« ロボットバトルブーム | トップページ | 祝七年目突入 »

2005/02/10

「パッチギ!」の逆襲

 昨日の話題はサッカーワールドカップ、アジア予選B組「日本対北朝鮮」。やっぱりこの話題を扱わずにはいられないだろう。前半早々、フリーキックから小笠原のシュートで先制。そこから前半途中まで押していた日本代表だったが、徐々に北朝鮮代表がその底力を発揮。一喜一憂、いやほぼ北朝鮮に押された形で前半を終えた。そして後半16分、興奮を沈黙に変える、南成哲の豪快なミドルシュートが日本ゴールを揺らした。そこからの日本代表の綱渡りは後半45分まで続き結果はご存知、ロスタイムに入って大黒の代表初ゴールで勝ちを拾った。

 だがそんな『日本対北朝鮮』ときて、つい「パッチギ!」を思い出してしまった。劇中、主人公の通う高校は朝鮮学校の生徒がサッカーで親善を図ろうとするが、そんな彼らを朝鮮学校の番長が喧嘩プレイで参加。タイトル「パッチギ!」(『頭突き』の意味)の通り、ラフファイトで親善試合を台無しにしてしまう。その後、主人公が偶然出会った楽曲『イムジン河』をきっかけに両者は雪解けを迎えるが、ある事件を発端に再び歯車は狂いだす...

 作品中、個人のぶつかり合いもあるが、背景には国同士のガチンコ勝負も色濃く残る。この作品が公開時、今回のアジア予選の直前とタイムリーな印象はあったが、製作時期を考えれば偶然だったわけだし、それは本意であるまい。映画では異文化交流の中、理解する事の重要さを描いている。正直、理解=納得という事にはならないが、今回の埼玉スタジアムの戦後、何もなかったのは幸いだったと思う。

 また軍人チームと言われた北朝鮮代表だったが、意外に大人しかった印象もあった。もちろん時に厳しいマークはあったが、戦前の噂の域には無かった。むしろ好機にカウンターを仕掛け、日本代表を翻弄した実力は侮れない。立場が逆転した時、しかも次回の対戦では圧倒的なアウェー状態で迎えることになる。中継はされるだろうが、どんな風景が待っているのだろうか?そこには「パッチギ!」の逆襲が待っている。

|

« ロボットバトルブーム | トップページ | 祝七年目突入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2876558

この記事へのトラックバック一覧です: 「パッチギ!」の逆襲:

« ロボットバトルブーム | トップページ | 祝七年目突入 »