2019/08/17

「ダンスウィズミー」を観る

今日は矢口史靖監督作「ダンスウィズミー」を観てきた。監督自身、初のミュージカル作となるが、「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」だって音楽映画だったので演出に問題は感じなかった。

静香はエリート企業に勤め、仕事もソツなくこなすOL。姉の娘を預かる事になった静香は遊園地に連れて行く事に。手を引かれて入った先は催眠術館。インチキ臭い暗示を受けた翌日、彼女の身に変化が起きるのだった。

ミュージカル映画というと日本人に抵抗は大きい。だが本作は"理由あるミュージカル映画"。理由づけをもって導引していくところがミソ。個人的には元々抵抗が無かったが、今回の設定は面白い。

まず冒頭、脈打つメーターにガツンと響く音楽にしてやられた。とにかく音楽の使い方が気持ちいい。家でビデオじゃ伝わるまい。「ラ・ラ・ランド」でもそうだったが、音楽映画はこうした劇場体験こそ重要。

嬉しいのは宝田明さんの起用。やってる事は胡散臭いが品のある宝田さんゆえに、一挙手一投足がマジックとなる。ミュージカル舞台経験も豊富、ゴジラ映画だけでなく東宝を引っ張ってきた至宝。ちなみに今回の作品はワーナー配給だけど。

三吉彩花(カジュアルな姿がマル!)とやしろ優が打ち解けてくる過程もロードムービーならでは。ラストシーンも味わい深い。その中で異彩を放つのが、ギター片手のchay。謎に包まれた登場も納得。あの曲であのシーン、とたぶん監督はこれやりたかったのでは?と思ってしまう。それだけでなく懐かしい楽曲が弾けるシーンが多い。

ただテーマを掘り下げるような作品ではないけど、健全で気持がいい。そもそもミュージカルを楽しめるかどうか自体、催眠術のようなものかもしれないね。

190817    


| | コメント (0)

2019/07/13

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」を観る

今日は子供と「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」を観てきた。98年の「ミュウツーの逆襲」は観ていないので完全に初見。ゲームの世界は平面から3DCGアニメに向かっている訳で、本作はその試金石。

子供いわく冒頭の一部を除き、内容はオリジナルとほぼ一緒らしい。クレジットを見ると、脚本は亡くなった首藤剛志氏のままであった。個人的には首藤氏の仕事ではゴーショーグンやミンキーモモが懐かしい。

まず思ったのは「3DCGじゃなきゃダメですか?」という事。「トイストーリー」なんかは3DCGありきで製作をスタートしたため、世界観は最適化されて違和感が無い。しかしポケモンはセルアニメが原点。「EVOLUTION」として3DCGへ寄せてきたためか、特に人間キャラ(3Dサトシ)の出来に違和感を覚える。個人的にそれが最後まで響いていた。ただ上映後子供に問うと違和感なく受け止めていたようだが。

ちなみに日本映画界は「ドラクエ」に「ルパン三世」と3DCG花盛り。おそらく東宝あたりが出資して安価で高品位な製作環境が確立されたのだろう。だがいずれも確固たる世界観を持つ作品だけに同様の危険性は否めない。

ホント正直な話、今回は半分寝てしまいました。まず物語が退屈。前作「みんなの物語」が大人も一緒に観られる作品だったのに対し、今回は子供向けにあくまで第一作のリメイクに徹したという事か。ただ映像表現だけで作品が面白くなる訳では無い一例。3DCGアニメを強調する演出、画作りも別に驚くような仕掛けとは感じなかった。

190713  


| | コメント (0)

2019/07/04

さようならフィットシャトル

諸事情によりフィットシャトルハイブリッドを売却しました。家族のための車選び、7年前はハイブリッドにときめいたけど、今となっては気持ちの足かせにしかならなかった。やはりエコドライブとスポーツモードは両立しない。

オペルアストラも同じオートマでスポーツモードはあったけど、NAの良さと楽しみがあった。手放す時、ホント寂しかったもの。でも今回は手放してわかる。最後までフィットシャトルは所有欲を満たすに至らなかった事を。

走行距離はほぼ5万キロ。お金になるうちが華、という事で。買取会社を3社回ったが似たりよったりの中、一番高いところへ。車検も7年目で通しちゃってるおかげ、ホンダ車でそれなりの価格で売れました。会話も合った、ノリのいいお兄さんの買取会社へドナドナ。アストラを6年目で売った時よりちょっと高かった。

さて次は...予想通りのあの車にするか、それとも。いずれにせよ、次に選ぶのは最後の車のつもり。どう乗るかは納車まで妄想しよう。まぁその前に契約だけどね。

190704  

| | コメント (0)

2019/06/28

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を観る

今日はMCU最新作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を観てきた。「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後、MCUフェーズ3の最後の作品となる。かなり敷居を下げて観始めたが、気がつけば物語に惹き込まれていた。

世界に平和が訪れたのもつかの間、エレメンタルズという怪物が世界を襲っていた。フューリーは学校旅行中のスパイダーマン=ピーターを呼び出す。そこに居たのはベックという男。二人は怪物に対抗する中、ベックは超人的な力で圧倒。スターク亡き後、ピーターはベックに大きな信頼を示すのだった。

ライトな青春ヒーローコメディーが前作の感想。正直、本作も青臭く感じたのだが、MJが本格的に物語に絡み始めた事でスパイダーマンらしさを取り戻している。帰ってきた「若きヒーローの甘酸っぱい物語」。とはいえ、新シリーズは(ベン叔父さんの存在が無いから)ドライ。しかも物語はミスリードとトリッキーに展開。エンドロール後も見逃せない。

ヒーロー然を演じるジェイク・ジレンホールもいい。しかも落差のある演技はさすが「ナイトクローラー」。アベンジャーズ製作に加え、演者としてハッピー=ジョン・ファヴローの存在も良い隠し味。フェロモン全開のメイ叔母さんを見ると、気持ちは良くわかる。んん、わかる。

MCUらしくクリフハンガー的に謎を残すが、早々に回収していただかないといけない。次作はいつ?デッドプール参戦の噂、世間では実写版旧作とのスパイダーバースなんて妄想も起きているがどうだろう。とにかく前作でガッカリした人にも観て欲しい。

190628

| | コメント (0)

2019/06/22

「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観る

今夜は「X-MEN:ダーク・フェニックス」を観てきた。「ファースト・ジェネレーション」以降のメインキャスト再登場によるシリーズ最新作。

1992年。宇宙に向け発射されたスペースシャトルエンデバー。だが大気圏外、太陽フレアの影響で操縦不能となってしまう。X-ジェットで救出に向かうX-MEN。乗組員を全員救出するが、ジーンが宇宙に取り残された。間も無くフレアの影響で大爆発するシャトル。ジーンは辛うじて救出されるも、ジーンの体に何かが起き始める。

確かに本作は面白かった。でも本作が「X-MEN2」の後に続く物語だったら、より深く味わえたかもしれない(「X-MEN2」ラストにダーク・フェニックスと思しき描写はあった)。監督交代の煽りを受けた続編「ファイナル ディシジョン」は単なる超能力祭り。ただ「ファイナル ディシジョン」があったおかげで「X-MEN」のフランチャイズはスピンオフなど広がりをみせる。

そしてキャスト一新の傑作「ファースト・ジェネレーション」(First Class)を生み出す。続く「フューチャー&パスト」は「ファイナル ディシジョン」の出来事を無きものにするチャブ台返しに驚かされた。だが過去作、いずれにもあの彼がいたのだ。

元々、映画「X-MEN」シリーズはローガン、ジーン、スコットの物語でもあった。二人の間で揺れるジーン、言葉に出さないローガン、その内心を知るスコット。その関係性が物語をより深いものにしていたしそれが良かった。だが本作は「フューチャー&パスト」以降であり、若返りした二人は単なる恋愛関係。しかも本作からローガンは登場しない。だからその点浅く見えてしまう。

あくまで新キャストありき、主軸はチャールズとジーンの物語だ。そしてX-MEN、ミュータントたちの内面を描いた物語。ジーンの苦悩とその代償、チャールズの本心。敵はあくまで導引で派手なバトルはあるが、彼らの葛藤と結束がテーマ。彼ら永遠のテーマでもある。地味ではあるが、7作19年のシリーズを見届けた感慨に溢れた一作となった。

190622

| | コメント (0)

2019/06/01

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観る

今日は映画の日という事で「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観てきた。前作のヒットを受けての続編。そして本作より本格的に東宝、レジェンダリー=ワーナーが仕掛けるモンスターバースが始動する。

ゴジラ上陸から5年。秘密機関モナークは世界各地で巨大生物の研究を続けていた。オルカと呼ばれる生物に同調できるシステムを開発したエマ博士。だが実験成功の後、謎の武装組織に娘マディソンと共に誘拐されてしまう。やがて世界各所で巨大生物、怪獣たちが活動を開始。復活したゴジラと謎のモンスターゼロが激突する。

東宝特撮ファン待望、ついにキングギドラがハリウッドデビュー。操演ではないCGギドラ。我ら世代には響く、ゴジラ最強のライバルのスクリーン登場に興奮した。モスラやラドン共々、デザインには一言あると思うが、決めのビジュアルがかっこいい。

それを強く支えるのはアレンジを最小限に留めた伊福部昭のオリジナルスコア。金管系を意識した音楽をオマージュ。ギドラと対峙したゴジラの姿が神々しく、思わず鳥肌が立った。さらにエンドロールでは更なる感動が待っている。

矢継ぎ早に登場する怪獣たちとその目的。前作のような説明めいた部分はあまり無く、怪獣同士のバトルがメインとなる。これこそゴジラシリーズ(2作目以降)本来の良さであり、ハリウッドらしい描写で余りある程の迫力。前作同様、ウェルメイドな親子愛も見せるが、彼らをこれまでのゴジラシリーズにないカメラワークで追い掛けるのが良かった。

キングギドラの影に隠れているが、悪役チャールズ・ダンスも「ラストアクションヒーロー」以来でいい。でも年取ったなぁ。ただ本作を観ると未見の「キングコング: 髑髏島の巨神」も観なきゃいけないだろうし、そして次作のハリウッドゴジラもね。

190601

| | コメント (0)

2019/05/26

「第86回日本ダービー」を生観戦する

19052603

今日は東京競馬場で第86回日本ダービーを観てきた。柴田政人ウイニングチケットのダービーから26年連続観戦で皆勤賞。馬券と共に歓喜となった年もあれば、愚痴が止まらない年もあった。果たして今年はどっちだ?

前夜祭は仕事で欠席。電車2時間半で東京競馬場に到着。朝から並んで席を確保してくれたS君に感謝。またまたほぼゴール前。そこを譲ってくれたS君の後輩に感謝。年々減っていく観客数に反比例し、朝の場所取りは熾烈になっているという。数年で席が取れなくなるかもしれない。

レースは京都の9R、10R、そして東京11Rの日本ダービー、12R目黒記念だけと決めていた。京都9Rは一番人気タイセイアベニールから馬連流しで的中。京都10Rは同じく一番人気のダイアトニックから三連単で二頭軸の相手、ラヴィングアンサーが出遅れ差し届かず外れ。本当に、本当に出遅れが悔やまれる。ここで流れは大きく変わったかもしれない。

そしてダービー。3強サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーの取捨。皐月賞の結果を見れば3頭が抜けた存在に異論なし。ただサートゥルの着差には疑問があった。近年、着差の小さい皐月賞馬は必ずダービーで逆転されている。しかも最大の鬼門、直前での騎手乗り替わり。

そこでヴェロックス、ダノンキングリーに重きを置き、両馬二頭軸三連単から人気薄へ流す馬券と勝負と決めた。そう、ここまでは良かった。

そして1着には勝負強い川田のヴェロックス、悲願の掛かる戸崎のダノンキングリー、人気薄への流しで同じく1着と同じ馬への2-3着マルチとした。

レースは横山武史のリオンリオンが逃げる展開。番手につけた1枠1番の浜中のロジャーバローズ。ヴェロックス、ダノンキングリーもいい感じ。最後の直線では思わず声が出る。その2頭が抜け出し、さらにダノンキングリーが先頭のロジャーバローズと追い比べ。クビの上げ下げしながらゴールイン。戸崎の悲願は届いたか?あまりの興奮にここ数年で珍しくゴール前の写真を撮り損ねた。

結果はロジャーバローズ1着。戸崎のダービー制覇は2年連続でお預け。そして馬券も外れ...ってロジャーバローズなんて最初から買ってないし(苦笑)。しかもロジャーバローズは角居厩舎。二頭出しは人気薄の方って競馬格言知ってる?でも単勝1.5倍の馬を飛ばして12番人気の馬が勝つ。角居先生、そりゃないよ。でもこれも競馬。

ロジャーバローズの勝因は人気薄の気軽さに加え、脚質にハマった1枠のトラックバイアス。リオンリオンが大逃げしてくれたおかげで、マイペースの先行が叶った。もちろん父ディープインパクト恐るべし。鞍上はデビューから一貫では無かったが、浜中は前走2着で手の内に入れたのだろう。ダービー初勝利、浜中騎手おめでとうございます。

サートゥルナーリアは本馬場入場後の入れ込みが気になった。観戦中出遅れを見逃したが、これも敗因の一つ。それに距離をこなすスタミナが足らなかったような気もする。レーンはリカバリーし、100%に近い騎乗をしたが負けた。だが上位陣は100%以上の騎乗をした。それだけに戸崎の無念が伝わる。次のチャンスこそ。3着ヴェロックスの川田の馬券圏内確保はもはや職人の域。

レーンは目黒記念を勝って帳尻合わせ。もちろんレーンを頭に馬券は持っていた。だが三連単、もう一頭の軸パリンジェネシスが失速。嗚呼、川田よ。そして馬券は外れ、今年のダービーデーは終わった。藤沢のK君、反省会でご馳走さまでした。ビールにレバニラ定食美味かった。それと葦のお菓子、手土産ありがとうございます。妻が喜んでいました。(おしまい)

19052604
19052601

| | コメント (0)

2019/05/03

「名探偵ピカチュウ」(吹替版)を観る

元々休日が少ないGWは今日から後半戦。令和になって劇場一発目、子供の付き合いで「名探偵ピカチュウ」を観てきた。ご存知ポケモン、ピカチュウを主役に実写映画化。字幕版ではデップーことライアン・レイノルズがピカチュウの声をあてている。ただし「子供が観たい」という事で敷居の低い吹替版を選んだ。

かつてポケモントレーナーを目指した
ティム。今は保険を扱う仕事に就いていた。そんな彼に父ハリーの事故死の報が入る。ハリーは人とポケモンが共存するライムシティで探偵をしていたのだ。上京しハリーの家を訪れるティムに近づく影があった。それはハリーの相棒と称するピカチュウ。ティムとピカチュウはハリーの死の真相を探す冒険へ出ていく。

尺は104分だが、物語は最初と最後のそれぞれ30分を見れば充分に分かる。途中、ちょっと寝ちゃったし。子供向けの物語ゆえ仕方あるまい。本来は字幕版で
ライアン・レイノルズの声質とピカチュウのギャップを楽しみたいところ。しかし吹替版は西島秀俊。確かに頑張ってはいる。ただティム役の竹内涼真との声質が近くて軽いゆえ、その妙を楽しむレベルに至らない。これは彼らのせいではなく、日本側の吹替キャスティングの問題だ。

映像はポケモンたちが現実世界に共存していくが、ストーリーテリングに寄与していない。実写ゆえにディテールをやり過ぎてしまっているというか。一方、物語を含めて中身はスカスカ。もし同じ話をアニメで作ったら、感情移入が違ったものになろう。むしろCG向きなのはミュウツー。ポケモンの中でただ1匹、存在感が際立っていた。

また実写側のキャスティングも疑問。主人公ティムは子供向けにしては年齢が高過ぎるし、「GODZILLA」レジェンダリー繋がり?とって付けたような渡辺謙の使い方。敵側の描写も浅い。ただウチの子供は「面白かった」と言っていたから、まぁいいか。興行的には親子丼(チケットは子供込みで二人以上だから)で美味しいというか。

夏公開「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」の予告篇も流れたが、サトシを含めて完全なCGアニメになっていて残念。正直、実写もCGもポケモン向きの映像手法ではない。やっぱポケモンはキャラに温かみがある普通のアニメが一番と思ったのだがどうだろうか。

190503

| | コメント (0)

2019/04/29

「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医 シーズン5」を観る

「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医 シーズン5」全22話を観た。この番組を観たいために年始から女性チャンネルLaLaTVと契約したほど。舞台はマイアミから映画の都ハリウッドへ。前シリーズ最終回、ショーンとクリスチャンはハリウッドサインの前に立つ姿で終わった。元々マトモな登場人物等皆無に近い「NIP/TUCK」。シーズン5もその持ち味は変わらなかった。

本シリーズ序盤の見どころは、ハリウッド開業で閑古鳥が鳴くクリニック立て直しにショーンが俳優デビューするエピソード。しかも劇中ドラマの共演者がブラッドリー・クーパー。約12年前の本作、まだブレイク前の彼が観られる。しかも
「NIP/TUCK」らしいおバカぶりも見せてくれる。やがてショーンはドラマ単独主演の権利を得るのだが…。

一方、クリスチャンの破天荒ぶりは相変わらず。だがシリーズ後半、命に関わる事態に遭遇。心身共に参った彼の決断に周囲は惑わされる。だがシーズン最終話で困惑を絶つ出来事が待っていた。そしてシーズン5は幕を閉じていく。

ショーンの元妻ジュリアはソウルメイトの娘に命を狙われるし、息子のマットもヤク中で夫婦共々メチャクチャだし、その上で転機して医者を目指そうとする。その中間エピソードで登場するインド系研修医は父親との確執である行動を起こす。そりゃあんな事を言われれば、その末路は理解できなくもない。

それにしても
「NIP/TUCK」はカオスな物語だ。しかも感覚が麻痺するほどに各話エピソードは尖っている。だがそれがクセになる。相変わらず18禁の描写も多く、家族の前で見る事はできない。ドラッグあり、殺人あり、何でもあり。それが大人のお伽噺。次はラストシーズン。残念ながら見慣れた日本語吹替版での視聴は叶わない(日本未放送でソフト化は字幕のみ)が、その行く末を見届けたい。

190429  

| | コメント (0)

2019/04/27

「森高千里この街ツアー2019@裾野市民文化センター」へ行く

190427_02
今夜は裾野市民文化センターで行われた「森高千里この街ツアー2019」へ行ってきた。森高のコンサートへ行ったのは93年の「LUCKY 7」ツアー以来(だと思う)だから、個人的には26年ぶり。森高自身も21年ぶりの全国ツアー。37箇所を周り、今日は10箇所目との事。

ちなみに裾野で森高のコンサートがあるのを知ったのは2ヶ月前。しかもチケット発売一週間後だった。「何とかチケットが取れれば」と気軽な気持。実際、少し遠目だったけど、受け取った熱気は凄まじかった。

曲目は「新たなファン層へ」との意向からシングルヒット曲が歌われた。だがこれまでのファンへの心遣いも忘れていない。スタートはデビュー曲「NEW SEASON」。活動休止前のツアーを彷彿とさせる演出とコスチュームの連続。特に「ザ・ストレス」のウェイトレスには参った。その後の早着替えも森高らしい。

そして何より「GET SMILE」「テリヤキ・バーガー」の鉄板ラインで締めてくれたのが何より嬉しかった。MCの間、何度も「好きな曲は出ましたか?」と聞いてくる森高だったが、今回答えるとしたら「ズバリ、ここです」と言える。

森高のツアーで定番のコンサート先の地元ネタも楽しい。気持ちMCが増えた気がするのも年を経たからかも。またMCの声の高さが微妙に低く(1/4オクターブ?)感じたのもそのせいか、気のせいか、でも二度のアンコールを含めてほぼ二時間のステージ。同世代のアーティストとして、時代を共有してきた嬉しさに溢れた、

学生時代の友人に刷り込まれたフリも曲を聞けば自然と出てくる。だが森高が上手いのはヒット曲「気分爽快」を使って曲前に客を慣らす事だ。フリの作る波が乱れず一斉に流れ、コンサートの一体感を生む。その流れが前述の「GET SMILE」「テリヤキ・バーガー」まで続き、アンコールへの流れも作った。

やはり森高のコンサートはいい。一緒に歌い、踊って汗をかく。アンコールの「コンサートの夜」の歌詞にもあるが、それこそ森高の持ち味。また近くへコンサートに来て欲しい。富士のコンサートも行きたい。ちなみに裾野市民文化センターは来月、水谷千重子先生が来るそうです。(おしまい)

190427_01


| | コメント (0)

«「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観る