« 年度代表馬の行方 | トップページ | イブの夜に「ラストクリスマス」最終回を観る »

2004/12/26

有馬記念、結果は積極性の差

 今日は中山競馬場で秋競馬のフィナーレ、有馬記念が行われた。今回の注目点は二つ。一つはゼンノロブロイが秋のGI三連勝を果たし、そのボーナス二億円を手にするか、もう一つは地方ホッカイドウ競馬所属のコスモバルクが、何処まで頑張れるかという事だった。結果はご存知の通り、ゼンノロブロイが優勝し、その賞金に加えボーナスまで獲得した。そしてもう一方の雄コスモバルクはデビュー以来、最悪の11着でゴール。明暗を分ける事になった。両者の違いはその積極性だったと思う。

 単なるラッパだったのか、戦前のコスモバルク陣営、いやオーナーサイドの意向で「ロブロイマークで控えて競馬せよ」と指示が飛んでいた。しかし鞍上の五十嵐冬樹にとってバルクは、馬任せに走らせる事こそが最善と考えていた。確かに引っ掛かったダービー以外はその戦法で結果を得ているわけで、今回の指示はレースをする上で相当に悩ませたのだと思う。そして今日のレースぶり。もちろん馬の仕上がりピークは過ぎている上、お釣りが無かった事もあり得る。ただ何故ロブロイマークなのだろう?

 まずロブロイとバルクの瞬発力、切れ味には大きな違いがある。少なくともロブロイの瞬発力は古馬でも最強であり、そんな馬より後ろで競馬をする事は負けを認める事に等しい。しかも今回のロブロイは完全にタップダンスシチーをマークする形で、終始二番手につけていた。しかも二着したのはタップだった事を考えると、積極的にレースを進めた事がロブロイ最大の勝因であった。ペリエはバルクが完調であろうとなかろうと、二番手の競馬を想定していたのだ。

 競馬にとって持ち味を生かす事が大事。先行差しを藤澤きゅう舎が徹底させるのはそのため。彼らにとっての持ち味、勝利の方程式だからだ。バルクの持ち味は何か?彼はマーク屋ではない。やはりバルクのように並んで負けない馬こそ前で競馬をさせるべきである。結果的には、陣営にとって後悔の残る競馬だったのではないだろうか。だが最も悔しかったのは、判っていながら苦渋を強いられた五十嵐騎手なのかもしれないが。

 ちなみに馬券は当たりました。馬連、その上三連単も...と買ったつもりがPATでタップダンスシチーの馬番のチェックをし忘れ、初の三連単的中を逃してしまいました。まぁそういう日もありますよ。馬券は馬連で充分プラスですから平気です。とはいえ、万馬券だったしやっぱ当てておきたかったけどね。ああっ、逃した魚はデカかった(泣)

|

« 年度代表馬の行方 | トップページ | イブの夜に「ラストクリスマス」最終回を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2381365

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念、結果は積極性の差:

« 年度代表馬の行方 | トップページ | イブの夜に「ラストクリスマス」最終回を観る »