります。

 監督にJ.J.エイブラムズを起用したためか、迫力は映画風ながらもかなりテレビっぽい作り。音楽の使い方もテレビシリーズを意識していて良かった。ただ一番危惧していた彼の手掛けたテレビシリーズ「エイリアス」のような、インチキアジアみたいな描写が無かった点は安心...「エイリアス」でジェニファー・ガーナーが日本人、しかも芸者になりすました一編は、「007は二度死ぬ」で日本人に変装したショーン・コネリー並みに奇妙だったのを思い出す。まぁしっかりコストを掛ければねぇ。

 盟友N氏が最も怒っていたのは、『なんでやねん』と思わせるクライマックス、そしてイーサンの婚約者の扱い。ただ途中で睡魔が襲ってきたというから、本作があまり興味の的では無かったのかも。イーサンの恋愛モード溢れるシーンに興ざめしていたようだ。まぁ観る人の心理的なシチュエーションによる部分はあるのだけれど。それと気になったのは、三作目も仲間の裏切りがあったという事。このシリーズ、仲間が裏切らなければ成り立たないのだろうか。アメリカはIMF[インポッシブル・ミッション・フォース]に国を任せていいのですか。

 トム・クルーズは「スパイ大作戦」のファンというが、結局はオレ流007をやりたいのかなぁと思う。アメリカ人である事、年齢的にも、いやそもそもボンド役に声が掛かりそうにも無いけどね。ただそんな彼の夢が「ミッション・インポッシブル」なんだろう。トムスマイルには飽きてきたけど、彼の観客を呼び込む力はいまだに凄いもの。『4作目で日本ロケ』も単なるリップサービスではあるまい。傑作ではないけれど、暑気払いとしては楽しめる作品に仕上がってます。

追伸.
 劇中登場するマスクメーカーはなんとデザイン界の御大、シド・ミード氏の手によるもの。かつては「ブレードランナー」のコンセプト、日本では「ターンエー・ガンダム」をデザインしている。どうもマスクの作り方が大袈裟と思えば...と観たエンドロールで納得したのだった。

Mi3

|

« 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり) | トップページ | 「日本沈没」2006年版を観る(ネタバレあり) »

コメント

こんにちは♪
私もテレビで「スパイ大作戦」を見ていて、その面白さにハマっていたクチです。
トム君のはもはや私が愛したテレビドラマの片鱗もなく、むしろ007に近いなと思っていました。
スパイする「敵」がないためにこのような感じになっていったのでしょうか。
自分の愛する人を救出するため・・・っていうのばかりじゃ、いまひとつだな~なんて辛口、すみません。

投稿: ミチ | 2006/07/25 23:33

ミチさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>自分の愛する人を救出するため・・・っていうのばかりじゃ

これは多分製作者としてのトムの意向が反映されたものなのでしょう。でもボクはトリッキーなスパイらしい作品が観たいー。それが「スパイ大作戦」の醍醐味と思います(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/07/26 06:20

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
でんでんさんコメント&TB有難うございます
hideはニーコール・キッドマン派ですので(笑)
基本的に人間トム・クルーズの実態は苦手なのですが。
不思議な魅力の有る俳優さんですね。最近は彼の話題作は映画館では欠かさず見てはいますし・・(笑い)
しかし若干今回は『トゥルー・ライズ』とダブってしまいました。
トムはこんな演技を何歳まで続けられるのでしょうね。

投稿: hide | 2006/07/27 23:59

でんでんさ~ん
お元気でしたか~?心配してました。

そうそう『M:i:Ⅲ』でした。
「俺様映画」って言うんですって、最近知りました。(遅いって・・・笑)そんなネーミングがぴったりなような…。でもその手の映画ばっかりだもん、せめてこのシリーズはチームプレイの原点に戻ってほしい気もします。

投稿: mimia | 2006/07/28 16:48

hideさん、mimiaさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

hideさんへ
トムはこんな演技を何歳まで続けられるのでしょうね。

まだまだ行きますよ、たぶん(苦笑)。困った時は若い頃のマスクを被ってでも(^^ゞ

mimiaさんへ
>せめてこのシリーズはチームプレイの原点に戻ってほしい気もします。

チームプレイの味付けをせめて5割程度に上げて欲しいです。だってそれが「スパイ大作戦」の醍醐味ですからね。

また復活したんでよろしくです。一ヶ月間の沈黙の理由はいずれ書きます(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/07/28 20:51

なさけないMIだなあ。1も2も、そして3までも。

たしかに007を作りたいのでしょうね。

でも僕がみたいのは、チームが勝利するMIなのだ!

もうあきらめておいたほうがいいのでしょうが、可能性をもとめて、4が出来たらまた眺めにいくでしょう。

投稿: コウスケ | 2006/08/07 11:52

コウスケさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>でも僕がみたいのは、チームが勝利するMIなのだ!

突然チームを組される映画版の弱点はあっても、せめてチームによる達成感は伝えて欲しいです。クライマックスは完全『俺様映画』でしたからね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/08/13 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/11052945

この記事へのトラックバック一覧です: 「M:i:III」を観る(ちょっとネタバレあり):

» 「M:i:III」 [the borderland ]
息つく暇もないとは、この作品のことを言うんでしょう。 アクションシーンの連続に観終わって、思わず息を長く吐き出し、肩に力が入っていたことに気づきました。こんなに力が入ったアクション作品は、「マトリックス・リローデット」以来でしょうか。エンターテイメント大作としては文句なしに楽しめると思います。 薄々感じていましたが、これで間違いなくイーサン・ハントもランボー、インディ・ジョーンズ、リチャード・キンブル(逃亡者)らと並んで不死身人間の仲間入りですね(^^) 【しっかり、きちんとネタバレで... [続きを読む]

受信: 2006/07/23 00:55

» 「M:i:Ⅲ」今度のミッションはトム・クルーズを楽しむこと。 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
主演のトム・クルーズが 来日、来阪して話題の「M:I:Ⅲ」を 先行上映で鑑賞しました。 今度の「ミッション」も 派手に、豪快に、楽しませてくれます。 先週はテレビにトム・クルーズが よく取り上げられていたので 出ずっぱりの彼に飽きて?しまうかもしれませんが・・・ オープニング後から オーバーヒート気味な スピード感あふれる展開です。 予告編にもなっている あのシーンがクライマックスかと 思�... [続きを読む]

受信: 2006/07/23 02:05

» M:i:III [ネタバレ映画館]
 「“ラビット・フット”っていったい何なんだ?」「それは、妻に自分が特殊エージェントであることを秘密にしていた役を演じた俳優のこと。しかも子供の写真が3億円もする」「そ、それって、またアナグラムですか・・・」 [続きを読む]

受信: 2006/07/24 20:10

» ひねくれ者、王道映画を観る 「M:i:III」 [平気の平左]
評価:60点 M:i:III 実はミッション・イン・ポッシブルシリーズは初挑戦。 しかし、王道中の王道を行く映画だけあって、何の違和感もなく入れました。 それにしてもこの映画は王道すぎますね。 この手のストーリーを何十回と観ているので、ひねくれ者の私はまともな視点でこの映画を観ることはできません。 そんな私のこの手の映画の観方は、ストーリー展開を予想しつつ、突っ込みつつ、妄想をする、という感じです�... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 20:28

» 『M:i:III』2006・7・1に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『M:i:III』 (先行公開)  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ イーサン・ハントは第一線から引退し、教官として後輩の育成を行ない。プライベートでも婚約を・・・。 しかし、教え子の危機に急遽復帰することになった。だが、それは最大級の陰謀・危機が... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 20:49

» M:I:3 [シャーロットの涙]
スパイにもプライベートがあり、普通の人間としての生活がある。 久々に見た、ミッション・インポッシブル・・・人間臭い面を前面に出しながらも非日常を十分に堪能させてくれた。 こういう仕事に就く限り、プライベートな部分、自分を捨て去らなければならないだろうに。今回のイーサンは自分で自分の首をしめるような事をしてしまう。 仕事と家庭の両立。女じゃないから無理よね。笑 以前の2作の内容を例によってすっかり忘れて�... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 21:12

» M:i:3 [Akira's VOICE]
これといった見所が無くて薄味のスパイ映画。 [続きを読む]

受信: 2006/07/25 11:21

» M:I:III/Mission:Impossible III/M:I:3 [我想一個人映画美的女人blog]
トムクルーズが新たな不可能ミッションに挑むシリーズ最新作★ トムがどんなハリキリを見せてくれるのか、楽しみだった{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} ミッションインポッシブル3 次の土・日で先、先行もやるみたい。試写で観てきました{/heratss_blue/}{/heratss_blue/} 監督は 1作目 ブライアン・デ・パルマ、2作目 ジョン・ウー、 今回は「アルマゲドン」の脚本家で、 「L... [続きを読む]

受信: 2006/07/25 19:04

» ミッション・インポッシブル3【M:i:Ⅲ】 [そこで馬が走るかぎり]
IMF=インポッシブル・ミッション・フォースなんだって! IMF=国際通貨基金とは チラッとしか思わなかったけど マジでシランカッタ・・・(゚Д゚)イマサラダケド       ストーリーは結構バレてますね 残念ながら(;´Д`A 例によって裏切り者とかいるけど バレ... [続きを読む]

受信: 2006/07/25 23:16

» 映画「M:i:Ⅲ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「M:i:Ⅲ」 トム・クルーズ主演の人気シリーズ第三弾。 婚約披露パーティで幸せそうなイーサン・ハントのもとに指令がくる。いつどのような形で指令が来るかが観客にとっては最初のお楽しみ。そして導火線に火がつき、いつものテーマ曲が流れると、それだけでワクワクしてしまう。 イーサンが死ぬんだとか、涙を流すんだとかそういう前宣伝が流れていたし、ハリウッドでは興行成績がいまひとつという話も聞... [続きを読む]

受信: 2006/07/25 23:29

» シネマ日記 M:i:III [skywave blog]
現役スパイを引退し教官となったハント。穏やかな生活を選らぼうとしたが、教え子の危機を救うためのミッションが待っていた。敵のデイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン [続きを読む]

受信: 2006/07/28 08:01

» 『M:i:Ⅲ』 [mimiaエーガ日記]
★★☆原題:『 Mission: Impossible Ⅲ 』トム・クルーズが [続きを読む]

受信: 2006/07/28 16:38

» ★「M:i:III」 [ひらりん的映画ブログ]
06年6/24の先々行上映のナイトショウで観てきました。 0:20開始なのにほぼ満員。さすが、ひらりんと好みが一緒なトム。 それにしてもタイトル表記はもっと簡単にして欲しいね。 入力・検索が面倒だよーー。 [続きを読む]

受信: 2006/07/30 00:30

» M:i:III [映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]
原題: Mission Impossible III (2006) 2006年7月8日 日本初公開 公式サイト: http://www.mi-3.jp/top.html 新宿プラザ 2006年7月20日(木)6時40分の回 ゴウ先生総合ランキング: B-   画質(スコープ): A-   音質(ドルビーデジタル?): A-/B+   英語学習用教材度: B-/C+... [続きを読む]

受信: 2006/07/31 08:52

» 「M:i:III/ミッション・インポッシブル3」これぞハリウッド王道! [soramove]
ΓM:I Ⅲ」★★★★オススメ トム・クルーズ主演 シリーズも3作目ともなると、 一定のレベルはクリアしているだろうが、 大したことないだろうな、などと思いながら劇場へ。 冒頭から目まぐるしい展開、 派手な銃撃戦とスリリングな仕掛けの多様で、 思わず笑...... [続きを読む]

受信: 2006/07/31 19:58

» ミッション インポッシブル 3 <大ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 いや〜めっちゃ楽しみにしてましたぁ(* ̄∇ ̄*)ワタクシの中では 久々に面白い、ワクワクする映画でした誰が何と言おうと この手の話が。。。大好きだぁぁぁ さて、今回のミッションは。。。ってか いきなりイーサン捕まってるし嫁殺されてるし〜〜!!((((^∇^;) ...... [続きを読む]

受信: 2006/08/05 00:06

» M:I:Ⅲ [めざせイイ女!]
トム・クルーズ主演のミッション インポシブル 第3弾「タイムリミット48時間この夏 最も不可能なミッションが・・・」オープニング いきなりイーサン・ハントと その恋人が [続きを読む]

受信: 2006/08/07 09:52

» 映画「M:i:III」 [いもロックフェスティバル]
いきなり「クライマックスシーン?」と思うような冒頭。 意表を突かれたなぁ。そう [続きを読む]

受信: 2006/08/26 18:36

« 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり) | トップページ | 「日本沈没」2006年版を観る(ネタバレあり) »