« バーチャ・アニキ | トップページ | 北海道へ行って来ました »

2005/08/09

小泉総理の秋まつり

 政治という言葉は「まつりごと」と称されることがある。古くから祭と政は切っても切れない関係にあり、それが言葉として現在まで活きてきた。そして昨日の衆議院解散、これこそ政治を「まつりごと」と表すのに絶好の機会といえよう。大義があるようでない、郵政法案賛成派も反対派もどちらにも正義は無い。片や中途半端な改革案のゴリ押し、一方は既得権の維持に躍起。総理の脅しも参議院の採択によって、現実となって衆議院に跳ね返ってきた。こんなドタバタ、修羅場をみると、議院内閣制って何だと考えてしまう。

 まず総理の言っている事は間違いない。そもそも郵政民営化を掲げて、党首選を戦ってきた。だから一貫した意見としては正しい。しかしその他がまるでダメ。このコラムで何度も触れてきたが、外遊大臣たるアプローチで国内に徹した姿勢をみる事は無かった。また在任中、数々の問題を露呈したが、結局はおざなり。特に年金問題で開き直った姿を見て、本当に呆れたものだ。別に郵政が総理のライフワークなのは構わない。だが総理大臣、本当の仕事がそれに留まらないのは周知の通り。結局、総理から郵政民営化と外遊大臣の顔しか見えてこなかった。

 だからといって既得権の維持を図った反対派にも疑問はある。「正義は我等にあり」が如く、正論として繰り出していたが、郵政民営化を覆すだけの材料はそこになかった。みすみす票田を捨てたくない、特定郵便局の息子が繰り出したステルス作戦には聞いて呆れた。これこそ悪しき自民党に残された構図。かつて総裁選で「自民党をぶっ壊す」と豪語した総理。ただ総理自身も含めて、こんな形で実現するとは誰にも思わなかったのではないか。おかげで自民党はぶっ壊れ掛けている。有言実行、その点だけ唯一、小泉総理の集大成として評価したい。

050809 小泉総理にとって秋まつりとなる9月11日の総選挙。政治にしらけている有権者からみれば、ますます流れる票の行方は見えてこない。分裂自民のどちらを推すか。生まれる新体制、新党の行方も気になる。ただ正直、岡田体制の民主党に託すだけの博打も打てない。本当のキーマンは同じ民主党、小沢一郎だと思う。政局に強い策士、新党の動きと連動、何か仕掛けてくる事が予想される。一方、武部幹事長が「郵政民営化の可否を問う選挙」と言っているが、それも違う。あくまで小泉政治の集大成として国民の審判を受ける、そう考えるべき。ただもし自民党がこのまま本当にぶっ壊れるのなら、総理のそんな手腕だけに一票投じてもいい。ボクも負けず劣らず変人なので(笑)。[ただ某党との連立無しという条件ですけどね]

注:8月10日から15日まで北海道旅行のため、お休みします。ただBlog版は更新があるかもしれません。

|

« バーチャ・アニキ | トップページ | 北海道へ行って来ました »

コメント

TB+コメント感謝です。
本当に大変な事になってしまいました。
今回の選挙は今後十数年を左右する大事な選挙になるでしょうから、慎重に投票していきたいです。

投稿: YOSHI | 2005/08/10 14:25

小沢一郎、何年も前から総理にならないものかと、切に願っていたのですが。
来月の選挙で政権交代しないと無理なんですよね(--;

投稿: yasuko | 2005/08/12 14:10

YOSHIさん、yasukoさんコメントありがとうございます。

>YOSHIさんへ
自民党のドタバタぶりとえげつなさが気になります。これが小泉総理の見せたかった自民党の姿なのでしょう(^^ゞ

>yasukoさんへ
政権交代、難しいと思います。それより先、一体どの方向に進むのか、それが心配です。

投稿: でんでん | 2005/08/15 19:09

今回は「刺客」などという物騒でおもろい単語が連日使われております。往年の名作「十三人の刺客」を思い出した次第。

投稿: zazatto | 2005/08/16 03:28

zazattoさんこんにちは。

命でなく、「政治生命」を狙う刺客たち。でも小池大臣が「あずみ」っていうのは如何でしょうか(^^ゞ

投稿: でんでん | 2005/08/16 05:15

当方のブログへのコメント有難うございます。
連日「くの一」だの「刺客」だの、政策と全く関係ない所で騒がれていて、マスコミ全体がすっかり小泉流「劇場型政治」に、乗かってしまっています。
このまま行けば、小泉自民党の圧勝に終わると予想されますが、果たしてそれで日本は良いのでしょうか。
もう少し、本質的な議論が必要だと思いますけど。

投稿: home-9 | 2005/08/17 13:24

home-9さんこんにちは。
こちらこそコメントありがとうございます。

小泉政治には絶妙なシナリオライターが控えていますね。しかしながらご指摘の通り、展開は派手でも、本来政治のあるべき姿が欠けています。野党、対抗勢力、マスコミ含め、もっとアピールが必要でしょう(^^ゞ

投稿: でんでん | 2005/08/17 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/5385565

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉総理の秋まつり:

» 衆議院解散 [道楽者の徒然日記]
一体何から書いたら良いのやら。 昨日、私は高校野球そっちのけでNHK国会中継を見 [続きを読む]

受信: 2005/08/09 23:43

» 衆議院解散に思うこと [でりらの部屋]
郵政民営化、衆議院では可決、でも参議院では否決。で、衆議院解散。 小泉総理、やっ [続きを読む]

受信: 2005/08/10 01:07

» 小泉さん、「一言政治」は止めませんか [HOME★9(ほめく)]
前回の記事で予測した民営化法案否決-解散-総選挙は、その通りになりました。解散 [続きを読む]

受信: 2005/08/10 08:20

» ネットTVで反対派荒井広幸氏(参院議員)の話しをじっくり聞きました。いや~ぁ、小泉の"郵政民営化"なんてとんでもないナ。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
インターネットTV、VIDEONEWS.COMでじっくり聞きました。http:/ [続きを読む]

受信: 2005/08/18 13:48

» 郵政民営化と金の流れを図に描いて考えてみました。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 要するに、問題点は次のようなことらしい。  郵政民営化法案は何度も修正された上 [続きを読む]

受信: 2005/08/18 13:49

» 皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 以下、重要な記事と判断し、また現下の緊迫化した政治情勢にかんがみ、全文引用しま [続きを読む]

受信: 2005/08/22 20:27

« バーチャ・アニキ | トップページ | 北海道へ行って来ました »