« 「NIP/TUCK -マイアミ整形外科医-」Season2-16を観る(ネタバレあり) | トップページ | 第78回アカデミー賞授賞式を観る »

2006/03/11

「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観る(少々ネタバレあり)

 今日は遅ればせながら「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観てきた。「ロード・オブ・ザ・リング」や「ハリー・ポッター」の後、老舗ディズニーが満を持して送り出してきた作品である。「ロード...」でファンタジーの世界を満喫した反面、「ハリポタ」は第二作「秘密の部屋」を最後に挫折。正直「ハリポタ」は冒険と成長の比重を考えた時、冒険に置かれている感じがしたからだ。確かに友情もいいが、第二作までそれ以上の印象を得られず。そして今に至っている。

 実は「ナルニア国物語」に同じ懸念を持っていた事は確か。だが七章に渡る長編、その第一作目だけは押さえておきたかった。まして前述の通り、ディズニーが送り出してきた作品である。また全米クリスマスシーズン、「キング・コング」と共に興行を盛り上げていた。公開まもなく「キング・コング」との逆転トップ入りもあり、評価も上々。客足は作品評価のバロメーターの一つでもある。そうなればとりあえず観に行こうと、タイミングを見計らった今日を迎えた。優等生な感想はこちら。ここではもう少し踏み込んで考えてみたい。

 この作品で最も重きが置かれているのが、ズバリ家族である。血の取り持つ絆、これは何者にも勝る。しかし疎開で仲たがい、その中で本作は若さゆえの次男エドマンドの行動を問い、彼ら兄弟姉妹に絆を深めるチャンスを与える。その結果、エドマンドは自らの精神的成長の証、女王へ刀を持って立ち向かっていく。それに呼応されリーダーシップを採るピーター、そして彼らを助ける妹たち。疎開から両親の下を離れる中、子供たちだけで生きていく力を身につける、その機会がまさにファンタジーの中で展開されていった。これはファミリー映画として非常に重要な点だと思う。

 CGは明るく大規模に展開。ただ「ロード...」に比べると物足りなさは否めない。ただスペクタクルよりも、前述の家族愛を重視しているのは間違いない。冒頭で最愛の母と、父とは戦地と引き離され、まさにナルニアでの親代わりが英雄アスランなのだろう。リーアム・ニーソンの声からそんな親心を感じる。そして成長を見届けた後、立ち去っていくアスラン。そのタテガミを見ると、CGの進化にあらためて驚かされる。着ぐるみや本物だけではここまでの作品にできなかった気がする。

 本作はファンタジーとして中庸、オーソドックスだからこそ、家族で安心して観られる作品。全七作を通してどのような物語が繰り広げられるか。ただ最も興味の的は、これだけのファンタジーを最後まで、ディズニーが映像化を続ける事ができるかということ(特に全作製作はディズニーから明言されてないようですが)。ただそうなれば二年おきのリリースで十三年、名実共に遠大なプロジェクトとなる。もし第七章があったとしたら、その頃は全てがフルCGになってるかもしれないなぁ。

060311

|

« 「NIP/TUCK -マイアミ整形外科医-」Season2-16を観る(ネタバレあり) | トップページ | 第78回アカデミー賞授賞式を観る »

コメント

こんばんわ♪TB有難うございました♪

アスランはタテガミ1つ1つに至るまで、本当に本物のライオンですね♪寸分違わぬその姿に本物のライオンも騙されるんじゃないでしょうか?(笑

7章まで作るのだとしたら、かなり年月を有するシリーズになりそうですよね。完結する頃には自分もいい年こいたおじさんになってそうです・・(汗

投稿: メビウス | 2006/03/12 00:48

今晩は☆
TB有難うございます。^^
こちらからも…と思ったのですが、反映されないようです(汗)

観ている間は引き込まれましたが、児童文学が原作ということで、やっぱり物足りなさはありましたね。
良くも悪くもディズニー映画って感じでした。^^:

投稿: ルーピーQ | 2006/03/12 01:19

メビウスさん、ルーピーQさん
コメントありがとうございます。

メビウスさんへ
>完結する頃には自分もいい年こいたおじさんになってそうです・・(汗

物語を読み終えたら、おじさんに...そこが本当のファンタジーになってしまいそうですね(苦笑)(^^ゞ

ルーピーQさんへ
>児童文学が原作ということで、やっぱり物足りなさはありましたね。

おっしゃる通り。ただボク的にはオーソドックスで「ハリポタ」より楽しめました。第2章以降に期待してます(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/12 08:13

今日は、jamsession123goです。
ブログにコメントありがとうございました。
おっしゃるように、敷居の低いファンタジー映画なので、jamsession123goにはちょっと物足りなかったです。
でも、子どもにとっては、とても面白い映画のようです。
映画好きにするには、こういう映画を見せるのがいいかも、と思いました。

投稿: jamsession123go | 2006/03/12 10:15

jamsession123goさんこんにちは。
こちらこそコメントありがとうございました。

>でも、子どもにとっては、とても面白い映画のようです。

とりあえず第1章、その世界観が楽しめればいいのでは、と思いました。子供たちにはシンプルイズベストでしょうね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/12 10:19

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
でんでんさんTB&コメント有難うございます
ファンタジーとしてワクワクしてしまいました(笑い)
(^_-)-☆追記と言う形で、載せましたが。
ナルニア国物語シリーズ自体が聖書の物語を下敷きにしてるのですネエ。チョッと深さを感じました
次回作の件は、憶測記事の域を越えていないのです。まあロードの時のように、実写部分を2作分位先に撮るのも良いかなあと夢想しましたが。
確かに無理が有りますよね

投稿: hide | 2006/03/12 12:35

hideさんこんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>ナルニア国物語シリーズ自体が聖書の物語を下敷きにしてるのですネエ。チョッと深さを感じました

クリスチャンではないので疎いのですが、何処かしら宗教色は感じました。ファンタジーにそうした教え、必ずあるのですね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/12 13:07

初めまして。書き込み及びトラックバック有難うございました。

「ハリー・ポッター」シリーズは、1巻目の3分の1程読んだ所で肌に合わない感じがし、途中で読むのを止めました。「指輪物語」は全部読んだのですが、それ程はまりませんでした(^o^;;;。この「ナルニア国物語」に付いて恥ずかしながら原作を知らずに、単純に面白そうな映画だなあと思って観に行ったのですが、見事にはまってしまいました。

映画や書物って、それを観た(読んだ)時期によって、その感じ方って違うと思うんです。ですから、今読み返してみたら、又別の思いが湧くのかもしれないなという気がしました。それだけ、心がささくれ立ってしまったのかもしれません(笑)。

第2章が早く観たいです。

これからも宜しく御願い致します。

投稿: giants-55 | 2006/03/12 21:11

giants-55さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>映画や書物って、それを観た(読んだ)時期によって、その感じ方って違うと思うんです。

ボクは恥ずかしながら遅読で、なかなか進まないタイプ。特に巻数の渡る長編となると、ギブアップです。でも読むべき時期ってありますよね。映画も同じところがあたると思います。いずれにせよ、本にしろ、映画にしろ、いい出会いをしたいですね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/12 22:46

こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
早く続編に取りかからないと、あの4人兄妹はどんどん大きくなってしまいますねえ。(もう作っているのかしら?)
あまりにも成長した子役たちって、ファンタジーに似つかわしくないですもん。
・・・とはいえ、私は既に続編を観るかどうかは微妙なのですが(笑)

投稿: 睦月 | 2006/03/13 00:51

睦月さんこんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>・・・とはいえ、私は既に続編を観るかどうかは微妙なのですが(笑)

睦月さんの評価厳しかったですからね。確かにあの子供たちより、アスランの存在感が勝ってしまった感じがしますよね。やっぱ主人公が光らなきゃって、そんな気がします(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/13 20:51

こんにちは、返TB&コメントありがとうございました(^^♪
原作自体子供向けなので、『ロード・オブ~』と比較してはいけないんだ――とわかってはいるんですけど、つい。。。(苦笑)
全7作が映画かされるかどうかはまだわかりませんが、取り敢えず次作に期待しています!

投稿: honu | 2006/04/02 08:19

honuさんこんにちは。
コメントありがとうございました。

>原作自体子供向けなので、『ロード・オブ~』と比較してはいけないんだ――とわかってはいるんですけど、つい。。。(苦笑)

ファンタジー全盛とあって、やっぱ辛口になってしまうのだと思います。少なくとも選択肢が増えた事は好材料ですよね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/04/02 09:47

こんにちは。 TB返しとコメントいただいてありがとうございました。

>二年おきのリリースで十三年

フルCGで作ったら、今の子役のまま作れそうですね。
でも私は子役たちの、何かを悟ったような顔立ちが好きになれなかったんですけどね…。

投稿: mambotaxi | 2006/04/02 21:56

でんでんさま、こんにちは。

コメントありがとうございました。
まあ、酷評が多いですよね。
私はほのぼの系ファンタジーとして、いいと思いましたよ。

また、よろしくお願いします。

投稿: 雪華 | 2006/04/03 15:48

mambotaxiさん、雪華さんこんにちは。
コメントありがとうございました。

mambotaxiさんへ
>私は子役たちの、何かを悟ったような顔立ちが好きになれなかったんですけどね…。

ある意味、演技が上手過ぎるのかもしれません(苦笑)。子供らしい無垢さが出なかったというか(^^ゞ

雪華さんへ
>私はほのぼの系ファンタジーとして、いいと思いましたよ。

ボクもそう思います。オーソドックス歓迎、気兼ねなく観られる作品だと思いました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/04/03 21:34

こんにちは。
アレ?この記事も、「ブロークバック・・・」
もTBできてませんね???
ナンデだろ???もう一度飛ばしてみます。
コレはねえ・・・。どこまでCGなのかわかんなかったです。
オオカミは実写だったみたいなので、ライオンも
実写部分を結構入れてると思うんですけどね。

投稿: RIN | 2006/04/04 13:13

RIN姐さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>オオカミは実写だったみたいなので、

正直、どれが実写か、アニマトロニクスか本物なのか、全ーくわかりません(苦笑)。それくらいアスランの出来が良かったですよね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/04/04 20:55

Hello There. I discovered your blog the use of msn. This is an extremely well written article.
I'll be sure to bookmark it and come back to learn extra of your helpful info.
Thank you for the post. I'll definitely comeback.

投稿: fafaslot | 2022/08/26 07:21

I have been exploring for a little bit for any high-quality articles or blog
posts in this kind of house . Exploring in Yahoo I eventually
stumbled upon this web site. Studying this information So i am happy to convey that I have a very excellent uncanny feeling I
came upon just what I needed. I such a lot indubitably will make sure to don?t fail to remember this web site and give it a look
on a constant basis.

投稿: www ufabet com | 2022/10/16 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を観る(少々ネタバレあり):

» 映画「ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女」最速試写会レポ [いもロックフェスティバル]
 「ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女」の試写会に行ってきた。 (2/8(水 [続きを読む]

受信: 2006/03/11 21:51

» 映画のご紹介(104) ナルニア国物語第1章 ライオンと魔女 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(104) ナルニア国物語第1章 ライオンと魔女-ナルニア国物語は、 父なき子どもたちの成長の物語だ。 jamsession123goは、SF映画は好きなのだが、ファンタジックな雰囲気の映画はあまり...... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 21:55

» 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』2006・3・5に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』    公式HPはこちら ●あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の子供達は、ドイツ軍のロンドン大空襲を逃れ、田舎のカーク教授の元に疎開する。ある日、古い屋敷の中... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 22:06

» 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「指輪物語」にも「ハリー・ポッター」にも全くはまらなかった自分だが、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」にはすっかりはまってしまった。先週末に観た映画の話で在る。 イギリスのC・S・ルイス氏が著したファンタジー児童文学「ナルニア国物語」を原作にしたこの映画。そもそもこの原作は、前記した「指輪物語」及び「ゲド戦記」(未読)と併せて、世界三大ファンタジーと称されているそうな。ナルニア国の誕生から滅亡... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 22:16

» 「ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女」見ましたよ [やってみまひょ]
川口のarioやるなぁ。 去年の秋オープンで映画館ができたので、それをきっかけに [続きを読む]

受信: 2006/03/11 22:55

» 『ナルニア国物語/第一章ライオンと魔女』 [mimiaエーガ日記]
★★★原題:『The Chronicles of NARNIA / The L [続きを読む]

受信: 2006/03/12 00:14

» ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女(評価:○) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】アンドリュー・アダムソン 【出演】ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージ・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/リーアム・ニーソン( [続きを読む]

受信: 2006/03/12 00:44

» 「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」 [Review Review Review]
[劇場映画]★★★★★ 子供の頃に読んだ物語が映像となって目の前に現れた時の感動!!! 衣装ダンスの扉、街灯、魔女、ナルニアの雪景色… 本の挿絵にあった、不思議な半人半獣のナルニアの住人達が続々と登場... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 08:44

» ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女/THE CHRONICLES OF NARNIA [我想一個人映画美的女人blog]
誕生から55年という C.S.ルイスの壮大な英国ファンタジーをディズニーが映画化した大作。  原作本 ナルニア国ものがたり 児童書 原作のファンの人、ファンタジー好きの人には前々から楽しみにしていたであろうこの作品、 どちらにも当てはまらないワタシとしては、何の期待も不安もないまま(笑 先行上映で観てきました☆ 事前に持っていた知識はたった三つ。 1、ライオンが喋る。 (笑 2、白い魔女の魔力で、10... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 09:35

» ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女 [悠雅的生活]
真冬のナルニア国、伝説の子どもたちと、アスランのいる春 [続きを読む]

受信: 2006/03/12 10:41

» ナルニア国物語 -第一章 ライオンと魔女- [Akira's VOICE]
童心と想像力を甦らせてくれる空想世界の探訪。 [続きを読む]

受信: 2006/03/12 10:46

» ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画館) [ひるめし。]
それは一生に一度だけ出逢える 「本物」のファンタジー。 CAST:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/ルパート・エヴェレット/ティルダ・スウィントン/ジム・ブロードベント 他 ■アメリカ産 140分 どこでもドアじゃなくて衣装タンスを開くとそこはナルニア国だった・・・。 ファンタジー大作と言えば、「ハリポタ」シリーズ・「LOTR」3部作と有名だけど・・・「ハリポタ」は1作目で挫�... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 15:17

» ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女(先行上映) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆  フウ・・・参った     [続きを読む]

受信: 2006/03/12 16:02

» THE CHRONICLES OF NARNIA : The Lion, the Witch and the Wardrobe [Mein Sommernachtstraum]
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 (今回のレビュー、なぜかやたらと長いです。ご注意。) C.S.ルイスの名作小説を映画化。第2次世界大戦下のイギリスから、神秘の国ナルニアへとつながる扉を見つけた子どもたちの冒険が描かれる。下半身が獣の不思議な動物を始...... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 20:20

» ■ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女 [ルーピーQの活動日記]
第二次世界大戦下のロンドン。ペベンシー家の4人兄妹は、疎開のため田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター(ウィリアム・モーズリー)、長女スーザン(アナ・ポップルウェル)、次男のエドマンド(スキャンダー・ケインズ)、末っ子のルーシー(ジョージー・ヘンリ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/12 23:41

» 先行上映「ナルニア国物語」を見てきました。 [よしなしごと]
 先行上映でナルニア国物語 第1章ライオンと魔女を見てきました。オールナイトだったので、午前中は梅の写真を撮りに行き、すぐにオールナイトに備えて昼間はお昼寝。夜中に起き出し、バイクで映画館へ。トメルミンと眠眠打破を飲んで、眠気に備えました。... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 00:58

» ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(3月4日公開) [オレメデア]
昨年12月に全米で公開され,「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を抜いてNo.1ヒットとなった映画,それが, ナルニア国物語 イギリス,ドイツなどでも一大旋風を巻き起こしたこの映画が,ついに日本に上陸した 全世界が,「ナルニア国物語」の感動に包まれようとしてい....... [続きを読む]

受信: 2006/03/17 11:06

» ナルニア国物語 第一幕 ライオンと魔女 [システムエンジニアの晴耕雨読]
「ナルニア国物語」見てきました。C.S.ルイスの原作は、「ロード・オブ・ザ・リング」と双璧とのことで、昨年来、ずっーと心待ちにしていました。期待値が高すぎたせいか、ディズニー映画だったためか、花粉症で少し疲れ気味だったせいか、少し肩透かし・・。2時間半...... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 09:41

» ★「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりの先行上映に行ってきました・・・ といっても、いつものようにナイトショウ・・・ 上映時間の設定の関係でAM1:20からの回。 きっつい時間だけど・・・とりあえず。 にもかかわらず100人近くは入ってたんじゃないかな・・。 前評判良さそう・・・世間的には・・・ヒットの予感だね。... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 02:38

» 私を箪笥の奥につれてって【ナルニア国物語】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今から二十数年前、私が小学3年生の夏休みに「ナルニア国物語」全7巻を一気に読ん [続きを読む]

受信: 2006/03/24 01:32

» 『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 ☆今年16本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html原題:THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE製作:2005年アメリカ監督:アンドリュー・アダムソン出演:ウィリアム・モー....... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 15:34

» ナルニア国物語〜第1章:ライオンと魔女 [俺の話を聴け〜!]
見終わったあとの第一印象は「期待はずれ・・・なんだかなあ〜・・・」「連続モノの1作目だから伏線が消化されないのは当然」とか、「子供向けのおとぎ話なんだから理知的な展開を求めてもねえ〜」とか、「ロード・オブ・ザ・リングと比べること自体ナンセンス」とか、とりあ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 18:46

» 映画「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」 [+Think]
 すっかり時間が経ってしまいましたが、「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」見てきました。  ポスト「ロード・オブ・ザ・リング」を期待するような宣伝がされていますが、両者はまったく別種の作品です。  LotRは言語から種族の歴史から何から何まで、どれほど些細な細部に至るまでトールキンが作り上げた世界、現実世界とは隔絶された世界であるのに対し、ナルニアは、現実世界の子どもがふとしたことで足を踏み入れる異世界であり、どこかでこちら側と繋がった世界であるという違いがあります。  元から比べられ... [続きを読む]

受信: 2006/03/29 13:25

» 「ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女」見てきたよ。 [雪華と、うふふ]
はい、こんばんは。 <映画と関係ないんですけど、私、誤字脱字が多いらしいのです。すみませんね。> 子どものときに、押し入れに閉じこもったことありますでしょうか? きっと、多いですよね。 暗くて、ふわふわした触感が心地よかったし、自分の世界だわあって思....... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 13:44

» 「ナルニア国物語」 [That's the Way Life Goes]
[:映画:] 「ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女」 結構楽しみにしていて、前売り券なんて買っちゃって、付録のオマケがストラップだった。 電池がついているので光るらしい。 何種類かあって、っこれは「白い魔女」。 観終えた今、「アスラン」にすればよかったとちょっと後悔。  それでどうだったかというと、んんん?はっきりお子チャマ向けですよねえこれ。 子供騙しと言っていいかわからないけど、「ロードオブザリング」を鑑賞済みの観客にとって、二番煎じ感は否めないし、比べれば明らかに世界観の薄さみ... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 15:30

» ナルニア国物語 [*(売れないシナリオライター)KAZZの呟き*]
※上段の写真は、先週末、上海の映画館前で撮影してきたものです。納尼亜でナルニア・・・イメージで読める(笑) KAZZの評価  安心して楽しめる作品ですね お金かけてるなぁ~って分かる迫力・スピード感のある映画です このような映画は、自宅で見るより、 ...... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 15:36

» 『ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』 [映画館で観ましょ♪]
やっと観てきました! 次女と一緒だったので、残念ながら吹替えです。 なので、 アスランの声はリーアムニーソン(こっちも聞いてみたいけど)ではなく津嘉山正種さん。 私はこの津嘉 [続きを読む]

受信: 2006/04/07 21:31

» ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
ワタクシの大好きなファンタジー しかもディズニーときたもんだ観ない訳にはいきません原作は全く知らないのですが 全7巻もありますやん 第7作までいくんですかぁ?第1章が一番人気だそうで“ライオンと魔女”の話王様であるええライオンと偽王女のワル魔女の対決に...... [続きを読む]

受信: 2006/04/10 04:37

« 「NIP/TUCK -マイアミ整形外科医-」Season2-16を観る(ネタバレあり) | トップページ | 第78回アカデミー賞授賞式を観る »