« iTMSで音楽を買ってみた | トップページ | バーチャ・アニキ »

2005/08/05

まるごと手作りスピーカーの本

 今日の帰り、本屋に立ち寄ると「まるごと手作りスピーカーの本」なるものを見つけた。先月からの月刊誌「ステレオ」の特集といい、夏はスピーカー工作の季節。そんな時期に合わせたのか、学研の「大人の科学マガジン」のVol.8は何とスピーカー特集である。もちろん付録がつくのは言うまでも無い。スピーカー特集にスピーカーが付かないなんて...何とスピーカーが付録だった。しかもあのフォステクス製、7cmフルレンジスピーカーなのである。

 ただこの付録のスピーカー、ただものではない。単にユニットが付いてくるわけではなく、スピーカーユニットを組み立てるのである。コーン、キャップ、磁気回路、ダンパー&ボイスコイル、フレーム等、接着剤を使って組み立てていくのだ。確かにユニットをエンクロージャー(箱)にはめるだけでは、付録として内容的に物足らない。そこは「大人の科学」と名が付く通りに琴線に触れる作りである。ただ音はフォステクスブランドの折り紙付だが、仕上げは自己責任だという事を忘れてはならない。

 この本の内容だが、そんな手作りスピーカーの楽しみ、ポイントを押さえた入門篇に留まらない。何と8ページに渡って長岡鉄男さんの特集があった。ここでは「長岡鉄男の残したもの」と題し、長岡氏が辿ってきた人生、長岡イズムが語られている。もちろんバックロードホーンの名機「スワン」やホームシアター「方舟」も登場する。本格的な特集本に比べて充実度は劣るが、それでも長岡イズムの一端に触れている。また個性的な市販スピーカーの背景、さらにマトリックススピーカーまで少ないページ数ながら楽しい。

 さて家に帰ってから気がついたのだが、付いているスピーカーキットの事。賢明な方ならお分かりと思うが、一個しか用意されていない。すなわちモノラル仕様なのである。実は39ページ下にもこのように記述されている。「このスピーカーを使ってステレオにしたい等の場合は...」それでどうすればいいのだと読み進めていくと「もう1セット追加のご購入いただきますようお願いします」との事。お後がよろしいようで(苦笑)。

050805

|

« iTMSで音楽を買ってみた | トップページ | バーチャ・アニキ »

コメント

私は「大人の科学」の『からくりシリーズ』に心惹かれてます。でも、まだ買ってません。
顔がね…ちょいとイマイチ。
スピーカーと違って一体でいいから…と思ったら、いつの間にか何体も出てるではないですか!? 油断出来ないな~学○!
もう1個スピーカー買います?

投稿: Taj | 2005/08/06 22:54

Tajさんこんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

「買ったから作る」ってワケではないので(^^ゞ
二個買うのは止めておきます(笑)。

『からくりシリーズ』も気になってますよ。
侮れませんなぁ学○!

投稿: でんでん | 2005/08/07 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/5326232

この記事へのトラックバック一覧です: まるごと手作りスピーカーの本:

» 大人の科学マガジン別冊 まるごと手作りスピーカーの本 [booplog]
長岡鉄男さんに憧れてました! 『大人の科学マガジン』特別編集版のふろくは、FOSTEX製7cmフルレンジスピーカー手作りユニット。趣味でスピーカーを手作りすると言う世界は古くからあるが、ユニット自体を手作りするというところが、大人の科学マガジンならではです。ま... [続きを読む]

受信: 2005/08/08 09:39

« iTMSで音楽を買ってみた | トップページ | バーチャ・アニキ »