« 巨人戦の見どころ | トップページ | 『みのもんた』だからダメなのか? »

2005/04/09

武豊TV!

 武豊は名実共に日本を代表するトップジョッキーである。その武がよく言葉にするのがシュミレーション。我々でいう展開予想だが、騎乗する立場となればスタート、コースや位置取り、さらに仕掛けどころに加え、相手との位置関係が加わり、とても難しいものとなる。しかしそのシュミレーションの中で、最高のパフォーマンスを引き出すのがプロ。そんな武豊が自らの騎乗を、各開催終了時に解説する番組が「武豊TV!」(CSフジテレビ739)である。

 競馬を少しでもやった事のある人ならば、如何に展開予想が大事か判るはずだ(なお競馬予想に展開予想を持ち込んだのは故・大川慶次郎氏と言われている)。たとえ強い馬だったとしても、抜け出そうにも馬群や前の馬に遮られたり、弱い馬でも人気馬が牽制し合って自滅する中、勝ち切る場合もある。しかし、そこに生まれる展開のアヤにはしっかりとした裏づけがある。正直、第一回の放送から早々、目から鱗が落ちた思いだ。

 競馬におけるスタートの大事さは言うまでも無い。しかしゲートを出た後の馬群の隊形が如何に形作られるか。しかもレースにおける主導権、勝ち馬の存在は何処にあるかを解説。もちろん出走馬のクセ、古馬と三才馬のレースにおける傾向の違いも興味深い。特に経験の浅い三才馬。逃げ馬が物見をしながら走れば、勝負どころの直線手前、内が空くとは理にかなった理論。これはチューリップ賞を勝った弟幸四郎の事を言ったものだが、勝っても負けてもそこから学ぶ点があるとのは、トップジョッキーであろうと変わらぬ言葉である。

 ちなみに"友人"と公言する見栄晴との掛け合いトークが軸。同じフジテレビ739の「競馬予想TV!」の姉妹番組でもある。見栄晴自身も競馬に関する見識が高く、展開、馬場の程度と武に鋭く質問。今後も"友人"らしい見栄晴のツッコミに期待したい。次回はアドマイヤマックスで外枠不利を覆した高松宮記念、さらに今週の桜花賞、来週の皐月賞と有力馬の解説が目白押し。競馬ファン必見、CSを見る事ができる環境ならば、是非見て欲しい番組だ。

050409

|

« 巨人戦の見どころ | トップページ | 『みのもんた』だからダメなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/3629828

この記事へのトラックバック一覧です: 武豊TV!:

» 【車椅子の競馬魔王】見栄晴を斬る! [車椅子の競馬魔王]
欽ちゃんのどこまでやるの?で一躍有名になった「見栄晴」 たしかはじめのころは、本 [続きを読む]

受信: 2005/04/14 11:53

» たくみよアンタ、そんなに予想に自信があるのか [ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)]
 今日の秋華賞はエアメサイアが優勝。直線、圧倒的な一番人気ラインクラフトを交わし [続きを読む]

受信: 2005/10/17 08:25

« 巨人戦の見どころ | トップページ | 『みのもんた』だからダメなのか? »