« 耳をすませば | トップページ | ボクは今回で輪舞終曲にしたいと思います »

2006/01/22

日曜劇場『輪舞曲』-ロンド-[第一章]を観て

 遅ればせながら昨日、日曜劇場『輪舞曲』-ロンド-の第一話を観た。マフィア、彼らに潜入する捜査官、そして日韓、国を越えたロマンス。「冬のソナタ」のチェ・ジウが日本のドラマに主演。とはいえ日韓共作ドラマ、もちろん彼女のセリフは韓国語。これから少しずつ、ポイントとなるシーンで印象的に日本語のセリフが使われるのだろう。このような異文化を描くドラマでは重要なポイントである。

 ドラマのTBSと韓流の融合は、フカキョンとウォンビン主演の『フレンズ』以来だが、こちらは連続ドラマ。しかもサスペンス色に複雑な人間関係を与えている。ただそれだけだったらよかったのだが、竹野内豊演じる主人公西嶋ショウが「潜入捜査官」という時点で、オイオイと思ってしまった。これではまるで「インファナル・アフェア」ではないか。警視庁にいる彼の上司、井崎(石橋凌)も、身内の中にもマフィアへの内通者が居る事を第一話にして匂わせていた。確かに竹野内豊のヒゲは無精でないにしろ、トニー・レオンに相通じるところがある。

 これまでもドラマのプロットを映画から得るケースは少なくない。また最近は映画公開、間もなくドラマ化という新しいパターンも生まれているが、それはあくまで映画を原作としてという前提に成り立っている。しかしこの『輪舞曲』の場合、明らかに「インファナル...」のプロットをそのまま頂戴とは言わないが、明らかに大きな影響を受けているわけで、あの屋上のシーンまで登場。ケータイを多用するところやBGMの雰囲気まで似通っていて、それが不快に思えてしまった。野島伸司ドラマの一部には「やり過ぎでは?」というパクリもあるが、同じくらいにつらく感じた。

 ただ悪いドラマではない。相変わらずチェ・ジウは魅力的だし、いろんな人が絡み合い、このドラマを形成している。特に冒頭に述べた通り、異文化のぶつかり合いはお互いの国を知る上で大事なこと。下町、アンダーグラウンドな社会、そして言葉。韓流との融合ながら、演出やドラマぶりはTBS流に収まってる。もちろんドラマの印象は今後の展開で充分好転する事もあり得る。とりあえず今夜の第二話以降を観て、その判断をしていきたい。

060122
「インファナル...」のトニー・レオン(右)、似てませんか?

|

« 耳をすませば | トップページ | ボクは今回で輪舞終曲にしたいと思います »

コメント

トラックバックしていただいたしずくです。
『インファナル・アフェア』に似てましたかぁ~。。。

投稿: しずく | 2006/01/22 11:53

しずくさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

>『インファナル・アフェア』に似てましたかぁ~。。。

何かいろんなブログで叩かれていますね。でもよかったら「インファナル...」観て下さい。ボクはこの作品の奥深さが好きです(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/01/22 14:41

こんにちは。
トラックバックありがとうございました。
インファナルファンのきなこぺんぎんです。

普段、連続ドラマはほとんど見ないので、各地で噂を聞いてから見てみたのですが、「うわー」って感じでした^^;
先入観があるから余計かもしれませんが・・・。

でも、2話以降は別物になるような気もするので、今後もチェックしてみようかと思ってます。

ラウ君的なキャラ・・・出てきますかねぇ・・・。

投稿: きなこぺんぎん | 2006/01/22 15:56

きなこぺんぎんさんこんにちは。
コメントありがとうございました。

>ラウ君的なキャラ・・・出てきますかねぇ・・・。

どうせやるなら...ってところはあります。竹野内クンと同じクラスを並べれば「やったな!TBS」なんだけど、でもそこまでやる勇気は無いでしょうね(苦笑)(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/01/22 16:50

はじめまして!
TBありがとうございました(^^)
「インファナル・アフェア」似てますよね~!
今日は、密会(?)の場所が変わってましたが・・・。
やっぱり、ツッコミたくなるところはありました・・・!

投稿: | 2006/01/22 22:58

トラックバックありがとうございました。
ただ日本のドラマや映画の画像は、公式サイトで「ご自由にお使いください」とでも告知されたものがないかぎり、使わない方が賢明だと思います…プロバイダーやblogサービス業者が肖像権に神経質な場合があります。
 (本当は日本で公開された香港映画の現地版スチールや現地ネット新聞に掲載された撮影風景も、まずいんでしょうが、中華圏が何も言ってこないからいいじゃん!)と開き直っているワタシ…すいませんすいません。

投稿: nancix | 2006/01/22 23:26

でんでん様、TB多謝です。
今日の回を観たところではまだまだ1回目の余韻を引きずっている印象がありますね。警察側にもモグラがいると本格的に言われましたし…。画面はいくらか明るくなったようで、そのへんは見やすくなっていましたね。

あ、こちらからもTB返しましたが、うまくできませんでした。もしかしたら何かの拍子で規制がかかっているかもしれませんので、後ほど改めてトライさせていただきますね。

投稿: もとはし | 2006/01/22 23:47

トラックバックありがとうございました!!
輪舞曲もインファナル・アフェアもまだ見ておらず、
友人の熱弁のみを聞いている状態です。
早急に、インファナル・アフェアを見たいと思います~。

ドラマのプロットを映画から取ることって多いんですね。
発想には著作権ないですし…。

投稿: さかい | 2006/01/23 13:06

空さん、nancixさん、もとはしさん、さかいさん、
みなさんコメントありがとうございました。

空さんへ
>やっぱり、ツッコミたくなるところはありました・・・!

もう観ないと思いましたが、ツッコミ入れるために観ようかなぁ。これも一種の無間道でしょうか?(苦笑)(^^ゞ

nancixさんへ
一応、画像は差し替えました。やっぱマズイですよね。でもこのドラマ自体のほうがよっぽど露骨ですね(苦笑)(^^ゞ

もとはしさんへ
>今日の回を観たところではまだまだ1回目の余韻を引きずっている印象がありますね。

2回目も変わりませんでしたね。むしろ小手先な演出ばかりでがっかりしてしまいました(^^ゞ
あとIPが引っ掛かっているかもしれませんので、思い当たるものは削除してみました。トラバ確認してみてください。

さかいさんへ
>発想には著作権ないですし…。

でも裁判やられたら負けますよ。あまりにクリソツですので(苦笑)(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006/01/23 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/8274857

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜劇場『輪舞曲』-ロンド-[第一章]を観て:

» 『輪舞曲・ロンド』初回 [しずくの部屋]
いちおー、期待してたのですが。。。 映像、凝ってるのでしょうが、ショージキ見にく [続きを読む]

受信: 2006/01/22 11:50

» ドラマ 「輪舞曲」 [空の「一期一会」]
■えっと・・・「インファナル・アフェア」をパクってるんでしょうか?このドラマ。潜 [続きを読む]

受信: 2006/01/22 22:47

» 輪舞曲 第1話 [☆ファンタBlog☆]
あれっ??あれーっ?? これって『インファナル・アフェア』とうっすらかぶってない?? 話しの内容はまったく違うけど、登場人物の構成とか (インファナルほど入り組んでないけどね) [続きを読む]

受信: 2006/01/22 22:47

» 輪舞曲−ロンド− #02 [テレビお気楽日記]
伊崎(石橋陵)から組織の御曹司・龍吾(速水もこみち)の取り巻きの女性が行方不明だという情報が入る。仕事が忙しくなるからと4、5日ジャスティスを預けるショウ(竹野内豊)に日本語の練習をしていたユナ(チェ・ジウ)が紙に書いた日本語でお礼を言う。シ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 00:58

» 『輪舞曲-RONDO-』第1回感想? [つれづれなる・・・日記?]
このドラマに関しては一切の情報(HPも含み)排除してました。 なので、竹之内さんとチェ・ジウさんが出ること以外ほぼ、0の状態でみたんですが・・。 [続きを読む]

受信: 2006/01/23 08:12

» インスパイア・アフェア 無間輪舞曲 [funkin'for HONGKONG@blog]
いやー、某ルート(多謝!)を通じてなんとか観ることができましたよ、『インスパイア [続きを読む]

受信: 2006/01/23 23:02

« 耳をすませば | トップページ | ボクは今回で輪舞終曲にしたいと思います »