« アソブネスタイル八年目突入あいさつ&「CASSHERN VS デビルマン」 | トップページ | DVD版「一青窈★夢街バンスキング ~はいらんせ~」を観る »

2006/02/18

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」を観る

 今日はホアキン・フェニックス主演、「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」を観て来た。主演の二人がゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部門)を獲るなど、前評判からも見どころが高そうな作品である。物語の主役、ジョニー・キャッシュは日本では馴染みがないかもしれないが、プレスリーと同時期にスターになった人だ(本編の中でプレスリー役も登場)。ただ彼の名前、刑務所でのライブを出来事として知ってはいても、歌声となると聴いた記憶が無い。ボクの洋楽体験は80年代以降が中心だったため、今回の作品は興味深かった。

 物語は60年代が中心、音楽によって得る大きな成功と影。昨年の「Ray/レイ」と比べられそうだが、ちなみにこちらの作品は出演者が演奏、歌を自ら歌うスタイルを採っている。声質が近いせい(本人たちの歌声はエンドロールで流れる)もあるが、トレーニングの甲斐あってそのパフォーマンスが素晴らしい。アップとなるホアキンの表情とギタープレイ、リーズ・ウィザースプーンのハイトーンボイス、そして彼らのデュエットはオリジナルにも負けない迫力。

 今日、そんな作品を観ていたら、ジャズ映画でチャーリー・パーカーを扱った「バード」、デクスター・ゴードンが主演した「ラウンド・ミッドナイト」の二本を思い出した。前者は「Ray/レイ」のように、模倣したパフォーマンスにオリジナル音源を加えたスタイル、一方の「ラウンド・ミッドナイト」はプロ演奏者でもあるデクスター・ゴードンが演じる(その他の出演者も同じ)というアプローチだった。確かにどちらが上、こっちのほうが素晴らしいというのは一概に言えない。ただ個人的に後者のほうが、映像に観入る動機付けが高かったように思う。今回の「ウォーク・ザ・ライン」はその点でも気に入った点である。

 もう一つ気がついたことが、オープニングでテロップされるキャストにロバート・パトリックという名を見つけた。そうあのT-1000だったのだ。ヘリコプターに飛び乗って「Get out」と吐いた最強ターミネーターの彼である。ちょっとゴツイ感じ、そして年を経た表情に冷徹なターミネーターの面影はない。セリフは少なかったが、息子ジョンとのぎこちない交流を上手く演じていた。そんな彼を観ていたら、年をとったのだなと強く感じている自分がいた。もうあの熱狂から、十五年経ったのですねぇ。

060218

|

« アソブネスタイル八年目突入あいさつ&「CASSHERN VS デビルマン」 | トップページ | DVD版「一青窈★夢街バンスキング ~はいらんせ~」を観る »

コメント

こんばんわ!TB&コメントありがとうございます!
良かったですね、この作品。内容はさることながら、やはり主演の2人の生のパフォーマンスがこの作品を一層上等なものにしたんだと思います。
役者陣の努力のたまもの的な作品でした!

投稿: 睦月 | 2006/02/19 22:40

睦月さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>役者陣の努力のたまもの的な作品でした!

ステージ上ではジョニーとジューンに同化していましたね。そして魂がこもってた、そんな点が伝わってきました(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/02/19 22:56

こんにちは♪
TBありがとうございました。
そうなんですよ、T-1000が出ていました!!
ちょっと冷たい父親が似合っていましたね~。
父と息子の葛藤も胸が痛みました。
クスリに逃げようとした原因のひとつでしょうね。

投稿: ミチ | 2006/02/27 20:07

ミチさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>ちょっと冷たい父親が似合っていましたね~。

テロップを見つつ、最初親父さんの役だと思いませんでした。でも思いのほか、似合ってましたね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/02/28 18:49

TB&コメントありがとうございます。
ミュージシャンが主人公の映画は、’はずれ’が少ないですね。
ホアキン・リ-スの二人がステージで歌っている後姿を撮ったシーンが、最高に美しかった。

投稿: skywave | 2006/03/02 21:39

skywaveさんこんにちは。
こちらこそコメントありがとうございます。

>ミュージシャンが主人公の映画は、’はずれ’が少ないですね。

個人的には「音楽映画にハズレなし」が持論でした。ただ最近はそうとはいえない作品もありますが、高確率でハズレはないと思います。この作品も良かったです(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/03 23:26

TB&コメントありがとうございます。
主人公二人の演技はもちろん、歌唱やステージパフォーマンスはプロのミュージシャンみたいでしたね♪
ほんとに素晴しかったです。
父親役があのターミネーターの人ってこと、後で知りました。。。
いや・・「どこかで観たことある・・」って気になってたんですが^^;

投稿: 未来 | 2006/03/11 01:39

未来さんこんにちは。
こちらこそコメントありがとうございます。

>いや・・「どこかで観たことある・・」って気になってたんですが^^;

それほどに変貌してましたからね(苦笑)。でも印象って怖い。彼にとってもひと皮むけた演技だったのではないでしょうか(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/03/11 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/8726314

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」を観る:

» 典型的ロック野郎の半生 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 [平気の平左]
評価:70点 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道/WALK THE LINE 監督:ジェームズ・マンゴールド  出演:ホアキン・フェニックス リース・ウィザースプーン  今日も東京国際映画祭特別招待作品レビュー。 この映画の劇場公開は来年2月だそうです。 この映画を観ていた時、東京国際映画祭だけあって、後ろの席に4人くらい、横に2人外人さんがいたのですが、あいつら笑いすぎな。... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 09:29

» 「TIDAL」FIONA APPLE [君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)]
昨日、FM802で素晴らしい曲を聴いた。 ジョニー・キャッシュの「HURT」という曲。 ナインインチネイルズのカヴァーだ。 もう3年も前にリリースされた曲なので、 ご存知の方も多いと思うが、 恥ずかしながら俺は昨日初めて聴いた。 家に帰りネットで調べると、 曲もさる... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 11:23

» ウォーク・ザ・ライン 君につづく道  特別試写会 [レンタルだけど映画好き ]
ドラマ/音楽/伝記 2005年 アメリカ 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ホアキン・フェニックス/リース・ウィザースプーン/ジニファー・グッドウィン/ロバート・パトリック 原作 ジョニー・キャッシュ 型破りなラブストーリー、これは真実の物語 ちぎれた心をつないだのは、ギターの弦と彼女の愛 あらすじ 最愛の兄を事故で亡くしたジョニーは、周りに溶け込めない孤独な少年だった。そんな彼の心の拠り所は、ラジオからいつも流れてくるジューン・カーター(リーズ・ウィザースプーン)の歌声。成... [続きを読む]

受信: 2006/02/19 13:19

» 映画館「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
実在の人物、ジョニー・キャッシュの物語。 お話的には、スターの成功・転落・復活というお馴染みにパターンなのですがそれに加えて憧れの女性でもあったジューンとのエピソードがいつものサクセスストーリーとは違った味を出していました。2人の長い長い恋愛の道のり...... [続きを読む]

受信: 2006/02/20 16:51

» ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 /WARK THE LINE [我想一個人映画美的女人blog]
昨日書いた「アイデンティティー」の監督の最新作で、 2005年アカデミー賞最有力候補!というこの作品、今日はお休みだったので2本立て続け(もう1本はホラー)Fox試写室にて観てきちゃいました★ ロックは大好き{/onpu/}だけど、"カントリーミュージック"には弱いワタシ。 この実在のミュージシャン、ジョニーキャッシュは、migの好きなボブディランやブルーススプリングスティーンよりも前の時代、1950年代のエ... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 09:53

» ★「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 [ひらりん的映画ブログ]
久しぶりのTOHOシネマズ川崎で鑑賞。 相変わらず、土曜のレイトショウでもすきすきの映画館。 0:50からの上映だったので5〜6人くらいしかいなかったよっ。 しかし、2005年のアカデミー賞に5部門ノミネートされてる強豪ですぞっ。 [続きを読む]

受信: 2006/02/22 03:30

» ウォーク・ザ・ライン/君につづく道  WALKTHELINE [映画に恋してる]
彼は歌う。虐げられた者たちの心の叫びを。夜の闇のように深く響く声で。フォルサム刑務所はその日いつもとは違う熱気に包まれていた。地を這うような振動はやがてリズムを刻みはじめる。足を踏みならし 手を叩き囚人たちが待ちわびるのは自分たちの心の叫びを知っている...... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 11:23

» ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 WALK THE LINE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン主演 カントリー・ウエスタンのジョニー・キャッシュの伝記 J.Rはお兄さんのジャックが大好きです ある時そのお兄さんが不慮の事故で亡くなります ジャックが亡くなったのは J.Rが悪いと父親は責めつけます J.R空軍に入り J.Rの名前からジョニー・R・キャッシュ改名 入隊後に買ったギターで フォルサム刑務所についての歌を作ります 退役後ヴィヴィアンと結婚し、訪問セールマンとして働くのですが なかなか生活が楽になりません そこで音楽でお金を稼ごう... [続きを読む]

受信: 2006/02/23 01:03

» ウォーク・ザ・ライン/君に続く道 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
2006年2月18日日本初公開 テアトル タイムズスクエア 2006年2月22日(水)10時35分からの回 ゴウ先生ランキング: B 公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/walktheline/ [続きを読む]

受信: 2006/02/23 20:10

» ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
1950年代、エルヴィス・プレスリーたちとともに、黄金時代を築いた伝説のミュージシャン、ジョニー・キャッシュと、その初恋の人、ジューン・カーターとの10年以上にわたるラブ・ストーリーを描いた作品。 大好きな兄と一緒に、まだ子どもだったジューン・カーターの歌が流れる... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 11:01

» アカデミー賞につづく道?映画「ウォーク・ザ・ライン」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
アカデミー賞主演男優賞・主演女優賞にノミネートされている 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」を観てきました。 しっかりした作品に仕上がってますが 恋愛映画として宣伝していましたが さくまでも「ジョニー・キャッシュ」の サクセスストーリーいや半生記でした。 彼の波乱万丈な人生を2時間ちょいで 表現するのは難しかったかも? スターになるまでの道のりも簡単だし 「ジューン・カーター�... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 03:07

» 映画「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」★★★☆ 実在した1950年代のカントリー歌手、ジョニー・キャッシュの物語。 カントリーというジャンルには全く明るくないので、それほどまで親しみを感じることはなかったけれど、やはり歌はいい。ジョニー(ホアキン・フェニックス)やジューン(リース・ウィザースプーン)の吹き替えなしの歌声がいい。ジョニーの歌の歌詞がいい。「心から湧き出す歌」で一世�... [続きを読む]

受信: 2006/02/27 20:04

» ウォーク・ザ・ライン見たー☆☆ [ヤマザッキーのホームページ]
ここをクリックで、人気blogランキングに投票です。現在46位ー!!いつもありがとうございます☆☆今日もよろしくお願いします♪♪最近のどうでもいい映画レビューが原因なのか、くだらないジュウレンジャーの記事が原因だったのか・・・最近下降傾向です。。もうこうな...... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 00:58

» ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(映画館) [ひるめし。]
型破りなラブストーリー、これは真実の物語 CAST:ホアキン・フェニックス/リース・ウィザースプーン/ジニファー・グッドウィン/ロバート・パトリック 他 ■アメリカ産 136分 本年度アカデミー賞主演男優賞と主演女優賞のアベックノミネートされた作品。 アカデミー賞の前哨戦のゴールデン・グローブ賞は二人とも受賞してたね。 ホアキン・フェニックスとリース・ウィザースプーンは吹き替... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 20:30

» シネマ日記 ウォーク・ザ・ライン [skywave blog]
この映画を観て、「better half」という言葉を思い出しました。 神は1人の人間を2つに裂き、半分にしてこの世に誕生させました。それで、人はもう半分の自分を求め、妻とし夫と [続きを読む]

受信: 2006/02/28 22:29

» 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』 [*Sweet Days*  ~movie reviews etc~]
ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン主演。ゴールデングラブ作品賞、主演男優賞、主演女優賞受賞。 1950年代、ロカビリー黄金時代を築き上げたアメリカの国民的歌手、ジョニー・キャッシュの挫折と成功、そして後に妻となるジューン・カーターとの愛の物語。 ホアキン・フェニックスが好きで、そして彼がゴールデングローブ賞を取りオスカーにノミネートもされてるって事で見てきました。多分ホアキンじゃなかったら見てなかったなぁ。 このジョニー・キャッシュって人、実は殆ど知りませんでした。そ... [続きを読む]

受信: 2006/03/01 12:49

» A1:ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 [〜勝手に映画評価〜]
この作品は、現在のアメリカ音楽界に多大な影響を与えたジョニー・キャッシュの半生を描き、ジューンとの関わりに特に視点を向けています。ジョニー・キャッシュという人物がどんな半生を歩んできたのかが、オリジナル曲に一切頼らす、ジョニー・キャッシュを演じたホアキン・フェニックスとジューンを演じたリーズ・ウィザースプーンが自ら歌う曲と共に明らかになっていきます。・・・久しぶりに「見たい... [続きを読む]

受信: 2006/03/04 02:26

» ウォーク・ザ・ライン〜君につづく道 [future world]
カントリーミュージックの英雄ジョニー・キャッシュの波乱に満ちた半生・・・親との対立、離婚、酒、ドラッグ、どん底からの復活をホアキン・フェニックスが好演。 ただ、このジョニー・キャッシュという人、よく知らないんだよね・・・ エルヴィス・プレスリーと同時代....... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 22:33

» 「ウォーク・ザ・ライン」にしびれた [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「洋楽」のほとんどが好きな僕にとって、苦手なのがカントリー音楽。それでも、伝説的なカントリー歌手、ジョニー・キャッシュ(1931〜2002)ぐらいは知っている。で、彼の生涯を描いたという「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」を軽い気持ちで観に行った。想像...... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 02:04

» 「ウォーク・ザ・ライン」にしびれた [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「洋楽」のほとんどが好きな僕にとって、苦手なのがカントリー音楽。それでも、伝説的なカントリー歌手、ジョニー・キャッシュ(1931〜2002)ぐらいは知っている。で、彼の生涯を描いたという「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」を軽い気持ちで観に行った。想像...... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 02:05

» ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 [toe@cinematiclife]
第78回 アカデミー賞   主演男優賞 ホアキン・フェニックス   主演女優賞 リース・ウィザースプーン   編集賞   衣装デザイン賞   音響賞 全5部門ノミネート作品 あぁ、なんだか羨ましいなぁ・・この二人。 見終わったとき、そんな感想が真っ先に思い浮かぶステキな映画だった。 描かれているのは、私が生まれる前の時代。 でも、その頃をあまり知らなくても十分楽しめる作品だったよ。 <STORY>... [続きを読む]

受信: 2006/03/21 23:34

« アソブネスタイル八年目突入あいさつ&「CASSHERN VS デビルマン」 | トップページ | DVD版「一青窈★夢街バンスキング ~はいらんせ~」を観る »