« サッポロ土産の凄いヤツ | トップページ | ガンダム的政治論「ギレン・ザビVS小泉純一郎」 »

2005/08/21

衆院選の戦い方を見る

 9月11日に投票日が決まった衆院選。主要各党の今選挙におけるスローガンが披露された。それらを並べると次のようになる。

自由民主党「改革を止めるな。」
公明党「日本を前へ。改革を前へ。」
民主党「日本を、あきらめない」
日本共産党「たしかな野党が必要です」
社民党「国民を見ずして、改革なし」

 これをみると、『改革』という言葉を入れている自民党は当然、連立している公明党、野党では社民党が唯一といったところ。共産党はまるで彼らの心の叫びを言い表している。一方悲しいかな、二大政党を進めたい民主党のスローガンはあまりにも抽象的過ぎた。だが選挙を戦うのに明確なテーマが無くて、自分たちの首を絞めている気もする。そもそも自民党も民主党もニアリーイコールな存在、有意差はつけ難い。スローガンでいえば、改革を言い続けた自民党のアドバンテージが大きそうだ。

 小泉総理の巧みさはこうしたイメージ戦略だと思う。矢継ぎ早に次々と話題を提供し、自らの政権の維持に努めてきた。その真打が郵政民営化と衆院選。之ほどにインパクトある戦略はない。しかも既得権に振り回された旧態依然たる郵政反対派、彼らを自民党から切り離した印象はけっして悪くない。小泉政治には善悪の明確化を促す雰囲気が漂うが、郵政反対派は改革に悪と、早くも自らのキャラクターを盾に衆院選のイメージを確立している。いや人間の記憶を巧みに利用し、過去、そしてこれから先の負の遺産さえカモフラージュ、郵政民営化こそが『改革』と圧しつけている。「くノ一」なんて恐れ入った。そんな総理の手腕には舌を巻かざる得ない。

 同時に感じるのは民主党のだらしなさである。岡田代表に移行してから、手を抜いてきたとは言わないが、もっと政治の中心でアピールが必要だったのではないか。自民とニアリーイコールな存在なら、それを選択肢としてアピールするべきだった。しかもそこに秘策を持っていても、秘策として効果を発揮できないアピール不足を感じる。岡田代表がもっと徹底してマスコミに登場(ニュース、バラエティ問わず)すれば、大きなアピールとなろう。その位、死に物狂いな露出がなければ悲しいかな、国民の注目を受ける事ができない、それ程の民主党の意識改革が必要だ。衆院選は民主党よりホリエモン出馬のほうがニュースになっている事実。岡田代表以下、真摯に受け取るべきだ。

|

« サッポロ土産の凄いヤツ | トップページ | ガンダム的政治論「ギレン・ザビVS小泉純一郎」 »

コメント

nobiともうします。
TBありがとうございました。!!!!
HPも拝見しました。面白かったです。
これからも時々遊びにまいりますので、よろしくお願い申し上げます。!!

投稿: nobi | 2005/08/21 20:25

nobiさんこんにちは。
こちらこそコメントありがとうございます。

しばらくは政治ネタが続きそうです。ただ確かに政治はお祭りですが、冷静な視点も必要ですよね。

投稿: でんでん | 2005/08/22 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/5563973

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院選の戦い方を見る:

» 今度の選挙で、民主党の出番はない [Akinopapaのあくび]
民主党の岡田がいろいろ吠えております。 この人ではダメだ、私はずっと思っていまし [続きを読む]

受信: 2005/08/21 14:03

» 世代交代選挙 [歴史を糧にしよう]
まずこれを見て下さい。  借金時計 これは小渕内閣以来積み上げた国民の借金です。 [続きを読む]

受信: 2005/08/21 20:42

» 政治を見る視角 [瀬戸智子の枕草子]
今日は、次の選挙にあたって、何をどの様に評価するかを考えていきたいと思います。 [続きを読む]

受信: 2005/08/23 09:46

» それでも郵政民営化は必要か [ここがヘンだよ!郵政民営化]
いよいよ明日は衆院選の投票日です。 先日週刊誌の『SPA!』を読んでいたら、今回の選挙にかかる経費が出ていました。その額なんと769億円也、それに加えて各候補者は選挙にお金がかかるわけです。これだけの巨費を投じて郵政民営化の是非が国民に問われるわけですから、我々...... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 07:46

« サッポロ土産の凄いヤツ | トップページ | ガンダム的政治論「ギレン・ザビVS小泉純一郎」 »