« テレビのチカラ | トップページ | ここまでの24(TWENTY FOUR) season1完走 & season2突入へ »

2005/03/26

惨敗、コスモバルクの行方

 今日は少々お出掛けをしてから、G2日経賞を馬券は買わずにテレビ観戦、気になっていたコスモバルクが出走するからだ。昨年、地方馬ながらクラシックは皆勤賞で参戦し、さらにジャパンカップを二着と好走。さすがに有馬記念は御釣りが残らなかったが、今もファンの多い馬だ。そんなコスモバルクはホッカイドウ競馬のトップジョッキーの一人、千葉津代士を鞍上に迎えた。これまで中央参戦に関し、バルクの背中は五十嵐冬樹が任されてきたが、交替した形。中央で人気馬の乗り替わりは少なくない。だがバルクとなれば、話は違う。それだけに今年初戦が気になっていた。

 そんな胸騒ぎは現実となる。本馬場入場、キャンターに返すと突然イレ込むようになっていた。さらにレース発馬直後も止まらない。常に頭を振るバルク。これほどひどい姿は見た事がない。お手代わりの上、千葉はバルクを気持良く走らせる事ができなかった。たぶん五十嵐ならとりあえず行かせて、気持をなだめさせただろうが、千葉は馬群に入れて折り合わせようと試みている。普通の馬ならこれでいいのだが、バルクは違う。だからこそなかなか結果に結びついてこなかったのだ。今回の日経賞、道中のスタミナをロスし、伸びを欠いて六着に敗れた。

 コスモバルクの歯車が狂い始めたのは、前走の有馬記念からである。オーナーサイドがゼンノロブロイをマークするよう五十嵐騎手に指示。五十嵐は敢えて行く形を採らず、道中は抑えてレースした。ただ客観的に見ても、そんな指示が適当だったとは思えない。そして今回の乗り替わり。しかも戦前、天皇賞・春の出走権を得られなければ、中央入りが宣言されていた。すなわち今回の敗戦でバルクは田部調教師の手を離れる事になる。経済動物たるサラブレッドゆえ、今回の決断はやむを得ないと思う。

 しかしマイネルの岡田総帥の執る闇雲な姿勢はどうかと思う。自分の馬と割り切るなら、有馬記念出走は余計に思えるし、距離適性の限界を露呈した菊花賞を考えれば、春の天皇賞よりも宝塚記念を重視したローテーションが良かろう。それなのにファンの馬だからと有馬記念を走らせる一方、今回のように中央転きゅうを口にする。ファンは地方馬だからと声援を送っているのに、その心理は理解しない。しかもどっちつかずの姿勢は、せっかく能力のある馬を苦しめる。ただどんな立場であれ、強い競馬をすればファンは自然とついてくるのだから。

|

« テレビのチカラ | トップページ | ここまでの24(TWENTY FOUR) season1完走 & season2突入へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/3447387

この記事へのトラックバック一覧です: 惨敗、コスモバルクの行方:

» バルク_| ̄|○ [失われた時を求めて]
うう~、バルク_| ̄|○、そしてオペラシチーも。。。、まぁコスモバルクはしゃぁな [続きを読む]

受信: 2005/03/26 19:05

» コスモバルクは成長ゼロ 岡田総帥も反省ゼロ [競馬ブログ 馬山房 馬券生活者への道]
日経賞のコスモバルクは案の定、抑えていってかかって暴走。いつもの繰り返し、ダメだなこりゃ。僕の馬券もダメだなこりゃ( ̄~ ̄;)今日の馬券成績投票 19,800払戻 0収支 -19,800 [続きを読む]

受信: 2005/03/26 19:09

» 鬼馬「日経賞、毎日杯」結果 [SEABLOGスポーツ(感想版)]
 日経賞のコスモバルクは終始行きたがっていたようですが、あんな結果になるのなら気持ちよく行かせてしまったらどうなんでしょうね。でもこれで乗せる騎手がいなくなりま... [続きを読む]

受信: 2005/03/26 22:28

» 「我慢の限界!」 日経賞を振り返る [最高10点,穴だらけ]
2004年クラシックロードを大いに盛り上げた道営競馬所属のコスモバルク。2005年最初のレースとなった日経賞は,鞍上に道営競馬のトップジョッキー・千葉津代士騎手... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 22:38

» 気負い負けの日経賞 [Sense of Horse Life]
コスモバルクと五十嵐騎手 有馬記念 2004 写真提供:nikkansports.com コスモバルク、 今日のメンバーの中では、実... [続きを読む]

受信: 2005/03/28 23:43

« テレビのチカラ | トップページ | ここまでの24(TWENTY FOUR) season1完走 & season2突入へ »