« 日本ダービー、ひさびさ東京競馬場へ行く | トップページ | 「ついてゆくわ」をかみしめる »

2005/05/31

世界禁煙デーに思う

 毎年5月31日は世界禁煙デーである。けっして世界喫煙デーではない。確かWHOが提唱ものだったと記憶している。そもそも母の日、父の日、敬老の日等があるが、特別に敬う日が必要か疑問ではある。同様にあらためて禁煙デーというお題目を掲げられても、賛同を受けられるかどうか。ボクは嫌煙者であるから、禁煙自体は賛成だ。しかし喫煙を否定するつもりも無い。喫煙者のおかげである程度の税収は見込めるわけだし、喫煙はある種ストレスのはけ口なので、現代社会では必要なものの一つでもある。

 しかし喫煙最大の問題は、周囲の人を巻き込む事だろう。例えばボクは競馬をする。競馬も一種のストレスのはけ口だ。負ければ本人はリスクを背負うし、場合によっては家族を巻き込む事もあり得る。ただ他人、第三者に影響を与える事はほとんど皆無に近い。だが喫煙の場合、周りは受動喫煙の被害を受ける。心ある愛煙家は「吸っていいですか?」と聞いてくるが、そんな人は百人、いや一万人に一人も満たないに違いない。

 やはり重要なのは禁煙する事でなく、喫煙マナーなのである。そして如何せん、喫煙とマナーの両立には至っていない。歩きタバコ、街中を灰皿の如く、灰や吸殻をポイ捨てして何処吹く風。喫煙に限らず、かつて日本人の美徳とされてきた道徳心、マナーは崩壊。先日、事務所の女の子(もちろん嫌煙者)が灰皿の吸殻を終業時に捨てている疑問を、同じ喫煙者の同僚に話したところ、「なんていい子なのか」と呆れた返答。自分たちが吸殻を処分しようなんて思わないらしい。ちなみ彼女が休むと翌日まで吸殻は一杯である。

 昨年JTこと日本たばこ産業は喫煙マナーキャンペーンを展開、テレビCM等もみられた。しかし今年に入り完全に沈黙、ブランドイメージCMに切り替えた。そこで「我々はタバコだけでなく、アグリ事業等、社会に貢献している」と謳っている。だいたいマナーキャンペーンなんぞは我慢比べ。如何に浸透するまで続けるかが勝負なのだ。しかしながらJTは一年少々と、早々に痺れを切らせた。よく喫煙者が「禁煙します」と始めても長続きしない事が多いが、JTの我慢もそんなレベルと大差ないようだ。

|

« 日本ダービー、ひさびさ東京競馬場へ行く | トップページ | 「ついてゆくわ」をかみしめる »

コメント

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
4月からはじめたばかりの初心者ですが、よろしくお願いします。

世界禁煙デーの記事、拝見しました。
>やはり重要なのは禁煙することではなく、喫煙マナーなのである
愛煙家の一人としても、まったく同感です。
吸う、吸わないは個人の自由でしょうが、他人に迷惑をかけることだけは、厳につつしむべきですね。

投稿: KUBO | 2005/06/01 18:44

こちらこそコメントありがとうございます。

愛煙家の方の貴重な意見をいただいて嬉しいです。
少しでもマナー改善が進む事を祈っています。
共存できる環境がどんどん普及すればいいですね。

投稿: でんでん | 2005/06/01 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/4358749

この記事へのトラックバック一覧です: 世界禁煙デーに思う:

« 日本ダービー、ひさびさ東京競馬場へ行く | トップページ | 「ついてゆくわ」をかみしめる »