« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | ピントが甘い... »

2005/01/03

PSP(プレイステーションポータブル)で遊んでみる

 今日は午前中、会社でお仕事。お仕事というのはやや大げさだが、見積もりのための現場調査をメーカーに依頼。その説明とお話を聞くための出社だった。何せこういう調査は会社が止まっている時しかできないため、お正月のチャンス、個人的にはアンラッキーなタイミングという事。ただこういう日にも自分以外、数人が出社している。街に出れば、お正月を楽しむ人たちを迎えるお仕事中の方も多い。もし今日、お仕事されている方がこのページを見てましたら、心から「ご苦労さま」です。

 せっかく日記を書いているので、さっそくPSP(プレイステーションポータブル)について触れたい。プレイしたソフトは「リッジレーサーズ」「みんなのGOLFポータブル」「麻雀格闘倶楽部」の三つ。メインでプレイしているのは「みんなのGOLFポータブル」。わりと短時間で1コースまわれるためだ。ただ「リッジレーサーズ」は時間限定で走るコースを選んでくれる機能があったり、「麻雀格闘倶楽部」だって途中のサスペンドは容易。外でプレイしようと思っても、途中で中断、後ろ髪を引かれるような事が多いからだ。その点、PSP用のソフトはそうした状況を想定している。

 操作感もPS2なんら変わらない。ただ重さがあるため、長時間のプレイは向かない気もする。「みんなのGOLFポータブル」3ラウンド連続プレイは正直疲れた。疲れたのは画面の小ささにもあると思う。ゲームボーイアドバンスでプレイした時、意外に表示が雑だなぁと思った事があったが、今考えてみれば意味があったのだ。PSPの画面は確かに大きい。ただ長時間プレイを考えた場合につらい。また精細さが諸刃となり、情報量の多さが仇となっている面がある。ただ「リッジレーサーズ」のドライブ感はPS2に負けない。車速感に体が巻き込まれそうだ。

 PSPは単にゲームを外でするだけのものでなく、テレビをゲームから解放した。意外にテレビを見ながらPSPをプレイする人も少なくないと思う。昨日の筆者はそうだった。しかも何かをする合間をPSPとの時間が埋めている。またゲーム側もこまめにプレイする事を前提に、キャラの成長やイベントを用意、ゲームをし続ける事を促している。ただPSPをプレイしてゲームだけに終わらせるのはもったいないと痛感した。第6回ダイナミック大賞のコラムでも触れたが、専用のテレビチューナーが欲しい。確か地上デジタル受信を目的にメモリースティックサイズの技術報告があったはず。またUSBがあるのだから、他メディアメモリーカードのファイル参照も実現して欲しい。皆がソニーのデジカメを使用しているわけではない。筆者はソニーのデジカメを持っているが、デュオサイズではないので直接読み込みができないのが難点だからだ。そしてもちろん動画ファイル対応種の拡大も...とにかくPSPの今後の展開に期待である。

050103

追伸.
競馬予想でおなじみのモッチーより、紅白歌合戦の勝敗のメールをいただきました。
皆さん、勝ったのは紅組です。今夜はゆっくり眠れます(笑)。

|

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | ピントが甘い... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2458540

この記事へのトラックバック一覧です: PSP(プレイステーションポータブル)で遊んでみる:

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | ピントが甘い... »