« ジャパンカップ、ジャパンカップダート同日開催に思う | トップページ | 綾戸智絵コンサートin三島 »

2004/11/29

競馬場は楽しかった...あくまで昔の話だけれど

 昨日はジャパンカップ、ジャパンカップダートと二つのGI、競馬ファンとして満喫した一日だった。しかしそのダメージは大きく、今日有休をとって正解であった。やはり静岡からの遠征は相当キツく、前日入りであったにも関わらず、今朝は体が動かない状態だった。そもそも昨日のうちに観戦コラムを書き終えるつもりが、今日のお昼前まで掛かってしまう始末。もちろん昨日の録ってあったスーパー競馬を観ながらだったゆえだが、ただ二レースとも当てていれば気分もいいだろうが、ひとレースだけで嬉しさ半減。外れたレースを評価するのはつらいものである。

 競馬を始めた頃、府中のGIといえばこちらから毎週遠征していたのを思い出す。ダービーは1994年のウイニングチケット以降毎回参加、皆勤賞ものである。そしてそこから数年、府中のGIはほぼ必ず出掛けていった。安田記念、オークス...あの頃は疲れ知らず、翌日は勝とうが負けようが、次のGIへの渇欲に溢れていた。だがそれが一つ、また一つと減っていき、今ではダービー、秋の天皇賞、ジャパンカップと三レース行く程度になってしまっている。それにはいくつかの理由があった。

 確かに競馬場でのライブ感は捨てがたい。目の前で馬が走る、そして当たった時の喜び。競馬の醍醐味がそこにあるからだ。しかし競馬場で予想する楽しさは消え失せようとしている。昔はひとレース、ひとレースの間に次のレースを予想する楽しさがあった。仲間と一緒であれば歓談し、一人であればパドックに予想にと集中する。しかし他場の特別レースの馬券が買えるようになり、忙しさは増し始めた。そして他場の全レース、ワイド、三連複、そして射幸心を加速させる三連単と競馬場はオッズの坩堝と化し、情報の波に巻き込まれていく。そして人の多さと相まって、楽しさよりも息苦しさばかりが目立っている。

 馬券の売り上げよりも、如何にリピーターを増やす事ではないか。まず難易度の高い馬券ばかり増やす事は適切といえない。二頭当てるので精一杯なのに、今やJRAは三頭、しかも着順通り当てる三連単を売る事に躍起になっている。筆者は馬連で万馬券を取った事が競馬を始めた大きな理由。むしろシンプルイズベスト、単勝や枠連、馬連を見直すいい時期かもしれない。そして競馬場。一日11レースでも十分、他場の馬券なんていらない。もっとのんびり馬券が買えるようにして欲しい。

 なお一般観客席にも禁煙席を作って欲しい。昨日は一日中、観客席で嫌な思いをした。嫌煙者にもやさしい競馬場であって欲しい。昨日の全レース終了後、足元には新聞やマークカードのクズと吸殻で溢れていた。041129.jpg
        昨日(11月28日)の東京競馬場

|

« ジャパンカップ、ジャパンカップダート同日開催に思う | トップページ | 綾戸智絵コンサートin三島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/2102263

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬場は楽しかった...あくまで昔の話だけれど:

« ジャパンカップ、ジャパンカップダート同日開催に思う | トップページ | 綾戸智絵コンサートin三島 »