« このドラマにハマっているが... | トップページ | ソニーのケツの穴 »

2004/12/13

PSP発売翌日談

 お昼にPlayStation.comを覗いてみたが、第二回ネット販売もアッと言う間に完売。鳴り物入りで登場したプレイステーションポータブル(以下PSP)。昨日12日に販売されたPSPは今やマスコミの寵児、絶好調といえよう。初日の出荷台数は20万台。SCEの久夛良木氏はさっそく増産のゴーサインを出したそうだが、お店の品薄状態は当分続く状況。年内50万台出荷が目標との事だが、まだまだ我々の手元に届くのは遠くなりそうだ。

 12日を前にPSP及びPSP用のソフトのCMが大量に流されていたが、どれも映像のクオリティや無線LANを介した対戦に重きを置かれたもの。ただ中でも麻雀格闘倶楽部のCMは面白かった。電車内での見知らぬ者同士の対戦。これは今のインターネットを介したゲームと同じ背景を持つが、電車の中という今までに無い環境がミソ。今までのゲームボーイでは味わえなかった世界。一方、先行したライバルのニンテンドーDSはスタイラスを使った操作をアピール。ただ新しいとはいえ、PDAではスタイラス使用が当たり前であり、筆者からみれば物足りなさはある。ただスタイラスを一般にアピールするには充分。もちろんニンテンドーDSにも無線LANはあるのだが、それをあえてCMでアピールしないのは別に秘策があるのだろうか。

 PS2発売後、右肩上がりだったゲーム業界も今や下火。ゲーム離れが叫ばれて始めてからその起爆剤にPSPは企画された。それに先んじたゲームボーイはあくまでゲーム。しかもゲームは子供のもの...という強みがポケモンを生んだ。だが果たしてPSPは誰のものだろうと考えてみると、その立場は微妙だ。それが先のPSP関係のCMに表われている。リッジレーサーズにしろ、みんなのGOLFにしろ、そして麻雀格闘倶楽部とみなCMに子供は登場しない。すなわち始めから子供のユーザーは眼中に無いのだ。

 PSPはニンテンドーDSとの販売価格競争に勝ったが、出荷台数は劣る。むしろ出荷台数を必要以上に上げず、子供たちの飢餓感を煽っている感が強い。いやいやゲームに飛びつきたい大人の気持を煽っている。そもそも財布の緩いのは大人、大人は自分に甘い。そもそもゲームを始めとするおもちゃ業界の目は、遠の昔に子供でなく大人がターゲット。だが大人相手するには大きな盲点がある。あくまで社会人は社会人。いつゲームをするのか?何につけ、人は1日24時間しか与えられていないのだから。

|

« このドラマにハマっているが... | トップページ | ソニーのケツの穴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2258842

この記事へのトラックバック一覧です: PSP発売翌日談:

« このドラマにハマっているが... | トップページ | ソニーのケツの穴 »