« 年末の挨拶「今年もありがとうございました」 | トップページ | PSP(プレイステーションポータブル)で遊んでみる »

2005/01/01

新年あけましておめでとうございます

kingasinnen

 まず新年の挨拶。皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 さて大晦日も例に漏れず、会社に出勤してました。午前中だけでしたが、極寒に震え上がり、さすが富士のふもとはアカンなぁと思った次第です。仕事帰りにはスマル亭で年越しそばを食べていき、両親のためにしらす天とそばつゆのセットを買っていきました。今年の家での年越しそば、ひと味違ったようです。

 皆さんは大晦日、どんなテレビを見てましたか?と初詣に出掛けた方もいるかもしれませんが、まぁそれはそれで。今年も昨年同様、格闘技対紅白の様相でしたが、そこに六星占術の細木先生が乱入。ただ面白さは圧倒的に「PRIDE」「K-1 Dynamite!!」でしたね。もちろん凡戦も多かったのですが、一番目を見張ったのは「K-1 Dynamite!!」の魔裟斗vs山本"KID"徳郁。重量級の戦いが多かった中でそのスピード感、テンポ、そして鬼気迫る迫力が凄かった。ローブローによる中断が本当に痛かったが、再対決を観たいと思わせる内容でした。

 そして"からくり"ボビーが喧嘩屋アビディと対決。ボビーはかなり優勢的に試合を進め、結果は判定勝ちだったが、その点に異論は無い。いやもしかしたらKOもあったのかもと思わせる内容であった。試合中興奮し続け、そして感慨に涙するボビー。そこに「からくりテレビ」でのボケは微塵も無い。フィジカル面でそのポテンシャルを披露したが、今後も参戦をし続けるのだろうか。それに選手紹介の出身スポーツの項が"タレント"となっていたのには笑ってしまった。

 「K-1」ばかりが続いてしまったが、「PRIDE」も負けていない。吉田、瀧本の柔道出身組の満身創痍の戦い。ヒョードルvsノゲイラの頂上対決など等。ただ同じ時間にぶつけてくるだけにチャンネルを変えながら見逃してしまった点も多い。また「PRIDE」は生放送だっただけに間を埋める過去の試合のVTRも誤算。時々、いつの試合を観てるか判らなくなってしまった。

 ただ締めは紅白歌合戦の松平健「マツケンサンバII」。腰元ダンサーズの数は増大、NHKホールのステージをあの踊り、あのリズムで盛り上がる。番組上、そしてステージ上も唯一無二の異空間。いくぶん緊張感のあったマツケンであったが、2004年の紅白の目玉となれば彼無くして考えられなかった。ただ正直、それ以外、馴れ合いの紅白はつまらない。年越しのカウントダウンもせず、31日のうちに寝てしまった。ちなみに紅白、紅組と白組どっちが勝ったのですか?(笑)

|

« 年末の挨拶「今年もありがとうございました」 | トップページ | PSP(プレイステーションポータブル)で遊んでみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2434769

この記事へのトラックバック一覧です: 新年あけましておめでとうございます:

« 年末の挨拶「今年もありがとうございました」 | トップページ | PSP(プレイステーションポータブル)で遊んでみる »