« スーパーマン | トップページ | I do not want this work to ration in the world."Devilman the movie" »

2004/10/13

余震はつづく...

 球界同時多発クーデター勃発。かねてから報道されてきたが、とうとうダイエー本社は産業再生機構を活用と決定、あくまで球団とするホークスに対しても楽観できない状況となった。ホークスはライオンズとのプレーオフの死闘を追え、リーグ優勝を逃した後の追い打ち。昨年の日本一、自他共に認めるパリーグのトップチームであろうとも、否を無く国のメスが入ろうとしている。

 そしてそれを横目で見ていたかのように西武の堤オーナーが辞任を発表。名目は保有株比率の誤った報告があったとするが、この出来事はライオンズが堤王国の手から離れる予兆の感すらある。そもそも1リーグ化に関し、パリーグを先導してきたのはかくいう堤氏だったからだ。シナリオ通りにいかなかった無念からか、堤氏はサジを投げたといっていい。

 オリックスと近鉄が一つになり、選手会ストが勃発。一旦、歯止めのかかった1リーグ化もホークス、ライオンズに関する今後次第では急展開もあり得る。確かに新規参入を前提にライブドア、楽天が天秤にかかっているが、それとて絶対とはいえない。いまなお1リーグ化の余震は続いている。そしてこの状況に一番ほくそえんでいるのはナベツネ氏のような気がする。

そんな中、海の向こうではリーグ優勝決定戦、ヤンキース栄光の4番松井の猛打が爆発、乱打戦を制した。しっかりとしたマネージメント下で球団問題のないゆえ、だからこそプレーも清々しい。一方でプレーオフ、せっかく力のぶつかり合いを見せてくれたライオンズだったが、果たしてプレーに集中できるだろうか。彼らにとって悩みの隠せない日本シリーズになりそうだ。

|

« スーパーマン | トップページ | I do not want this work to ration in the world."Devilman the movie" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58265/1672751

この記事へのトラックバック一覧です: 余震はつづく...:

« スーパーマン | トップページ | I do not want this work to ration in the world."Devilman the movie" »