2017/02/18

「サバイバルファミリー」を観る

今日は一人で矢口史靖監督最新作「サバイバルファミリー」を観てきた。矢口監督といえば劇場で観た「ウォーターボーイズ」に感動、佳作も多くハマる作品が多い。これまでも着眼点、プロットの面白さが光る。そして本作では未曾有の状況下で助け合い生きていく家族の姿を描く。

現代の東京。ある朝、起こった停電に戸惑う鈴木家。車も動かず、交通機関は麻痺。会社、学校に向かうも社会は機能していなかった。数日後、衣食住に限界を感じた彼らは父義之の得た情報から家族4人、自転車で大阪へ向かうのだった。

3.11から6年。あの時の教訓を忘れ、あの時以上に様々な物、情報への依存が進んだ気がする。まさに冒頭の鈴木家の描写がそれを物語る。一見満たされた生活だが、会社や学校、社会に忙殺され、家族は繋がりを失いつつある。「サバイバルファミリー」というタイトル、矢口監督作らしいコメディながら、生きていくための力強さ、家族の再生がテーマである。

そんな鈴木家の人々に感情移入しつつ、今我が身に起きたらと鑑賞前後に色々と考えさせられる。それも観る人の立場、環境によって異なるだろう。またこのプロットでハリウッド映画ならすぐに暴動となるが、本作ではそうならない。

単にパニックへ陥らず、日本人同士ならでは様々な助け合いもある。3.11を受けた日本映画の回答だ。矢口監督らしい鈴木家やその他の人々の描き方。大地康雄演じる田中さんとの出会いもいい。本作は同時に3.11以降の問題提起でもある。

なおこの作品を観る際は飲食はしない方がいい。BGMはここぞというところまで皆無。音響的には停電前後の環境音の違いも聴きどころ。鑑賞前に必ずケータイ、スマホの電源は切りましょう、我が経験を踏まえて。また停電下の描写なのに、テレビで観るとこの作品のありがたみは半減するだろう。是非本作は劇場で観られたし。

170218


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

「山田孝之のカンヌ映画祭」を見始める

170212

金曜深夜のテレビ東京1月の改変以降、ドラマ24「バイプレイヤーズ」の後は「山田孝之のカンヌ映画祭」だ。一昨年放送された「山田孝之の東京都北区赤羽」の姉妹編のようなタイトルだが、今回の内容はタイトル通りに山田孝之自身がカンヌ映画祭、パルムドールを狙うというもの。観る人を選ぶ番組である事は間違いない。

映画ファンにとってはカンヌもパルムドールも既知の存在。日本映画界での存在感から考えれば、山田が世界を目指すのは当然に思えなくも無い。そんな彼の情熱と無知(天然?)な部分が赤裸々に描かれていく。そして彼を支えるのは日本映画界の一流スタッフ。しかも主演に国民的人気若手女優を据える一方、山田自らは出演せずに企画・プロデュースへ回るという。ただそれ故に資金集めに苦労する姿も描かれる。

そんな今週は第6回。脚本作りにカンヌへ飛んだ山田と山下敦弘監督が、引き続き更なる人脈作りにフランス映画人と対面する。前回、監督作「もらとりあむタマ子」を評価され気を良くした山下が可笑しかったが、今回は山田と山下のカンヌへの本気度が試される姿が描かれる。

カンヌへのフランス映画人の想いと情熱、映画の奥深さ、アナログへの回帰に同感。一から映画作りを進めていく「山田孝之のカンヌ映画祭」は映画ファンにとって最高に面白いドキュメンタリー(今のところモキュメンタリーっぽさは無い)だ。ちなみに今回登場したディミトリさんの映画「キャノンボール」のTシャツが非常に気になったけど。

第6回の後半戦。帰国した彼らが向かうのは、日本におけるカンヌ映画祭のラスボス、河瀬直美監督。好きな映画を撮っていたらカンヌと繋がったと諭す河瀬、パルムドールが欲しい山田との攻防が興味深い。そして次回、河瀬の下で山田は何を得るのか。第7回「山田孝之 覚醒する」が楽しみだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

「この世界の片隅に」を観る

今日は今年劇場鑑賞4本目、「この世界の片隅に」を観てきた。2016年キネマ旬報日本映画ベスト・テン、読者ベスト・テン(日本映画)をダブル受賞。また先日、盟友N氏に人生ベストワンと言わしめた作品でもある。第二次大戦中の昭和、広島・呉を舞台にヒロインすずと家族、周囲の人々の姿を描いていく。

色薄みでパステルタッチ、優しさ溢れる画に住む生活、文化のリアリズムがこの作品の持ち味。徹底して画のリアリズムを追求した「君の名は。」とは対局的であるが、その先に人を描く事は変わらない。ただファンタジーだった「君の名は。」、創作ながら史実に沿った本作のスタンスは大きく、両者の描く”救い"も大きく違う。

本作を左翼的だと、単に反戦映画と考えるのは早計だと思う。ヒロインの住む時代が戦中であって、大半は彼女の生活感が描かれていく。相手を知らずに嫁に行ったり、嫁小姑の関係があったりと彼女の日常は時代性以外は何も変わらない。あくまでこの作品で描かれる戦争は北野作品で描かれる、日常に潜む狂気と同義だ。

そして我々の知る史実が彼らに迫る。そこで描かれる作品のテーマこそ「人間の当たり前」。そしてささやかな希望が、タイトル「この世界の片隅に」に込められている。

劇中、すずを演じるのんこと能年玲奈のハマりぶりを感じる事しきり。芸能界で本名ながら芸名を奪われたが、さぞ本作に救われただろう。クラウドファンディングで製作された通り、エンドロールに流れる沢山の方々の後押しも感慨深い。

何度も観るようなエンターテイメント性は無いが、人を描いている点はかつての日本映画のように日本映画らしい。そして日本人だからこその感慨がある。是非劇場でこの作品に触れて欲しい。

170211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/29

「ドクター・ストレンジ」を観る

今日はベネディクト・カンバーバッチ主演、マーベル・シネマティック・ユニバース最新作「ドクター・ストレンジ」を観てきた。瀕死の重傷を負い、手の自由を奪われた天才神経外科医ストレンジが、師となるエンシェント・ワンの指導を受け魔術師となって悪と戦う。

まるでマーベル版ハリー・ポッターのような雰囲気だが、遠に誕生が古い原作だ。だが洗練された映像と相まってテンポ良く見せる。時に「マトリックス」であり、「インセプション」を想起させるが、先駆者としては今回の映像化で面目躍如といったところだろう。また映像として具体化した点も凄い。映像デザイナーや監督はどんな頭の中身をしているのか。

傲慢さのあった主人公が修行と師を通して目覚める姿が描かれるが、感心したのはそれだけに留まらない事だ。原作の先見性に感嘆する。物の見方、考え方に宗教観、真面目に捉えたのが先日観た「沈黙ーサイレンスー」だと思うが、本作にもその共通性を感じずにいらせない。またテーマ的にも「マトリックス」シリーズとの共通項を感じる。しかも本作一編だけなのだから凄い。

カンバーバッチによるヒーロー像は意外にあっており、アクション、映像的にも興味深い。今や旬な悪役マッツ・ミケルセンも凄みある表情で登場。ヒロインのレイチェル・マクアダムスも好き。本作に限らず次々と高レベルの作品を繰り出すマーベルは、DCに対し明らかに上手。おなじみカメオ出演、御大スタン・リーの表情も明るい。圧倒的なビジュアルに本作なら3D版(字幕)やIMAX版もアリ、都会の人が羨ましい。オススメな一作だ。

170129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/28

iPad mini4を買う

170128

昨年末にiPad mini4(セルラー版)を買った。年始から遠方へ異動となり、ネット接続手段が必要となったからだ。既に1ヶ月程使っているが、外出時は欠かせない存在である。ただスマホは選ばなかった。理由はいくつかある。
・iPod touchを持っているから。
・iPad miniのサイズならネット閲覧で文字が大きく目に優しい。
・タブレットらしいバッテリーの保ち。
・テザリング端末として利用など。
・そもそも家族以外と電話する事がない。

iPod touchとiPad miniのどちらがメインかと言われれば、どちらもメインが正しい。特にテザリングさえしてしまえば、外出時のネット参照、アプリ利用だけならiPod touchで用が足りる。ただ電車に乗った時などゆっくりしたい時にはiPad miniの方がいい。7.9インチ、画面が大きい事は正義だ。

捻くれたスマホ否定論者のため、ガラケーで充分だし通話に使う事はない。タブレットのバッテリーの保ちの良さに感服(も一方iPod touchはポケモンGOのおかげで青色吐息)。契約は家のネットと同じニフティ系MVNOのNifmoでデータ専用SIMの3Gプランを選択した。割引込みで月額800円強。ただ3Gをデータ量的に使い切る事はあるまい。今月も1Gを使い切る事は無さそう。本当は1Gプランがあればと思うが、料金的に旨味が無いためボツ。

TPOに合わせiPod touchをiPad miniへテザリング。特にウォーキング時はiPod touchが主体となる。すなわちiPod touchにあってiPad miniに無いもの。それはヘルスケア関係の機能だ。iPad miniにはApple謹製のヘルスケアアプリ機能が無いため、iPad単独で歩数カウントできない。一部ヘルスケアアプリは大抵googleアカウントで紐付けされているために同一アプリをインストールできるものの、iPod touchの歩数をiPadで参照可能なだけ。そもそもIPadやIPod touchは微妙に機能オールインワンを避けている。やはりAppleは利益率の高いiPhoneを使って欲しいのだ。

また寝ながらとなるとIPad miniよりiPod touchの方が扱いやすい。これはiPadファミリーの課題でもある。時期的に次世代iPad mini発表間近と思うが、機能アップだけなら我慢できる。それよりホッとするか愕然とするか、更なる軽量化だけが気掛かり。それでもIPad miniを手に入れた満足度は高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/24

「沈黙 -サイレンス-」を観る

今日はマーティン・スコセッシ監督作品「沈黙 -サイレンス-」を観た。かつて問題作「最後の誘惑」でキリストを扱ったスコセッシが、遠藤周作の「沈黙」を原作に、キリシタン弾圧の中で渡日した若き宣教師の姿を描く。

17世紀、フェレイラが棄教した事を知らされ、その後を追い確認するため来日したロドリゴとガルぺ。だが布教を妨げるように日本のキリシタン弾圧は凄まじいものであった。苦しみにキリスト教にすがる島民達の支えになろうとするロドリゴ。迫る大名の前、迷いなく絵を踏むキチジローがいた。生か、信仰か、選択が迫られる。

まるで日本映画。物語は本当にスコセッシの作品かと思うほど、小説を読み進めるように淡々と進む。バイオレンス色の強い代表作ばかりだが、先の「最後の誘惑」同様、スコセッシにとってキリスト教を描く事はライフワークなのだろう。それゆえメジャー配給でないのも特徴。目の前に倒れていく島民に心身共苛まれるロドリゴ。神とは?タイトル「沈黙」の意味は救い、信仰、宗教観を問う。

2代目スパイダーマンのアンドリュー・ガーフィールドはその面影無く、極限状態のロドリゴを見事に演じる。カイロ・レンことアダム・ドライバーもSWと異なり、宣教師が似合っていた。それだけでなく気を吐くのは日本人キャストたちだ。目立ったのはイッセー尾形、浅野忠信、そしてキチジローの窪塚洋介。個人的には塚本晋也の心身共の熱演ぶりが凄かった。

この作品の重さは映画館という集中できる空間でこそ成立すると思う。しかもスコア系BGMは充てられていないのも特徴。辛い描写も多く、派手さを好む人々には向かないだろうが、スコセッシらしくない行間を訴える作りに好感、想像力を掻き立てる。そして拠り所を求める人たちへ何らか福音をもたらすであろう作品だ。

170124


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/14

「ドント・ブリーズ」を観る

今日は一人で映画「ドント・ブリーズ」を観てきた。「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作によるホラー色の強いサスペンス。監督と共同脚本はリメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレスが務めている。

ロッキー、アレックス、マニーの3人は地元デトロイトでセキュリティを破り家宅侵入、盗品を重ねていた。だが盗品は高値にならないという理由から、ある物件を知ることになる。それは事件の高額示談金を盲目の退役軍人宅にあるという情報だった。3人は下調べし、深夜に退役軍人宅へ押し入るのだが...

若者、密室、コケオドシとホラーの3要素を取り揃え、しかも89分の上映時間は濃密。劇場独特の環境を活かし、時に驚かされ、主人公たちの絶望的な立場を共有する。音響を含め、テレビサイズで伝わらない面白さ。やはり事前情報はできるだけ入れない方がいい。だからここでもこれ以上は物語に触れない。

個人的に本作は大好きなモダンホラー、「ファイナル・ディスティネーション」「ソウ」と双璧に思う出来。時にミスリードを誘う演出も絶妙。しかも名作ホラー、サスペンス作のオマージュと思える画作りがあったりと、映画ファンにぴったりな小品だ。

170114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/08

PMA-390REで凱旋門を復活させる

17010801

テレビ用のプリメインアンプ、ケンウッドKA-5010が片チャンネルの音が出難くなって瀕死の状態。四半世紀前の製品である。一度メーカー修理に出し、その時にこれが最後ですと宣告を受けた経験を持つ。そんな記憶もあり、今回の故障で何もできずに半年以上放置してきた。通常テレビは内蔵スピーカーで十分だが、ここぞという時こそいい音で視聴したい。そのための凱旋門である。

凱旋門について説明したい。フランスのランドマーク、世界最高峰のGIレース...という訳ではなく、オーディオ評論家の長岡鉄男さんが25年以上前に設計したテレビ用マトリクススピーカーである。その風貌から長岡さんが凱旋門と命名した。

今ではスリムでサラウンド効果の高いテレビ用スピーカーが多くあるが、当時は家庭用ドルビーサラウンドの黎明期。デジタル技術が導入されるも周囲にスピーカーを配置させる等、一般には大げさなものだった。学生寮の自称六畳間にスーパーウーハーを入れて最大7台を点在、押し込んでいた。だからこその趣味の世界なのだが、違和感を感じずにいられなかった。

そんな時、長岡さんが提唱するスピーカーマトリクスに出会った。アンプ(一般的なプリメインアンプ:アンバランス接続アンプ)を使い、結線だけで位相差を引き出しサラウンドを実現する方法。スピーカーを一気にメインのペアとサラウンド側のペア、計4台に減らした。シンプルイズベスト、透明感と純度、包囲感とその体験は今も忘れられない。その後、長岡鉄男ワールドにのめり込んでいった。

マトリクススピーカー凱旋門は当時のオーディオ・ビジュアルの考え方に対する回答、AV Review誌で連載していた実験の一環で生まれた。しかもサラウンド側にスピーカーを配置しない。実はこれって今のテレビ用サウンドバーの先駆けなのである。今のサウンドバーはデジタル処理でサラウンド効果を調整できるが、凱旋門にはそれがない。でもそれでいい。

冒頭のKA-5010はその実験の際、凱旋門を駆動していたアンプだった。だがテスト相手に選ばれたもう一台が実験後、サラウンド効果の差から連載時のリファレンスとなった。それがデンオンPMA-390である。いつかは買おうと思っていたが、テレビ用に買い替えるには敷居が高い。でも30,000円強というコストパフォーマンスではあったが。

そんなPMA-390は今も続く人気シリーズとなり、少なくなったピュアオーディオファンの最後の砦となっていた。そこで今回アンプ入れ替えにあたり、最新機のPMA-390REを購入する事にした。実売30,000円というのも嬉しい。

シャンペンゴールドのルックスにボリュームはリモコン付き。オーディオファンよろしく、本体側のボリュームの重みに物足りなさを感じるものの、便利さには敵わない。ちなみにアンプとテレビの接続はヘッドホン端子/ライン出力。テレビやレコーダでピン端子が使えなくなって久しい。テレビとレコーダもHDMIだし、かつてケーブルを自作したマニアにはつけ込む隙が無くなった。

さてPMA-390REを繋いで音を出した印象だが、出せる音の大きさは言うまでもなく、まず音の鮮度がいい。レンジが広くバイクの排気音は図太い。音の奥行き、サラウンド側への張り出しもそこそこある。エアチェックした最新作「セッション」のクライマックスでの没頭感も凄い。

加えてかつてのサラウンドリファレンス「ダイハード」や「AKIRA」のエアチェックディスクを鳴らしてみたが、ちょっと印象が違う。マスターが変わった事、所詮はドルビーデジタルという点。5.1chマルチ再生前提で2ch、ステレオ音声軽視だからだろう。余談だが、レーザーディスクのデジタル音声を知る身には力強さがやや物足らない。

とはいえ、かつてオーディオに情熱を傾けた程のモチベーションで無くなった今、家族と共存する中でワングレード高い環境を得た事の意義は大きい。妻も音楽Blu-rayでは使ってくれているよう。また今後PMA-390RE自身のエージングも期待できる。惜しむらくは画面の大きさが音に負けている事。例え凱旋門であっても80インチ以上は欲しいと思う。欲望とは実に限りないものだなぁ。

17010802


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/02

「マン・オン・ワイヤー」を観る

皆さん、あけましておめでとうございます。

正月、今年初映画という事でWOWOWで録ってあった「マン・オン・ワイヤー」を観た。昨年観た映画「ザ・ウォーク」の原型であり、綱渡り師フィリップ・プティの著書を原作、2008年度アカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した作品だ。

大道芸人であり綱渡り師のフィリップ・プティは歯科医院である新聞記事を目にし、ある構想を得る。それこそワールド・トレード・センター屋上の間を綱渡りする事だった。フィリップは渡米、共犯者ならぬ仲間を集め、準備を進めた。そして1974年8月7日を迎える。本作は関係者たちがその出来事を回顧したドキュメンタリー。

「ザ・ウォーク」と「マン・オン・ワイヤー」は相互補間関係にある。前者はフィリップの人となり、師匠との出会いと存在、仲間作りが克明に描かれている。その点、後者で秀でているのは当時の映像、写真の持つ迫力だ。さすがはドキュメント、関係者各人の掘り下げが深い。自らの言葉で振り返る姿は説得力がある。そしてチーム目的の実現とその終わりに青春ドラマのようなものを感じる。

またもう一つの主役がツインタワーこと、ワールド・トレード・センターの存在。建設当時の映像がその凄みを増させる。だが相反し、のどかに建設を進める作業員たちの笑顔が印象的だった。本編中の人々の関わりも含め、その時代を感じさせる。

「ザ・ウォーク」を観た後であれば45分間に8往復した事に驚きはない。ただ当時の空撮を見ると、3Dで無くとも足がすくむ怖さを伴う。これぞ本物の迫力だ。本作中、当時関わった警察官の会見に全てが凝集されている。
「個人的にはすごいものを見た。二度と見られないだろう。一生に一度だ」

事実は小説よりも奇なり。「ザ・ウォーク」とセットで観たい作品だ。

170102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/31

2016年総決算「モノ・生活篇」

16123103

去年の「モノ篇」から今年は「モノ・生活篇」と改題した。モノを楽しむ、弄ぶというより、生活と密着する立場に変化したからだ。その導入に年初から始めたウォーキングの存在が大きい。まずはそこから振り返ってみたい。

iPod touchをbluetoothで繋いだヘッドホン SoundPEATS Q800でウォーキングする。最初は1時間が気がつけば今は2時間弱に伸びていた。現在およそ8kmのコース。そのたび発見もあって週末に歩くのが楽しい。辛い事があっても考えながらリフレッシュできる。冬場は落ちが少ないが、夏場なら1kgは楽に落ちる。そうこうして1年で8kg落ちた。そのきっかけになったのがEPSONエプソンの活動量計であり、妻の買ったワンダーコアスマートに勝利した。

運動に加えて食事の改善は欠かせない。この一年で一食に摂るご飯の量は半減した。自制が必要だが、慣れてしまえば平気。総カロリーを意識する事、不規則な夕食を規則的に正す事も必須。午後10時を過ぎて食べるなんてご法度。食べたければ軽めに抑えるべき。もちろん家族の協力も必要となる。週末の夕食に外食なんて太る原因、その日のカロリー調整が難しいからだ。もし出掛けるならあくまでランチまで、夕食で調整できる。

今年の夏はプランターで野菜作りも行なった。初心者向きなピーマンとナス。土作りにこだわり、買ってきた苗を育て、愛でてそして食す。今年は野菜高騰もあって少なからず家計を助けられた。本格的な野菜作りは荷が重く、お手軽路線で来年もやっていきたい。

生活という点なら電動歯ブラシも欠かせない存在となった。ブラウン オーラルB プラチナ・ブラック7000は手間の掛かる歯磨きを短時間で確実に行えるスグレモノ。スマホアプリもあるが、目で見て進行がわかるスマートガイドがいい。糸ようじも併用し、歯のケアはほぼ完璧かと思う。

Kindle paperwhiteも買ってよかった。週末の家族ドライブで後部座席に座る立場としては、Kindleでダウンロードした無料マンガを読む事が多い。映画公開があれば、その原作の数巻が期間限定で読めるのが嬉しい。「GANTZ」「ちはやふる」もその機会に読んだ。もちろん本も読む。利点はバッテリーの保ちの良さ。欠点は容量の少なさ。容量アップした日本独自のマンガモデルが気になる。

実は仕事で来年早々大きな転機があり、今まで拒んでいた”あるモノ"をこの年末に購入した。まだ日が浅いのでここでは触れないが、来年になったら取り上げてみたい。

皆さんにとってどんな年でしたか?それでは良いお年を。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年総決算「映画篇」