« 「ウイルスバスター」にしてやられた一日 | トップページ | 『俺大好き』な人々 »

2005/04/24

ラーメン・サーカス

 ウチの近くに全国行脚中の九州ラーメン屋さんがやって来た。実は二週前から来ていたのは知っていたが、様子を伺っていた次第。先々週は始まったばかり、先週はノラ・ジョーンズで上京と食べるタイミングを逃していたが、今週こそは...と食べに行ってみた。まず驚かされたのはお客。ひっきり無しにやって来る。駐車場は空きはあるが、ほぼ満杯でお客の一部は、横に隣接するバーガー屋さんにも集まってくる。客は若者と家族客がメインだ。

 入り口横には雑誌の紹介記事が目立つ。結構多くの雑誌で取り上げられているようだ。ここは九一麺という博多長浜ラーメンをメインにしたお店。ただしテント型の店舗を用い、約三ヶ月興行したら次の場所へ移動するサーカス型のお店である。まさにF1サーカスならぬ、ラーメンサーカス。入ってみると店の規模はお客が約20人くらい入れればいいほう。ただ回転率は家族客が多い場合、普通のお客の倍くらい、お店に滞在してしまうので効率は必ずしもよくない。実際、相席を用いれば、もっと効率よくお客が捌けるのにと、はたから見ていて思ったものだが、結果外で20分ほど待たされてしまった。お年寄りや家族連れにはつらい対応である。

 やっと席が空くと店の中に通される。オーダーはこの時、初めて聞かれるが、待っている間に決めない客も多く、効率を悪くしている要因の一つ。回転率ばかり気になるが、実際味のほうはどうか。とりあえず博多ラーメンと餃子を一皿、オーダーした。待って約5分ほどで博多ラーメンがやって来た。オーソドックス、細麺と豚骨スープにチャーシューが一枚。やっぱり豚骨ラーメンには紅ショウガでしょう。さらに辛味香菜を加え、かなりスパイシーなトッピングを加えた。

 香菜を加えて香ばしくなったスープ。スルスルと麺をすする。チャーシューもいい感じで、どんどんお腹の中に収まっていった。餃子はシンプルに麺類を引き立てる感じの味。餃子屋さんでない限り、あまり目立った味では困る。そういう意味からもバランスはいい。価格は博多ラーメンが600円、餃子が400円と安い組み合わせではないが、それでも目と鼻の先で食べられるのは嬉しい。とりあえずベーシックな味で試してみたが、この後は豚骨醤油ラーメンや長崎ちゃんぽん、皿うどんと試してみたい。

050424


|

« 「ウイルスバスター」にしてやられた一日 | トップページ | 『俺大好き』な人々 »

コメント

コメントありがとうございました
きまぐれでブログ開設してみました。
初心者なのでまたよろしくご指導下さいませ
博多ラーメンいいですね。
中洲で飲んで川沿いの屋台でラーメンこれが最高!
何度か中洲へも足を運びました
また行きた〜い!!

投稿: Macなホームシアター | 2005/04/25 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/3843568

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン・サーカス:

« 「ウイルスバスター」にしてやられた一日 | トップページ | 『俺大好き』な人々 »