« ちなみに今年の年賀状は...? | トップページ | 劇場版「鉄人28号」 »

2005/01/15

これが企業の勢いというヤツなのか

 Macworld ExpoはMacユーザーだけのものではない。まずスティーブ・ジョブスのキーノートスピーチ(基調講演)はおそらく世界最高のプレゼンで観ていて楽しい。カジュアルなジーパン姿、そして一種ライブのような空間を演出。スペック比較はお約束、魅せる製品群もさることながら、ジョブス自身も魅せるプレゼンを心掛けている。一方、日本の企業が画一的、笑い一つもなく、パワーポイントをバックに生真面目にコメントする姿は正直しょぼい。

 今やアップルの屋台骨を支えるiPod。そんな中、iPod shuffleが発表された。iPodシリーズのシンプルさに輪を掛けた...あれっディスプレイがない!iPodによる再生のキモは(スマート)プレイリストにシャッフル再生。筆者も大抵はその再生しか行わない。収録容量が多くなれば、意外にアルバム再生ってしないものだ。『shuffle』の名は容量の少なさとiPodの利点を併せ持っている。とはいえディスプレイがないのは、かなりの割り切りである。iPod未経験者には面白いが、現有iPodユーザーには微妙な存在。やはり曲名は表示されたほうが欲しい。むしろ現有ユーザーを対象とした液晶表示付のリモコンが出てもいい。そしてiPodユーザーにとって懸案のギャップレス再生は最優先である。

 やはり筆者が惹かれたのはMac mini。今更Macというのも変だが、その価格とパフォーマンス。Macユーザーには物足らなくとも、Windowsユーザーからは魅力的に映る。そもそもOS戦争は終わりを告げ、全てのパソコンや家電はネットに繋がり、データのやり取りは随分と楽になった。それだけでなく映像や動画に特化したマシンが欲しい。元々Macはその意味で秀でた存在ではあったが、やはり価格と置き場所という高い壁が立ちはだかった。しかしMac miniはディスプレイやキーボードを省いて基本機能を集約、Windowsのものと共用ができる。入門機としては必要充分な存在だと思う。

 一年で世界各国を回るMacworld Expoは毎回、何かしらのビックリ箱があるのだが、そんな中今回初めてMacが欲しいと感じてしまった。かつてのPower MacやG4 CubeもあくまでMacと割り切ったが、Mac miniは筆者の心の壁を難なく崩した。いやいやWindowsとMacの壁を崩したiPodから、PC側へそのコンセプトのフィードバックは見事。そしてタイミング、ネーミングも絶妙。これが企業の勢いというヤツなのか。

050115

|

« ちなみに今年の年賀状は...? | トップページ | 劇場版「鉄人28号」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2584605

この記事へのトラックバック一覧です: これが企業の勢いというヤツなのか:

» Mac miniっていい?? [MacでDreamweaver&FLASHデザイン体験記 ~html+スタイルシート/CSSでホームページ制作]
Mac miniが発表された。値段だけ見るとおおっ安いって思ったが、キーボードとマウスが無いんではeMac買った方が絶対お得でしょ?拡張性が無いのでカスタマイズ... [続きを読む]

受信: 2005/01/18 20:00

« ちなみに今年の年賀状は...? | トップページ | 劇場版「鉄人28号」 »