« UMAP、今年の日本ダービー語録 | トップページ | 「M:i:III」を観る(ちょっとネタバレあり) »

2006/06/04

中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり)

 今日はマイフェイバリッド「下妻物語」の中島哲也監督最新作、「嫌われ松子の一生」を観てきた。冒頭、いきなり木村カエラちゃんのアップから始まって、ちょっとビックリ。チョイ役だったけど、やっぱり旬なんですなぁ。確かに彼女の世界観は中島ワールドに近い気もするし。また彼女ばかりでなく、キャラの強い、いやキャラを生かした配役が目立つ。簡単に挙げていくとガレッジセールのゴリ、クドカン、劇団ひとり、もちろん土屋アンナ。ただボクとして一番のハマり役は木野花であった。ただ彼女もチョイ役だったけど。

 ボクはいつもの感想で、この作品は「純愛だけでなく、殉愛こそが彼女の一生」と称した。ここではネタバレを含めて本作品に迫ってみたい。まずこの作品を観て想起させたのは「フォレスト・ガンプ」と「ガープの世界」だった。主人公松子のジェットコースターぶりはフォレストに近く、しかも時代に寄り添った展開はまさにそのものだった。古きよきデパートの屋上、オイルショック、数々の歌謡曲、そして「平成」の二文字。ただサクセスストーリーだったフォレストと異なり、本作では流転、転落の人生が描かれていく。

 そして、そこにある人生の物悲しさと面白さは「ガープの世界」に相通じると思った。こちらは大昔に深夜放送されていたのを観て以来、大好きな作品である。ガープも母親、そして家族の愛に囲まれて、摩訶不思議な人生が描かれていた物語。ラストシーン、ヘリで運ばれるガープの姿は、人生をやり直そうとする松子の姿と重なるんです。また「嫌われ松子の一生」の描く人生はけっしていいものだとは思わないけど、その根底にあるのはガープと同じ人生賛歌に違いない。ただ「下妻物語」のようにボクの心を揺らす物語では無かった。確かにベクトルの違う作品だから仕方がないのだけれど。

 映像は冒頭からとにかく凄い。作り込まれた世界観、特に目を見張るのはデパートの屋上のシーン。リアルさでなく、意図的なデジタル箱庭感。それ以外のシーンも一本通った一体感があり、「下妻物語」同様に映像だけでなく、脚本も手掛ける中島監督らしさに溢れている。公開前に漏れてきた監督と中谷美紀との衝突。ただこの作品を観れば、それは当然だろうなと強く思う。この作品で彼女はあらゆる面で、ギリギリまで追い詰められていた気がする。心理面を表す演技を必要とされ、ましてあの人生。特にあのシーンはミュージカル仕立てにされているものの、まさに体当たりで過激さはやや残っていた。

 物語的には最後まで楽しめたものの、蛇足な点もあった。後半で出てくる光GENJIのくだりは、あまり必要さを感じなかった(海外向けにはカットされるのではないか)。あそこがなければ物語にコンパクトさが出てきて、印象は変わっていたと思う。もちろん感情移入という点でも物足りなかった。他にもせっかく古いカローラを引き出したのに、すれ違った車が時代と合っていなかった点は気になった(あれ、フィットだったよなぁ?あるいは意図的か?)。しかし要は好みの問題。それにボク的には黒沢あすかがいい味出してたよ。とにかく映像に注がれた物量、中島演出、中谷美紀の熱演と観て損はない作品だと思う。

Memoriesofmatsuko

|

« UMAP、今年の日本ダービー語録 | トップページ | 「M:i:III」を観る(ちょっとネタバレあり) »

コメント

こんばんは。
光GENJIのくだりは、確かにちょっと違和感あったかもしれませんね。相手がアイドルになると、彼女の愛は届きませんもんね。それと海外で上映されるんでしょうか?個人的には、ハリウッドでも十分通用すると思うので、進出して欲しいです。

投稿: カヌ | 2006/06/06 23:31

こんにちは。
未知なるテイストの魅力ある映画でした。
グッドラックとバッドラック。おんなじ運でも、大違い。不運をつかんだ人生を、どう感じるのか。そんな問題を突きつけられた気がしました。

投稿: skywave | 2006/06/06 23:49

カヌさん、skywaveさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

カヌさんへ、
>それと海外で上映されるんでしょうか?

海外のコンペ部門に出品するって、どこかに書いてありました。派手さと和のテイストが上手く伝わるといいなぁと思います。

skywaveさんへ、
>不運をつかんだ人生を、どう感じるのか。そんな問題を突きつけられた気がしました。

不運は嫌ですね。でも不幸の中、幸を見つけていたような気がします。当人の価値観が許せればいいのかなぁと思いました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/06/16 06:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/10392156

この記事へのトラックバック一覧です: 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり):

» 「嫌われ松子の一生」 [the borderland ]
映画化が決まった頃に本を買おうか悩んだけど、長いのと暗~い話そうだったので敬遠してました。そしたら、あの予告編、「本当にあの本なの?!」という疑問が渦巻き、観たくて、うずうずしてましたよ。さらに同じく中島哲也監督の「下妻物語」は全く興味なかったけど、先日TVで鑑賞したら、めちゃくちゃ面白いじゃないですか!その年の邦画ベストにあげる人が続出してたのも納得の出来でしたね。 木村カエラのプロモかと思うようなオープニングから、息つく暇なし、画面に釘付け。ティム・バートンに喧嘩売ってるかのような、カラフ... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 23:27

» シネマ日記 嫌われ松子の一生 [skywave blog]
まさに、下り坂を転げ落ちる人生。こんなに暗い話だとは、思っていませんでした。予告編はミュージカル仕立ての下妻物語風だったので、軽めに楽しむつもりだったのですが・・・ [続きを読む]

受信: 2006/06/06 23:38

« UMAP、今年の日本ダービー語録 | トップページ | 「M:i:III」を観る(ちょっとネタバレあり) »