« 放送コードギリギリのゲイ人 | トップページ | ガンダム占いをやってみた »

2005/07/11

さらば破壊王...

 ボクは生粋のプロレスファンではない。毎週中継を観るほどのファンでもない。しかし猪木・馬場時代を共に歩み、藤波や長州らが新日の中で争うニューリーダー、鶴田から三沢へ引き継がれる王道を歩む全日を見続けてきた。ジャイアント馬場亡き後、本格的に再編、流動化、活性化した団体交流は第三、第四の新団体を生んでいった。そんな最中、新日で迷走していたのが第三世代となる蝶野正洋、佐々木健介、武藤敬司、そして橋本真也らだった。

 若手から脱皮し、新たな力を感じさせる彼らだったが、猪木というカリスマ越えは容易いものではなかった。だがその後の大きな世代交代を経て、蝶野は新日のトップに立ち、武藤は三沢らが抜けた全日を受けて団体の長へ、健介は夫唱婦随で団体を横断、新たなステージに立っている。しかし今日、日本のプロレス界に橋本真也の名はない。夜のニュースで40才の若さで亡くなった事実を知らされた。まだ若く、あまりに突然の訃報だった。全盛期を知っているだけにとにかくショックである。

 橋本は引退を賭けた試合で負け、その後ファンの嘆願で復活した経緯を持つ。ただそこに至る新日本プロレスは混迷を深めていた。頼みのプロレス中継は古舘伊知郎が番組を降板、視聴率低下にバラエティー番組化、やがて中継はゴールデンタイムを追われてしまう。ちょうどその頃に掛かっていたのが、橋本引退だった。真意は解らないが、客観的には勢いに任せた引退劇。だからこそファンの心は橋本復活に動いた。「破壊王」というニックネームにもあるように、パワー溢れるレスリングスタイルはまだまだ現役と思わせたからだ。

 のちに橋本は小川直也という好敵手を得て「破壊王」再始動、やがて対立から連携へと同じ歩を進め始める。深夜帯に移ったプロレス中継ではあったが、この頃からたびたびゴールデンタイムでの単発中継が増え始めた。当時、橋本VS小川も大きな目玉だった。ちょうど総合格闘技から再びプロレス熱が再燃した頃でもある。だが団体を飛び出し、長州と競合して立ち上げたZERO-ONEも昨年末に残念な結果。志半ばの感は否めない。しかし40才代といえばレスラーとして円熟期。これから次世代を迎え討つ壁となる立場。それが実現しなかったのは悔しい。橋本なら次はどんな手を打つだろうか。実は今もなお、日本のプロレス界は迷走から抜け出ていない。[ただ今はご冥福をお祈りします]

|

« 放送コードギリギリのゲイ人 | トップページ | ガンダム占いをやってみた »

コメント

シーザリオの時のクルーゼです。
興味を持っていることは似ているようですね。

昨年2回橋本さんに会いそこねています。
昨年2月の車の展示会「大阪オートメッセ2004」にゲストでDAIHATSUブースにいました。
「俺のサイン欲しいやつはここに並べ!」と威勢良く叫んでいたのですが、用事で引き上げないとダメだったので、もらっていません。
そしてもう1回、昨年7月に近所のパチンコ店に来店するという情報をキャッチしたのですが、いつかなと思いそこの前を通ると前日でした。
ついてないと言わざるを得ないですね…。

今はただ…、安らかにお眠りくださいという言葉しか見つかりません。

投稿: クルーゼ | 2005/07/13 20:16

クルーゼさん、どもっです。
コメントありがとうございました。

実はボクの先輩に大のプロレスフリークがいました。プロモーターレベルで親交が深く、いろいろと話を聞いた思い出があります。実はその先輩は数年前に急逝しまして、しかも生きていれば橋本さんと同い年。風貌も彼にダブる面がありました。何か思い出してしまうのですよ。だからこそ今をしっかり生きなきゃとも思います。

投稿: でんでん | 2005/07/13 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/4930265

この記事へのトラックバック一覧です: さらば破壊王...:

« 放送コードギリギリのゲイ人 | トップページ | ガンダム占いをやってみた »