« 「オ・レンチ・コード」 | トップページ | 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり) »

2006/05/28

UMAP、今年の日本ダービー語録

 いつものダービーウイークと違い、所用があって前日入りが出来なかった今年のダービー。10時過ぎ、競馬場入口で待ち合わせ。ゲートを挟んで入場券を渡してもらい入場。そして前日の宴に酔ったUMAPメンバーとの再会、感慨に触れるも、当日輸送は人間にとってもつらい。片道三時間の代償は少なくなく、茫然自失、しばらくは仲間たちの会話を聞き入るくらいしかできなかった。しかし競馬場はいい。まだ前日、そして当日の雨雲が残った曇天ではあったが、生で観る緑のターフはとてもまぶしく、新鮮であった。

 そんなダービーの結果はご存知の通り。石橋守騎乗のメイショウサムソンが、一番人気に応えてくれた。だがレースが始まるまでの間、わがUMAPのメンバーのウンチクが炸裂した。たった一人だけど...

 彼、ツリキチの意見はこうだった。「今年は馬単でオレの歴史が変わる!」と息巻くツリキチ。そして三つの理由を述べていった。
1.四倍台(直前で三倍台となったが)の一番人気は来ない。
2.石橋守騎手は東京で勝った事が無い。
3....三つ目は何か言っていたけど、どうでもいい事だったので忘れてしまった(当日来ていたUMAPメンバー、情報求む!)。

 まずクラシックで三倍台の一番人気は少なくない。ましてツリキチ、彼の場合は単勝や複勝コロガシが大好きなのにも関わらず、持論を曲げてそんな理由を立てていた。今までなら「単勝で三倍ならオイシイよ」と鼻息が荒いはず。ただこうやって勝ち馬の馬券を買わないでもらったほうが、メイショウサムソンの単勝馬券を買ったこちらとしては、オイシイのはいうまでもない。

 そしてツリキチは馬券に関する嗅覚がなかった事。今年、あれだけベテランが勝ってきた春のGI。例えばオークスの勝利ジョッキー本田優だって、東京勝ちのイメージは少なかった。それにメイショウサムソンと石橋守には、サニーブライアンの大西直宏と同じ匂いがプンプンしていた。UMAPの盟友SH氏はそう漏らしていた。ただ最終的には馬が大事。それに昼から一緒に芝のレースを観ていたのに、勝ち馬の連対脚質を全く考えていなかったのは致命的。結果、ダービーでツリキチの馬券は馬単どころか、一切当たっていなかった。そしてヤツの歴史は変わる事は無かった。彼にとって良かったのか、悪かったのか...

追伸.
UMAP[UMA AMUSEMENT PEOPLE]とは学生卒業以来結成14年の競馬サークルです。

060529
競馬場、食い散らかすなよ!ツリキチ?いやSさんか(^^ゞ

|

« 「オ・レンチ・コード」 | トップページ | 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/10313658

この記事へのトラックバック一覧です: UMAP、今年の日本ダービー語録:

« 「オ・レンチ・コード」 | トップページ | 中島哲也監督最新作「嫌われ松子の一生」を観る(ネタバレあり) »