« 「パッチギ!」の逆襲 | トップページ | 遥(はるか)は遥でも永源遥のほうだ! »

2005/02/13

祝七年目突入

 二月十三日午前二時を回り、ついにこのサイトは七年目に突入しました。これもこのサイトを見ていただいている皆さまのおかげです。とりあえず開設した理由って何をしていたかというと、何かを作りたい、趣味を生かしたホームページという事でこのサイトを立ち上げました。現在はこちらのトップページ、そして流行のブログ版と併用。ただメインはホームページのほうですので、興味のある方は是非ご覧下さいね。

...という宣伝はここまでにして、七年前と筆者の環境はどう変わったか。まずオーディオ関係。実は全く変わっていません。アンプも流行のデジタルAVアンプではないし、スピーカーもスーパースワンによるマトリクス再生のまま。ただビジュアルはDVDプレーヤーとプロジェクターが本格グレードアップ。当時はまだスクイーズ、プログレ再生もマニア向け。初めて映した時の画は忘れません。ただ今はそれらを凌駕するデジタル放送が開始。ただBSデジタルには対応していないし、地上デジタルは蚊帳の外。その対応がこれからの課題だと思います。

 パソコンはちょうど今のDELLに買い換えた直後。この買い替えの頃がホームページ立ち上げの動機とつながります。ただ文章を書く手段は変わりました。当初はDELLだけでしたが、やがてソニーのバイオC1が加わり、そして今では外出先ではCLIEを使っています。テキストエディタやメモ帳で文章を作り、写真などをDELLでIBMホームページビルダーで編集。オーソドックスですけど、ネタが形になった時の嬉しさは一番です。今ではブログ版がありますが、それこそホームページビルダー無しで形にできますからね。本当に時代は変わりました。

 もっとも立ち上げ当初から変わらないのは、競馬くらいですかね。予想する事、当たらない事、反省する事など、全くと言っていいほどスタイルは変わりません。ただその最大の要因は古馬任三郎(ふるうまにんざぶろう)というペンネームが気に入っている事でしょう。今までいろいろ変えようと考えはしたのですが、このペンネームである以上、奇をてらった、逸脱する予想もできないですから。そもそも自分自身も予想できないことばかり。果たしてこれから何が待っていることやら。

|

« 「パッチギ!」の逆襲 | トップページ | 遥(はるか)は遥でも永源遥のほうだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2911988

この記事へのトラックバック一覧です: 祝七年目突入:

« 「パッチギ!」の逆襲 | トップページ | 遥(はるか)は遥でも永源遥のほうだ! »