2022/05/13

「シン・ウルトラマン」を観る(ネタバレ無し)

今夜は「シン・ウルトラマン」を観てきた。「シン・ゴジラ」を成功させた庵野秀明、樋口真嗣による「ウルトラマン」。ただし本作は庵野氏の脚本(企画、編集他多くの役割)を樋口氏が監督した。禍威獣と呼ばれる巨大生物と禍特対(カトクタイ)の戦いの中、そこに銀色の巨人が現れる。

率直な感想。自分の心には響かなかった。確かに「ウルトラマン」の韻は踏んでいる。オリジナルへのオマージュ、ウルトラマンは最新技術ながら特撮の味付け。その動きは昭和を思わせる。でも自分の中に残る童心はびくともしない。この作品、今の子供たちが見たらどう思うだろうか。

小学生の頃、実相寺昭雄監督の劇場版を観た。テレビシリーズの総集編だったが、エピソードの一つ一つに不思議さ、心ときめくものが溢れていた。ウルトラマンという存在、演者のユーモアに加え、怪獣たちの悲哀は伝わるものもあった。ただそんな事、全ては今思う後付けなのだけれども。

「シン・ゴジラ」は始まって数分、物語を国家を巻き込んだ政治劇を徹底。しかもキモになるプロットはオタク心を散りばめ、現実世界に絶対的存在のゴジラとがっぷり四つ、超科学はあっても大半のリアリティ(政治劇を含め)がそれを支えて観る側を引き込んだ。うちの子供もそんな一人だった。

しかし「シン・ウルトラマン」は始まってまもなく冷めて観てしまった。シン・エヴァ仕込みのアングルは導引に良いが、実写ではイマイチ。何より物語共々、子供目線はないに等しい。そもそもウルトラマンに難しい御託は不要。結局、アダルトチルドレン向けの作品になってしまう。

「エヴァ」はウルトラマンの、「シン・ゴジラ」はエヴァの子供。そして「シン・ウルトラマン」はまさに「シン・ゴジラ」の子供だった。でも子供らしさはない。「シン・ウルトラマン」を気に入った方、本当にごめんなさい。最後まで飽きずに観ましたが、自分には合いませんでした。(おしまい)

220513_01

 

 

Hola

| | コメント (0)

2022/05/08

「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」を観る

ディズニープラスで「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(全7話)を観た。「マンダロリアン」と繋がるジョン・ファヴローによる配信ドラマシリーズ。砂の惑星タトゥーインで消息を絶った賞金稼ぎボバ・フェット。だが九死に一生を得たボバは奪われたアーマーを取り返すべく動き出す。

タトゥーインといえばジャバ・ザ・ハットの本拠地。「スターウォーズ」とのリンクを強くさせ、「ジェダイの復讐」を思い出す。あの頃、見た目の人気ながらよく判らなかったボバというキャラ。その深掘りがこのシリーズでなされる。勝手に悪役と思いきや、彼の真意は違うものだった。

ディズニー傘下、ファミリー向けに転換した事が大きいが、ボバに対するイメージは変わった。ただ相棒フェネックとのやり取りや街の暴走族を仲間にするあたり、そのカリスマは失っていない。だからこそ街の大名に成り上がっていく。そして最終話、敵対組織との全面戦争に入っていく。この戦いのクライマックスはまさにエヴァ対使徒を見ているようだった。

物語に多少の肩透かしはあったものの、後半に話が締まるエピソードが控えて面白かった。本当ジョン・ファヴローは楽しんで作っていると思う。加えて製作総指揮にタランティーノの盟友ロバート・ロドリゲスも参加。そうなればキャストにダニー・トレホが登場するのも頷ける。

スピンオフ次作はここで一旦箸休めした「マンダロリアン」へ。一体グローグーはどうなっちゃうの。やはり絆は「子連れ狼」だったのだな。何度も言うけど、スターウォーズはエピソード7以降を無かった事にしたいよ。スターウォーズとMCUを復習したところででディズニープラスは今月で一旦解約です。

220508_01

| | コメント (0)

2022/05/05

「サマーフィルムにのって」を観る

日本映画専門チャンネルで録ってあった「サマーフィルムにのって」を観た。ドラマ「お耳に合いましたら。」の伊藤万理華主演の青春映画。映画部に所属する主人公が自分の好きなものを注ぎ込み、仲間たちと作品作りに没頭する姿を描く。

「お耳」の時も思ったけど伊藤万理華の演技がいい。基本、元気娘なんだけど思いに耽る時の表情、感情の幅の作り方が巧い。たぶん年齢と共に変わってしまうから、今の彼女にしかできない。そんな切なさがこの青春映画に合っている。

内容や設定はベタなんだけど、監督の思いと彼女の演技が相まって物語に引き込まれてしまう。特に主人公ハダシが「さようなら」に込めた思いは人生に通じる。まるで終わるたびに連鎖を繰り返すMCU映画のアンチテーゼに思えた。

映画作りとあだ名で呼び合う仲間同士の友情、何より好きな事に没頭できる学生時代が羨ましい。キャスティングも永遠の高校生、板橋駿谷を配するあたりは確信犯。出だしで「時をかける少女」が出てきたのも物語上の伏線だったりして面白かった。

それにしてもiPhone一つ、映画作りが身近になったものだと思う。主人公たちの取り組む姿をみて、形は違えどデンスケで取材して、テープを切り貼りしていた放送部の頃が懐かしい。改めてモノ作りの楽しさを思い出した。

220505_01

| | コメント (0)

2022/05/04

MARVEL「ムーンナイト」を観る

ディズニープラスでマーベルの最新配信シリーズ「ムーンナイト」(全6話)を観終わった。エジプト神話を題材に神と契約を交わした主人公の冒険を描く。ムーンナイトはマーベル的月光仮面。二つの風貌でそのキャラの違いをみせる。

国立博物館の土産店員スティーヴン。ある日デートの約束を交わすも予定をすっぽかしてしまう。そして睡眠障害に晒される中、気がつくと見知らぬ土地で宝物を手にしていた。そんなスティーヴンがハロウ率いるカルト集団から付け狙われる事になる。

気の弱いスティーヴンがやがて知る事実、それに至る理由はシリーズ後半にて語られる。器用に演技するオスカー・アイザックとイーサン・ホークの対決に神を巡る攻防でその点は面白い。ただ題材が縁遠いエジプト神話のためかとっつき難く、最後まで足を引っ張ったように思う。

一応、シーズンとして終局をみるが、マーベルお約束のクリフハンガーで幕を閉じる。最終話、ムーンナイトが戦う背景はまるで東宝の怪獣映画を観ているよう。いや戦隊シリーズのロボ対決にも見えたのが印象的。

今後MCUに合流していく時、どんな絡みをみせていくのだろうか。「シャンチー」=中国、「エターナルズ」=各大陸、そして本作。ワールドワイドな人選は如何にもアメリカ的。ただ正直、ここまで多作となると食傷気味。MCU自体が風呂敷を広げ過ぎの感、いつまでついていけるのだろうか。

220504_02

| | コメント (0)

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」【IMAXレーザー3D字幕】を観る(ネタバレ無し)

MCU最新作「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」をIMAXレーザー3D字幕版で観てきた。後回しにされた「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」と異なり、日本が世界最速公開。主演のベネディクト・カンバーバッチからもキツくネタバレ禁止令が出されているため、ここで中身は語らず。

マーベル、サム・ライミ、ダニー・エルフマンの組み合わせは「スパイダーマン2」以来。「スパイダーマン」シリーズではヒーロー作品の王道を行っていたが、今回はサム・ライミの原点たるホラー要素を織り込み、マーベルの世界観に重ねている。そんな恐怖演出と驚きのマルチバースの化学反応も見どころ。

MCU作品は玉石混交だが今回は玉(と一定以上の評価)。「ノー・ウェイ・ホーム」超えというより、ベクトルが異なるし、満足感は違った。あくまでスティーヴンの魔術師としての進化、ワンダの救済が主題。その点で配信シリーズ「ワンダヴィジョン」抜きでも事足りるが、彼女の執拗な思いは「ワンダヴィジョン」ありきと思う。

ストレンジ第一作の世界観を引き継ぎ、マルチバースを紡ぐ。驚天動地、大画面と奥行き感が相まってモノが飛んでくるたび思わず避けてしまう。ビジュアルの凄まじさをIMAX3Dがサポート。物語以上に映像を楽しむ映画だと思った。IMAXに限らず、ベスポジ(再後尾列の真ん中)が取れたら最高。タッチの差でちょいズレてしまったけど。

MCUおなじみのエンドロール前後の仕掛けに次作は単独、あるいはコラボなのか気になる。アメコミ、マーベルマニアの方ならいろいろ解るのかしら。そんな仕掛けが気になる方は是非劇場へ。

220504_01


| | コメント (0)

2022/05/03

「今日もどこかで馬は生まれる」を観る

アマゾンプライムビデオで「今日もどこかで馬は生まれる」を観た。競走馬のセカンドキャリアに迫るドキュメンタリー。鈴木伸尋調教師、岡田総帥のご子息コスモヴューファーム岡田義広代表他のインタビューを通して競走馬の現実を伝えていく。

このドキュメンタリーは受け取り手が競馬ファンか否かで考えは大きく違う。競走馬は年間七千頭近い登録があって、同じ数だけ抹消されていく。現実その行先はこの作品の通り。競馬ファンで無ければ動物愛護の観点から競馬自体や競馬産業をバッサリしたくなる。

だが冒頭この作品が言う通り、一大産業の維持に国庫への歳入は馬鹿にできない。そんな中、競馬と社会の両立と模索の一端が語られる。現実を受け止めて強い馬作りで対抗するもよし、地道に馬生を送らせてあげるのもよし。ただ民間の力には限界がある。

鯔のつまり、ファンのコメントの通り、JRAやNARから一助を、これら監督官庁たる農林水産省の姿勢にこそ問題がある。全くやっていない事はないと思うが、アピールもグリーンチャンネル頼りではね。それにやっていればこの作品でも少なからず語られたであろう。

近年、一部の競馬ファンの間でも角居元調教師の活動や重賞勝ち馬の乗馬への転向等が報道され、競走馬のセカンドキャリアの理解が浸透してきている。この映画もその一つ。その中で「身近なところに馬がいない」というコメントは心に残る。大半の人に馬の存在は画面の向こうでの出来事でしかない。

JRAはピントのズレたCMで「競馬場へ来て下さい」と言う。家族で楽しめるよう遊具もあるし、美味しいものもありますと。欧米で馬は身近な存在でかつ、競馬の歴史は長い。今、間近に馬を見るには北海道や競馬場へ行くしかない。活路はその欧米との違いにこそあるのではないだろうか。

220503_01

 

Hola

| | コメント (0)

2022/05/02

デヴィッド・クローネンバーグの「スキャナーズ」を観る

アマゾンプライムビデオでデヴィッド・クローネンバーグ初期の作品「スキャナーズ」を観た。1981年公開作品のカナダ映画。なるほどカナダのジャック・ニコルソンことマイケル・アイアンサイドが出演しているわけだ。

ホームレスのベイルは苛まれた中年女性を睨み倒すと彼女は苦しみ倒れた。力を察したある組織に捕まったベイル。そこでルース博士から能力者=スキャナーとその存在を告げられる。そして敵対する組織に侵入するよう依頼されるのだった。

かつて地上波で放送されたのがウソのような人体破壊(放送では瞬間レッドバックしてたかな)。マイケル・アイアンサイドの顔芸と超能力の組み合わせ、しかもクローネンバーグにパトリック・マクグーハン出演、音楽はハワード・ショアと好物の塊のような作品。

オープニングで"Patrick McGoohan in"と題される通り、演じたルース博士の存在がカギ。インテリジェンスさ漂うマクグーハンがいい。そしてヒロイン、ジェニファー・オニールの美しさ(出演作「おもいでの夏」)。主演のスティーヴン・ラックは地味だからこそアイアンサイドとバランスする。

スキャナーは単なる超能力バトルに留まらず、他者と意識を共有したり、電話でコンピュータハックする等、先見性のある設定が光る。そして物語に仕組まれた真の目的が面白い。確かに続編が作られるのにもわけがある(クローネンバーグ関係ないから観た事ないけど)。
220502_01

| | コメント (0)

2022/04/30

デヴィッド・クローネンバーグの「クラッシュ」を観る

WOWOWプラスで録ってあったデヴィッド・クローネンバーグ監督作品「クラッシュ」(R15+指定版)を観た。同じタイトルの映画は数あれど、世界観の突飛さで唯一無二の存在。昨日観た「TITANE/チタン」とテーマが重なるところもある。だがその徹底した変態ぶりはクローネンバーグらしさに溢れている。

よそ見運転したジェームズは車線を飛び出し対向車と激突、重傷を負ってしまう。だが対向の車中に女性の姿が見えた。入院先のジェームズで同じくケガを負った女性ヘレンと再会。彼女との出会いからある催しに参加するのだった。

物語は車や交通事故に際する性愛がテーマ。作中のキーマン、ヴォーンの案内の下で危険な世界に入っていくジェームズ。まるでクローネンバーグ版「アイズ ワイド シャット」と言っていい内容で徐々にその深みに嵌っていく。テーマを見事に体現した監督の力量に観ているこちらまで引きずり込まれそうだ。

とにかく終始エロい。妻キャサリン役のデボラ・カーラ・アンガー、ヘレン役のホリー・ハンター、さらにロザンナ・アークエットと彼女たちのバストトップが見えたり、見えなかったりと想像力を掻き立てる艶技。この究極の愛とボカシがR15+指定版の象徴と言えよう。けっして家族の前では観てはいけないと忠告。

ただこの究極の性愛の果て、それがヴォーンの辿る運命が怖い。エンディング、それぞれ車を走らせるジェームズとキャサリン。そしてその顛末。こうなってしまう怖さ、それを恐れない怖さを垣間見る。真似できない世界だから映画は面白いのだよ。クローネンバーグ恐るべし。ホント、映画の中だけで良かった。

220428_03

| | コメント (0)

2022/04/29

「TITANE/チタン」を観る

今日、仕事を終え連休突入。そこでベルギーとの合作フランス映画「TITANE/チタン」を観てきた。昨年カンヌ映画祭のパルムドールを受賞。事前情報は最小限に留めるもハード描写はR15+からも察せる。観始めると1分後何が起こるか判らない、想像を遥かに超えた映画だった。

アレクシアの艶かしいダンスで幕を開ける本作。エロい映画と喜ぶのは最初だけ。立て続けに起こる惨劇に思わず視線を外したくなる。やがて逃避行を図るアレクシアに大きな転機が訪れる。そこからがこの物語の真骨頂。唯一つを除いて誰も結末を予測できなくなるだろう。

タイトルの通り、肉体と金属の融合がテーマに感じられ、かつてのB級SFや日本のマンガに触発されたオマージュともとれる。アレクシアはエロスの果てに辿り着く結末。神とキリストを口にするヴァンサンの役割に納得。その姿、実に神々しく「2001年宇宙の旅」を彷彿する。

ヴァンサンを演じるヴァンサン・ランドンの悲哀と懐の広さ。冷え切った展開の中、時に笑わせてくれる。心肺蘇生の機会があれば是非真似してみたい。彼の優しさがあったからこそアレクシアの心境に変化が現れたのだと思う。

あまりに破天荒な映画ゆえ常識を求めるような人に勧められない。しかも前半の血生臭さに裸のオンパレードも一見女性に不向きな感じ。ただ凄まじいエネルギー、最初から最後まで見逃せない尖り具合が堪らない。アレクシア役アガト・ルセル渾身の演技と共にとにかく覚悟して観るべし。

220428_02

 

| | コメント (0)

「頭文字D 4th stage」を観る

アニマックスで録ってあった「頭文字D 4th stage」(全24話)観終わった。高橋涼介の誘いでプロジェクトDに加入した藤原拓海。県外の走り屋との公道バトルで連勝を重ねる拓海たち。だが強力なライバルが彼らを待ち受けていた。

バトル系漫画の王道、ライバルたちとの闘いの中で成長をみせていく拓海。ハチロク一騎で立ち向かう姿はファーストガンダム。カーボンボンネットは見た目、差別化を図るインパクト。リアルな路上で目にするボンネットを黒くする人たちの気持ちも今は解らなくもない。

途中、箸休め的な悪役の登場に絶対的な存在を期待するが、高橋啓介自ら打破する姿に納得。しかも彼を助ける伏線が何となく感じた通りに展開され、FD好きにはそこが嬉しい。走り屋同士の丁々発止のバトルだけに限らない交流も面白い。

プロジェクトDの盤石さ、涼介の戦略と分析が興味深い。バトルシーンに涼介のセリフが鋭く刺さり、拓海や啓介が活路を開いて実証される。だがゴッドアーム=城島俊也との対戦では啓介でさえ、拓海の底知れぬ能力に期待、これに応えている。ただ拓海は中年ドライバーにトラウマがあるようだが...

MOVEの前半OP曲「DOGFIGHT」がカッコいい。正直、彼らの楽曲に好き嫌いがあるが、ハマる曲はボーカルの技量が拙くてもそこが味になってしかもラップのノリがいい。おかげでアマゾンプライムミュージックでベスト盤を聴きまくってる。

いよいよ次回よりプロジェクトDは神奈川エリアへ。既に2話観たが、CGシーンの拡大と向上が凄い。果たしてどんな物語が待っているか期待したい....ってGWで5月6日まで放送休止だって(泣)
 220429_01_20220429063001

| | コメント (0)

«リアル・グランツーリスモ