2018/09/18

「アントマン&ワスプ」を観る

今夜は仕事を終えてから「アントマン&ワスプ」を観てきた。「インフィニティ・ウォー」後のMCU最新公開作。アントマンが相棒ワスプと共にマクロからミクロ、そして量子レベルにまで駆け巡るSFアドベンチャー。

ソコヴィア協定に反発したアントマンことスコットは2年の自宅軟禁下にいた。その終わりが近づこうとした頃、ある夢にうなされる。それこそ量子界に置き去りにされ、死んだと思われたホープの母ジャネットとのコンタクトだった。時同じくジャネットの夫ハンクは量子トンネルの製作に成功。スコットを基点としたジャネット救出を計画する。だがそこに量子トンネルを狙う者がいた。

前作はスコットと娘キャシー、ハンクとホープの二つの親子を軸に展開した物語。今回はジャネット救出に奔走するホープとハンク親子、さらにハンクの過去が描かれる。彼らを襲うゴーストとの接点、軟禁下を装うスコットの奮闘。スコットの親友ルイスがコメディパートで笑わせる。

毒の少ない悪役、本作はMCUの中で最もディズニー的、子供も安心して観られるファミリー映画だ。ただ前作を観ていないと判らない設定、背景も多いので注意。

戦いっぷりはほぼミクロに徹した前作の方が好き。「シビル・ウォー」で巨大化を果たしたアントマン。テンポよくスムーズなサイジング。加えて本作のトリッキーなカーアクションがいい。こういう演出はテレビサイズよりも劇場向き。それだけでグイグイ引きこまれる。エンドロールのミニチュア、小ネタも可笑しかった。

ちなみにキャストの一人にローレンス・フィッシュバーン。ライアン・レイノルズ共に数少ないマーベル、DCの両映画に出演を果たしている。

ラストシーンに「インフィニティ・ウォー」との接点が現れる。次作「アベンジャーズ」完結編での活躍を期待しながらも、彼の行く末が気になるエンディング。MCUらしく手堅い出来、及第点以上に楽しめる作品だ。

20180917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/15

久しぶりに「その男、凶暴につき」を観る

仕事前、朝から「その男、凶暴につき」を観た。言わずと知れた北野映画第一作。何度も観た作品。初見は劇場だったか、DVDだったかは覚えていない。何しろ突然、この一週間「その男、凶暴につき」のメインテーマとグノシェンヌが常に脳内再生、頭を離れなかったからだ。仕事の行き帰りでサントラを聴き込む。そして早朝、観たい欲求に駆られ、録画ブルーレイを取り出した。

脚本は野沢尚によるもの。だが最近YouTubeで森プロデューサーの回顧インタビューを見て知ったのだが、たけしが監督受諾の条件で大幅に変えてしまったらしい。野沢氏がスタッフロールから外して欲しいと言うほど。だから改めて観ると、セリフがキタノ節になっているのが判る。秋山見学者とのやり取りなんてたけしのコント。一方でオリジナル脚本が何処まで活かされているかは判らない。

この作品で秀でているのは日常の狂気、その描き方だ。30年近く前の作品なのに違和感が無い。例えば夜の街、我妻を襲う流れ弾が女性の脳天を突き抜ける。凍てつく瞬間を割く絶叫。突然の出来事を見事に捉えたシーンだ。それに限らず、一つ一つの暴力シーンで観る者に痛みを伴う。今や何事もコンプライアンス。この作品がテレビ放送されなくなったのも頷ける。

本作で40代前半と思われるたけし。脂ののった時期、洗練されたいい男だ。あの事故前(サングラスで)表情を隠す事も無い。セリフはキタノ節、足りない事はあっても無駄なセリフはない。だから想像力をかきたてる。我妻が金を借りた後輩刑事が逃亡犯に殴打されるまでの描写。これだけで後輩刑事の人となりが見えてくる。しかもその行く末は追わない。そしてあのカーチェイスに繋がる。

カーチェイスの顛末は明らかにたけしが考えたものだろうな。これも巧いんだ。我妻のラストシーン、消灯を含め、画作り、構成が巧いんだよ。たとえところどころ気になる点があっても、その後の北野映画にはない粗削りなところ、それすらこの作品の魅力になってしまう。

白竜、寺島進、平泉成、遠藤憲一、それ以外のキャストの一人一人見どころがあり、作品を支える。寺島が製作当時、「この映画は凄い事になる」と感じ取ったのも結果、現実となった。

バブル期に素人映画監督が乱立、乱造。当時、その一作と思われていた。しかし生まれたのはこの傑作。深作欣二の降板でたけしが監督したのは天命だったのか。今も「その男、凶暴につき」は彼の作品の中でベスト3に入る。

今のたけしをみると、もう映画を撮らないだろうな。事務所のドタバタ、これまで森さんプロデュースあっての映画製作を思えば、そこから離れて絵画や小説のような別の創作に向かう。自らの小説を是枝裕和監督に撮って欲しいと言ったのもそうした経緯、本音かもしれない。もう十分、あえて新作の期待はしない。これだけの作品群を生んだたけしはやっぱり凄いよ。

180915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/09

「累 -かさね-」を観る

今日は仕事帰りに映画補給。芳根京子、土屋太鳳W主演の「累 -かさね-」を観てきた。番宣でのビジュアルと設定以外は知らず。エンドロールまでコミックが原作とも知らなかった。ここのところ若手女優主演となるとイケメン、壁ドンと食傷気味に雨後の筍ばかり。だが本作は違う。内面をも映した怖さ、ガップリ四つの演技のぶつかり合いを観る事ができた。

累(かさね)は舞台女優を母に持つも、顔のキズをコンプレックスに持ち、ずっとイジメを受けてきた人生。その母の一三回忌に演出家の羽生田が現れる。羽生田は自らの舞台に累を招き、主演女優のニナを会わせた。そして羽生田は累の素質を見抜き、ある計画を実行する。それこそ累の持つ秘密によるものであった。

心と体の入れ替わりといえば大林宣彦監督の「転校生」が浮かぶが、こちらは生々しく不気味。累の舞台に立つという秘めた欲望を満たし、さらに際限が無くなっていく。冒頭やや説明不足に物語は進むが、その理由は幼少期のエピソードに隠されていた。そして累とニナはクライマックスの劇中舞台劇サロメを迎える。

ファンタジックな設定ながら醒めずに観終えたのも、難しい役柄の中で主演二人の演技力による点が大きい。これまで観た事のない、彼女たちの過去作と比べて演技の振り幅も広い。真の彼女たちの姿が見えぬほど。またしたたかに彼女たちを引き込む浅野忠信の存在も光る。

物語の背景、構成の面白さも見どころ。一種のジャパニーズホラー。この設定、ハリウッドは見逃さないだろう。全てを語らず観客に委ねた結末は賛否あろうが、そこも日本映画らしい。最後の最後まで惹き込まれた作品だった。

180909


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/19

「レゴバットマン ザ・ムービー」(吹替版)を観る

今朝はだいぶ前にWOWOWで録ってあった「レゴバットマン ザ・ムービー」(吹替版)を子供と観た。子供向けと侮る無かれ。レゴの世界観さえ許容すれば、なかなかの内容。しかもバットマンを含めた優れたパロディー映画である。

ゴッサムシティを守るバットマン。宿敵ジョーカーは街を襲うも呆気なく捕まってしまう。だがそれはバットマンの心理をついた作戦を秘めていての事だった。

映画ファンならオープニングからニヤける演出。これまでの映画版、テレビ版のバットマンのセルフパロディーが楽しい。またバットマンを擁するDCコミックだけでなく、ハリポタ等ワーナー映画のキャラクターが出演、街に宇宙へと大活劇を繰り広げる。

オリジナルでは残虐なジョーカーも、レゴの世界では朗らかな悪党に変わる。バットマンとのやり取りも友情でないが、何とも言えない繋がりを感じる。それが物語の導引であり、子供たちの気持ちに何かを残すだろう。でも同じ視点でオリジナルの映画版を観る事はできないが。

吹替はダサカッコな山寺宏一のバットマンがいい。バットマン売りの孤独さもこの作品では自虐ネタに変わる。これって初見の子供には解らないかも。でもこれまでバットマンを観て来た身にはとても可笑しい。

また吹替版は単に子供向けに敷居を下げるだけでなく、文化的なローカライズも行なう。ロビンに小島よしおをキャスティングしている点もそうだ。原語では言っていないギャグだが、上手く昇華されている。これなら演技を含めてアリだ。おかげでうちの子供のウケも良かった。

映像はCG臭は皆無。ストップモーションでは?と思わせるくらい、レゴワールドに浸れる。ビークルは縦横無尽、バットマンのアジトもカッコいい。映画版のレゴはワーナーと単独契約かもしれないが、あわよくば映画版のレゴ・アベンジャーズも観てみたい。

180819

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/18

「悪魔のようなあいつ」を観る

18081801

TBSチャンネル2で録ってあった「悪魔のようなあいつ」を観た。1975年放送の全17回。原作に阿久悠が参加したマンガでそのドラマ化らしい。個人的には金曜ドラマで久世光彦プロデュース、長谷川和彦脚本、そして沢田研二主演という事で記憶される。ただドラマの本放送が自分の幼少期であり、その後の再放送も含め一度もまともに観る事はなかった。

このドラマは1968年に起きた三億円事件がモチーフになっている。事件の時効を待つ主人公可門良。綿密に決行された計画に警察はなす術がなかった。だが執拗に追い掛けていた白戸警部は事件の背景に良の姿を嗅ぎつける。

ドラマの世界観はまさに久世ワールド。水曜劇場で育った身には琴線に触れる演出。例えば音楽の使い方。本ドラマの主題歌はジュリーの「時の過ぎ行くままに」。要所、ラストと彼の歌を重ねる。中でも舞台となるバーではジュリーの弾き語りで聴かせる。加えてデイヴ平尾の歌う挿入歌とその後の水曜劇場での演出が垣間見える。

「時の過ぎ行くままに」は和製「while my guitar gently weeps」だとつくづく思う。似て非なる曲だが、泣きのメロディーにシンパシーを感じる。ちなみにドラマの音楽はジュリーの盟友でもある井上堯之バンド。この曲は大野克夫の手による。昭和の名作ドラマの熱さは彼らだからこそ。

閑話休題。物語はなかなか過激。今ならコンプライアンスで物語の魅力の10分の1も出ない。ジュリーを取り巻く女性たち、そしてベッドシーンも多い。男女が全裸で警察を茶化すくだりもある。だがジュリー、可門良に惹かれる女優陣も魅力的。若き篠ひろ子、大楠道代と肌を重ねる姿は妖艶。ジュリーの姿は美しく、反してタイトル通りに悪魔的である。デスマスク片手にタイトルロールでの微笑は象徴的だ。

配役はのちに関係性が明らかになる藤竜也、同じく兄貴分の荒木一郎、そして白戸を演じる若山富三郎と時に熱く昭和を感じるが、それが懐かしく心地いい。ゴジこと長谷川和彦の脚本は時に緻密、時に大胆に物語を進めていく。この後でジュリーとの再タッグ作「太陽を盗んだ男」(こちらも傑作)との共通性も多い。いや、実にジュリーは犯罪者が似合う。

結末は推して知るべし。だが知ったとして、魅力的な物語である事に変わりない。本作は三億円を巡るファンタジー、実際の三億円事件もファンタジーだったのかも、と思う。だからこそ昭和の都市伝説。そして不世出のスター、沢田研二を知る上で欠かせないドラマなのである。

18081802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

「カメラを止めるな!」を観る

今日は地元公開となった「カメラを止めるな!」を観て来た。SNS時代、クチコミで人気が拡散、そんな話題作がやっと地元にもやって来た。初日、最初の上映回とあってほぼ満席。夏休み、これからお盆休みに入っての盛況。この田舎のシネコン(そして配給会社も)もしてやったりと言ったところ。

物語は触れません。巧みな構成でアイデアの勝利。その世界観はポスターの通り。何を言ってもネタバレになりうる。強いて挙げれば、始まって30分は事の行く末を見守るのみ。ただそんな中で笑いと恐怖、そして謎を散りばめつつ、本編後半でそれら伏線が回収されていく。

この作品には笑いよりも共感という言葉が似合う。10年前ならマニア向けの映画に終わったかもしれない。今や誰もが動画を撮り、作品を作る時代。撮影あるある、映画ファンには映画あるある、本編でのエピソード一つ一つが観る者の共感を呼ぶ。ラストシーンに至るエピソードと手作り感がいい。

そして何より本作のキャストが無名なのも正解。だからこそそれぞれに個性的、配役の妙、演技に漂うB級臭も楽しい。特に可笑しかったのは「ぽん!」。きっと観た人にだけは伝わるだろう。

満席の劇場に笑いが起こる、そんな経験も久しぶり。タイトルはまさに劇中監督での心の叫び。今年の邦画屈指、オススメの痛快作だ。

180810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

「ザ・ベストテン(1979年3月15日放送)【追悼 西城秀樹】」を観る

18080601

CSのTBSチャンネル2で放送された「ザ・ベストテン(1979年3月15日放送)【追悼 西城秀樹】」を観た。タイトルの通り、急逝された西城秀樹さんが登場した回。「ヤングマン(YMCA)」が第1位で番組のラストを飾る。たぶん当時、この放送をリアルタイムで観ていたと思う。

18080602

まず冒頭、タイトルコールが懐かしい。しかも久米宏、黒柳徹子の二人は絶頂期。マシンガントークに絶妙な掛け合い。しかも「ザ・ベストテン」はその人気を盤石とした頃。翌日はベストテンの話題で持ちきり。ランキングをテレビに持ち込み、音楽エンターテイメントに徹した時代を変えた番組。ちなみにこの日のベストテンは以下の通り。

第1位 「YOUNG MAN」 西城秀樹
第2位 「カサブランカ・ダンディ」 沢田研二
第3位 「HERO(ヒーローになる時、それは今) 」甲斐バンド
第4位 「チャンピオン」 アリス
第5位 「モンキー・マジック」 ゴダイゴ
第6位 「ガンダーラ」 ゴダイゴ
第7位 「天までとどけ」 さだまさし
第8位 「性(サガ) 」ツイスト
第9位 「想い出のスクリーン」 八神純子
第10位「 いい日旅立ち」 山口百恵

最初に出て来た百恵ちゃんにクギづけ。昭和を生きた人なら僅かに残る彼女の記憶。しかも名曲「いい日旅立ち」である。ベストテンのいいところは生バンド。昭和の歌謡曲は生バンドこそ活きる。いい曲、いい歌に心が震えた。

第9位の八神純子も懐かしい。時代を感じさせるやり取りに苦笑。曲が始まると思わず歌詞が浮かぶ。

第8位のツイスト。世良さんが若い。40年近く前だもんな。鮫島さんの姿もある。

第5位、第6位のゴダイゴは欠席でVTRの登場。でもちゃんと生音だよ。「モンキー・マジック」は全て英詞。今思えば斬新だし、日本のチャートで初めての出来事だったんだろうなと思う。当時はノリで、今は歌詞のテロップでやっと内容が解ったような。

第2位のジュリーは貫禄。昭和、不世出のアーティスト沢田研二の存在感に圧倒された。今同チャンネルで「悪魔のようなあいつ」を見るにつけ、この時代、この人には敵わない。たとえ「ブルーバード、お前の時代だ!」と言われてもね。

そして第1位「YOUNG MAN」西城秀樹の登場。先週からランクアップしての1位。そしてしばらく「YOUNG MAN」の1位が続く事になる(ウィキで調べると年間ベストテンは第7位)。

演出はシンプル。ファンを集め、ステージ上の彼を囲む。背後には電飾でYMCA。電飾がリズムに追い付かないところは一発勝負の生放送ならでは。第2位の「カサブランカ・ダンディ」での派手なセットもそうだが、今のテレ朝「ミュージックステーション」の演出と変わらない。音響技術は今の方が優れていても、音楽番組の演出に進歩はない。

少なくとも音楽の質は変わらないか、昔のほうが高かったように思う。今はパフォーマンス中心になり、口パクも許される。正直、ザ・ベストテンに出演する歌手で生歌じゃなかった人が思い出せない。最後の記念写真のコールと共に番組は終わった。

残念ながらさだまさしとアリスはスケジュールの都合で不出演、甲斐バンドは”権利上の都合"で今回の放送は編集でバッサリ切られた。今回の放送の冒頭でもテロップが出ていたが、この”権利上の都合”がこの手の再放送の障害となっている。この回は出演者が少なかった事も功を奏したのだろう。ただ全長に近い形でザ・ベストテンが観られたのは、この世代として嬉しい。

願わくば毎週、木曜夜9時にザ・ベストテンを再放送してくれる日が来ると本当に嬉しいのになぁ。

最後に謹んで西城さんのご冥福をお祈り致します。

18080603

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/04

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観る

今日は人気シリーズ最新作、トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観てきた。タイトルナンバリングが無くなって何作目か分からなくなったが、今や夏に欠かせないアクション・ムービー(ちなみに7作目との事)。世界同時核テロ、プルトニウム強奪を巡り、イーサン・ハント率いるIMFチームが挑む。

そもそもストーリー云々を問うような作品では無いが、今回はこれまでに比べ最も前作との結び付きが強く、シリーズ初めて続編的意味合いが強い。また登場人物をめぐりシリーズを通じた小ネタも散見された。少なくとも前作「ローグ・ネイション」は観ておいたほうがいい。

「ミッション:インポッシブル」らしく騙し騙されが続くが、そこもお約束。特に冒頭は第一作を思わせニヤリとさせられた。

もちろん見どころはアクションだ。パリ市内を車、ハイスピードで突っ走る。既視感たっぷりながら好意的にあの名作のオマージュと感じた。それだけでなくとにかくトムが走る、跳ぶ、躍動する。シリーズ二作目以降、トムがアクションにこだわる、活劇たる映画の醍醐味に溢れている。たとえ撮影でトムが骨折しようが、作品中のイーサン・ハントは不死身だ。

また男子からみれば、レベッカ・ファーガソンの続投も嬉しい。彼女のアクションが華を添える。ラロ・シフリンのテーマ曲に血湧き肉躍り、さらにおなじみルーサー、ベンジーと「スパイ大作戦」らしく、男女混合チーム戦でクライマックスを迎える。

観ていて思ったのは、本作は大スクリーン向きだという事。2Dであってもこれほどの奥行き感、迫力を感じるのだ。逆に3Dだと、メガネ方式を間違えば経験からも面白みは半減。字幕派であれば迷わず2D版をオススメする。暑い夏だからこそ、劇場で本作を涼しく楽しんで欲しい。

180804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/26

「レディ・バード」を観る

今日は今年のオスカー作品賞候補にもなった「レディ・バード」を観てきた。監督の自伝的な作品で2002年が舞台。サクラメントに住む自称レディ・バードことクリスティンが、高校最後の一年を進学、恋愛、そして家族との間で成長していく姿が描かれる。

女子高生というと、邦画ではどれもよく似た恋愛映画。もちろん本作はそういう事はない。しかも相手となる男子も今を反映させた作り。それだけでなく多感で繊細な時期の描写が巧い。深過ぎず、浅過ぎず、レディ・バードは様々な出来事を通して親の元を巣立っていく。

観る側が同世代と親世代でその目線は違うだろう。クリスティンを演じるシアーシャ・ローナンの自然な可愛さ、エピソードに惹き込まれながらも、いつの間にか父親、母親側の気持ちになっていた。すれ違い、気持ちが届かないようでお互いわかっている、それが親子。レディ・バードからクリスティンへ。その変化がエンディングに帰結する。

あっさりした作りながら、それぞれのキャラが立った群像劇でもある。親友ジュリーのちょっとした出来事も伏線となり、何があったか想像させる。高校の神父やシスター、斎藤工似の兄貴やその彼女、無職の父親にしろ、小さなドラマが垣間見える。そんな作りがいい。

あと一つ、洋画のオーディションシーンって何で面白いのだろう。本作でも鉄板です。

本作が描く高校時代という無垢さと危うさ、そして儚さ。観た後に気持ちがいい、そんな良作です。

180726

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/23

NEC ノートパソコンLL750/CをSSD化する

18072100

妻のノートパソコン、NEC LL750/CをSSD化した。2010年秋モデル(という懐かしい言葉)で8年目。Windows10への対応(メーカー公式には非対応)に加えハードディスクの劣化といいとこ無し。だいぶ前にメモリを8GBにしたが、焼け石に水。妻はほとんどの作業をiPad Proへ移行するも、PTA関連でExcelやWord(Office365でなければ)作成となるとPCのほうが使いやすい。

まず先に結論。NEC LL750/CのSSD化は容易い。ただしSSDとクローンソフトの選定さえ間違えなければ、と注文が付く。そのおかげか紆余曲折で10日間を無駄、いや身も心も多くを労した。

まずSSDの選定だが、ノートパソコンのHDD容量より650GB以上のものを用意する必要がある(、と思い込んでいた。ソフト側の調整で移行元容量より小さくても可能との事)。そこで白羽の矢が立ったのが、Colorful「SL500」650GBだった。Amazonで約1万4千円。「安かろう、...」という点は気になったが即決。

加えて手元のLL750/C。最近よく突然シャットダウンするという。バッテリは死、ACだけで30分もたないらしい。妻は「ACアダプタの接続部を消しゴムで下から支えるといい」とオカルトっぽく話していたが、原因は内蔵ファンのホコリ詰りと判った。ACアダプタの故障かと思い、代用のバルク品を買ってしまったが、無駄な買い物に終わる。ちなみにこのホコリ問題はSSD換装作業中で判った事。これがSSD化、クローン化での紆余曲折のきっかけとなる。

クローンソフトは金が無いのでフリー、EaseUS Todo Backupの無料版を選んだ。ケーブルは当り外れの無いトランセンドのSSD換装キットを購入。Colorful「SL500」を繋ぎ、Todo Backupのメニューからクローンを選択、実行に移す。だが30分後、ホコリ問題解消前だったため、突然のシャットダウン、早々クローン化に失敗してしまう。

ホコリ問題解消以降、再度クローン化を試みる。だがEaseUS Todo Backupから何度クローン化、SSD換装を繰り返しても、Windows10起動後にフリーズしてしまう。コマンドプロンプトからchkdskするとセクター不良が連呼される始末。換装作業早々でホコリ問題がトドメを刺し、SSDのコントローラを含めて「SSDが壊れた!?(泣)」と思った。

ダメ元でクローンソフトを変えてみる。いずれも無料版。なおその後のパーティション解除は別ソフトであるMiniTool Partition Wizard(無料版)で行なった。
(1) EaseUS Todo Backup=>Windows起動も、すぐにフリーズ。クローン作業大半はこのソフトで試した。
(2) トランセンドのSSD scope=>自社品だけなのか、クローンできない。すぐに使用を諦めた。
(3) AOMEI Backupper=>最終的にクローン化成功したソフト。動作に支障なし。

SSD換装前のWindows10起動は2分40秒。それがSSD化で45秒と劇速。ブラウザ(IE)もキビキビ動く。あまりの変化に「ジオンは、あと10年戦える!!」と似た感情が湧き起こる。

だが、ここに至るまで10日間、多くの試行錯誤があった事を忘れられない。出だしのホコリ問題の果て、オリジナルHDDがWindows10を起動しなくなって復旧に手こずったり。さらにクローンソフトのやり方や組合せを様々試したり。特にColorful「SL500」は安いSSDだからこそ、PCやクローンソフトとの相性があるようだ。もし次にSSDクローン化をする事があるならば、まず実績のあるメーカーのSSDを選びたいと思う。

18072301

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を観る