« フォルダ保存と上書き保存(ボクもサクサカー) | トップページ | 夏休み映画、続編リメイク花盛り »

2005/06/12

「最後の恋のはじめ方」を観る

 昨日はジョイランドのポイントが貯まったので、ウィル・スミス主演のコメディ「最後の恋のはじめ方」を観てきた。原題は「HITCH」と主人公の名が冠となっている。ただ何となくスラングとの掛け言葉になっているのは、容易に想像できる。「最後の恋のはじめ方」という邦題は全く外れてはいないものの、ドンピシャリなタイトルとは思えなかった。特にこの邦題に本作の軽さは当てはまらない気がする。

 本作のウィル・スミスは前作「アイ、ロボット」と違い、持ち味である軽妙さを生かして楽しい。だから一見、出来すぎた恋も気にならない。そして気持ちを楽に出来るような本作の存在は貴重だ。社会に溢れるストレスも、この作品の中では皆無。恋を題材に一瞬でも夢見させてくれるのも嬉しい。マネーメイキングスター、白人ならトム・クルーズが筆頭だろうが、今や彼に近づく勢い。

 相手役は本作でも輝いているエヴァ・メンデス。まだまだブレイク一歩手前な気もするが、全米大ヒットのこの作品によって、大きなキャリアアップにつながるだろう。バーで読書メガネの出で立ちは、とてもセクシーだった。ただ今後はセクシー路線だけでなく、いろいろな彼女を見てみたい。別に筆者はコスプレ志望ではないが...ちなみにメガネフェチではある(笑)。

 黒人、ラテン美女、ダメなアメリカ男(失礼!)とひと昔前のハリウッド映画だと、メジャーヒットするような作品にはならなかったろう。アジアから大挙リメイク作や従来ならマイノリティ向けな作品が公開される中、本作のヒットはそんな潮流の変化も表している。劇中、アメリカを目指した移民たちも描かれ、そんなところもアメリカの人たちの琴線に触れる点かもしれない。伝統のアメリカンラブコメに新たな系譜を感じる作品だ。

hitch

|

« フォルダ保存と上書き保存(ボクもサクサカー) | トップページ | 夏休み映画、続編リメイク花盛り »

コメント

でんでんさん、はじめまして、こんにちは!
こちらこそ、コメント&トラバ、ありがとうございました。

原題と邦題の件ですが、僕的にはあんまりこだわりはないですね。
いっそのこと『HITCH-最後の恋のはじめ方』って並列でも、よかったんじゃないでしょうか。

本編もすばらしかったんですが、エンドロール前のガーデン・ウェディングでのダンス・シーンが、さらにしあわせな気分にさせてくれて、最後の最後までたのしめた映画でしたね。

では、また遊びきます!

投稿: M's Factory | 2005/06/14 08:33

M's Factoryさんこんにちは。

コメントありがとうございます。
音楽映画ではあるけども、ラストにダンスシーンが入って、
ちょっとだけミュージカルっぽくなりましたね。
ボクもああいう演出、好きです。

また遊びに来てくださいね(^^ゞ

投稿: でんでん | 2005/06/14 19:29

こんばんは。
私もメガネフェチだってことに、ここ数年、映画を見るようになってから気付きました(^^; 美人のメガネはいいっすね。

投稿: カヌ | 2005/07/20 23:45

カヌさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

とにかくあのメガネにそそられます(笑)。エヴァ・メンデスがこれまた似合って困りものです(^^ゞ

投稿: でんでん | 2005/07/21 06:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/4523638

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の恋のはじめ方」を観る:

» 最後の恋のはじめ方 [SIDEWALK TALK]
ウィル・スミス主演の映画『最後の恋のはじめ方』を観てきました。 ストーリーは、こんな感じです。 ニュ [続きを読む]

受信: 2005/06/13 09:53

» 映画「最後の恋のはじめ方」 [RAKUGAKI]
ラブコメディの名作がまた一つ増えたと思えるほどすらばしい作品でした。自分では欠点 [続きを読む]

受信: 2005/06/13 20:51

» 『最後の恋のはじめ方』を観て来ました!#85 [★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...]
原題 Hitch 観ればきっと幸せになれる ハートウォーミングな恋愛映画! 2005年6月4日全国ロードショー 2005年/アメリカ映画 コロンビア映画提供 シネスコサイズ/全6巻 上映時間:1時間58分/3,242m SDDS・SRD/字幕翻訳:戸田 奈津子 配給 ソニー・ピクチャーズエンターテインメント ★スタッフ★ 監督:アンディ・テナント 脚本:ケヴィン・ビッシュ 製作:ジェームズ・ラシター 製作:テディ・ジー 製作総指揮:マイケル・タドロス 製作... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 23:48

» 『最後の恋のはじめ方』 [京の昼寝〜♪]
 ひとつの出会いが、完璧な男を狂わせ始める。  61.5%=ニューヨークで暮らす独身女性の割合。   約240万人ものNY女性が結婚していないという事実。 ■監督 アンディ・テナント ■脚本 ケヴィン・ビッシュ ■キャスト ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ、マイケル・ラパポート、アダム・アーキン  ヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な人を手助けす... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 00:01

» 最後の恋のはじめ方 HITCH [ネタバレ映画館]
kossy:「面白い映画ですね」 隣の女性:「面白いわ〜」 kossy:「よかったら俺のブログに感想を書いてもらいませんか?」 隣の女性:「え?何?ブログって・・・」 kossy:「“ネタバレ映画館”とgoogleで検索すれば、すぐに見つかりますよ」 隣の女性:「googleって何?ネタバレ?ん?ん?」 kossy:「・・・・・・」  「妄想することからはじめるんだ」という台詞を聞いた途端、妄想してしまいました。�... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 10:48

» 最後の恋のはじめ方 Hitch [社長の本音日記]
海外出張の飛行機でもう一本観たのが「最後の恋のはじめ方」(原題 Hitch)です。 http://www.sonypictures.jp/movies/hitch/site/ いわゆるラブコメですが、これが意外とかなり面白かったです。 ウィル・スミスが演じるアレックス・ヒッチは口コミのみで営業している... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 11:26

» 最後の恋のはじめ方 [ミュージックファクトリーの活動日記]
 おはようございます。  maiです。  昨日、will smith主演の「最後の恋のはじめ方(アメリカ版タイトルhitch)」を見ました。 もともと、僕は、will smithも好きで、映画で初めて、本格的な恋愛映画に出ると聞いて、さっそく見に行きました。  見た感想なんだけど、ぶっちゃけモロおもしろかった。 コッテリとした、型にはまった恋愛映画ではなく、コメディー要素が混... [続きを読む]

受信: 2005/06/26 16:43

» 「最後の恋のはじめ方」 [the borderland]
前にも書いたけど、ウィル・スミスのアクション映画は俺ってカッコイイだろうってのが、至る所で見え隠れするので(ただの嫉妬?!)、食傷気味でした。ただラブコメディも何の違和感もなく演じれるのは懐深いですね。話はありがちだけど、楽しい気分にさせてくれる映画です。 ヒッチ(ウィル・スミス)は、好きな人に告白できない恋愛へたな人を助けるデート・ドクター。ある日、セレブのアレグラ(アンバー・ヴァレッタ)に恋するアルバート(ケヴィン・ジェームズ)から依頼を受けた。デブで要領が悪いアルバートだが、ヒッチのアド... [続きを読む]

受信: 2005/07/20 23:43

» ヒッチ・ 最後の恋のはじめ方 / Hitch [我想一個人映画美的女人blog]
6月に日本公開されたばかりの、ウィルスミス初のラブコメ タイトルはまたもや"名前" これじゃ、わかりにくいせいかサブタイトルに ”最後の恋のはじめ方” う〜ん。 カメラ目線で「女はアプローチ次第で必ずオトせる」なーんて語り始めたオープニングから、 ウィルスミスのラブコメ イケルかも!?と思わせたけど、それも最初だけ。 もうちょっと面白いかと思ったんだけどなー。 公開から早かっちり4ヶ月でDVD化したので速攻... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 12:18

» 最後の恋のはじめ方 [坂部千尋のsparrow diary]
■原題:HITCH  千尋もはじめたい{/kaeru_cry/}・・・じゃなくて{/hiyo_shock2/}残念ながら劇場で観れなかったのでDVDを借りて観ました{/hiyo_en2/}  話題のウィル・スミス初のロマンチックコメディ映画{/kirakira/}ウィルが戦わないでドキドキしたりオロオロしたりしてる、ウィルが銃じゃなくてカクテル持ってる{/kaeru_shock2/}そんな感じで新鮮でした{/kaeru_... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 07:49

» 最後の恋のはじめ方 [Rohi-ta_site.com]
DVDで、ウィル・スミス、エヴァ・メンデス、ケヴィン・ジェームズ、アンバー・ヴァレッタ 出演の「最後の恋のはじめ方」を観ました。 ●ストーリー ニューヨークに住むヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な男達に救いの手を差し伸べる「デート・ドクター」を職業にしている。 彼のモットーは、真剣な恋愛関係を望む者にしか力を貸さないということ、だからナンパ目的の男達はお断りである。 このスタイルで何人ものモテない男達に適切なアドバイスを与え、成功に導いて来たヒッチは、知る人ぞ知る恋愛のカ..... [続きを読む]

受信: 2005/10/31 08:06

» 「最後の恋のはじめ方 」お決まりだけどあなどれない [soramove]
「最後の恋のはじめ方 」★★★(DVD) ウィル・スミス、エヴァ・メンデス主演 恋愛コンサルタントの 主人公。 どうすれば本物の 「恋」が手に入るか 指南する。 バカバカしいような ワリと正統なアドバイスを 散りばめつつ、 ほとんどのシーンに 笑いを...... [続きを読む]

受信: 2005/12/13 07:40

« フォルダ保存と上書き保存(ボクもサクサカー) | トップページ | 夏休み映画、続編リメイク花盛り »