2020/09/29

ウチの受信契約コンテンツ事情

200929
今月いっぱいでNetflix(スタンダードプラン1,200円)を解約する事にした。「全裸監督」「ハウス・オブ・カード」等ひと通り観たい作品を一巡した事が大きい。解約手順は秒殺、Web上で3アクションと呆気なかった。HD画質で1端末契約があったら良いのになぁと思う。

これで配信系はAmazonプライムビデオ(年会員で月割408円)のみとなった。

自分の契約しているコンテンツの主軸はWOWOW。最新作が観られる一方、ミニシアター系に強い。放送メディアなのでディスクへライブラリー化できる。ただ月額2,300円と決して安くない。

そしてスカパー。元々はグリーンチャンネルを見るため。基本料金を加えて1,749円。加えてセレクト5で1,980円(1チャンネルあたり約400円)。

今選んでいるのはアニマックス、日本映画専門チャンネル、東映チャンネル、ムービープラス。フジテレビONE (来月TBSチャンネル2はムービープラスへ)。それぞれ配信系に無いソフトを多く持ち、WOWOW同様にライブラリー性が高い。

中でもフジテレビONEは趣味チャンネルとして強力。武豊TV!2にゲームセンターCX、漫道コバヤシがお気に入り。セレクト5はこれまでも何度かチャンネルを入れ替えているが、フジテレビONEだけはフィックスである。

Netflixを入れると月額7,637円、止める事で6,437円。スカパーはセレクト5を止め、1チャンネル契約という手もあるが、3チャンネル以上となると、セレクト5のトータルコストパフォーマンスに敵わない。なおNetflixは時間が取れる年末年始までおあずけです。

| | コメント (0)

2020/09/27

「メメント」(吹替版)を観る

今日はNetflixでクリストファー・ノーラン監督作、2000年公開の「メメント」を日本語吹替版で観た。昔、深夜テレビで観た記憶はあるが、後半だけだし意味不明に終わってネタバレになっていない。今回は「テネット」の後を受けて仕切り直しの鑑賞となった。

保険調査員のレナード。ポラ写真や体に入ったイレズミはメモ代わり。ある事件以降、彼の記憶は10分保たないのだ。きっかけは目の前で妻が強姦、殺された事件。やがてレナードの借りたモーテルに、事件のカギを握るテディが現れる。

倒叙的、徐々に物語の詳細が現れていく作り。原作は弟ジョナサン、監督脚本が兄クリストファー、難解ノーランズによるトリッキーな物語。頼りは事件以前の記憶、そして絶対的に信頼するメモ群。だがその裏側が明らかになるに従い、レナードの行動と事件の真相の間の齟齬が見えてくる。

近年スケールの大きいノーラン監督作だが、本作はミニシアター系のサスペンス。一方ノーランらしい作品内に生きるルールは健在。作品鑑賞中は脳内活動全開必至。「テネット」のような大袈裟なSFではないが、内宇宙というべき記憶というテーマが面白い。

ジョー・パントリアーノにキャリー=アン・モスと「マトリックス」のキャスト二人が登場。でも本作でキャリー演じるナタリーのほうが曲者。そしてガイ・ピアースによるレナードにも翻弄される。パズルの正しいピースが嵌められた時、今の自分の記憶にすら疑問を持ちざる得ない。

レナードの声はキーファー・サザーランドでお馴染みの小山力也。レナードに合った感情を抑えた演技に好感。作品の規模に関わらず、吹替は声のプロでなくちゃね。

200927_01

| | コメント (0)

2020/09/26

「真夏の夜のジャズ」(4K版)を観る

今夜は4Kリストレーションされた「真夏の夜のジャズ」を観てきた。1959年のアメリカ、ニューポートジャズフェスティバルの模様を収めたドキュメンタリー映画。この手の作品が劇場で観られる機会は逃せない。

まず鑑賞上注意したいのが座席位置。音楽映画なので迫力を楽しむ事が重要。35mmフィルムで撮られた作品ゆえ、ビスタサイズやシネスコと違いスクリーン両端に帯が入る。画面全体を視野ギリギリに入れるために中段列よりも前の座席で観て欲しい。もちろん列の真ん中がベスポジ。

それでも出演者が4:3の画面比のフレームを外れる程の迫力。出演者だけでなく観客もクローズアップが多いのが特徴。この映画の中で観客の楽しむ姿が同列で描かれていく。普通のライブ映像と異なるアプローチは写真家でもある監督ゆえなのだろう。

見どころはルイ・アームストロングにチャック・ベリーの登場。サッチモは3曲の演奏が観られるが、MCも面白いしどれも秀逸。チャック・ベリーは観客のノリからも当時の勢いを感じる。ギターパフォーマンスがカッコいい。トリのマヘリア・ジャクソンによるゴスペル曲も素晴らしかった。

音質は当時の状況以上のものは得られずナローレンジ。映像も4K化とはいえ先鋭感に乏しい。だがそれも時代の持ち味。音、映像共にジャズ初心者にも伝わる熱。考えるより感じろ。コロナ禍でライブは無観客の今、当時の音楽に浸るのはいい。

200926_05

| | コメント (0)

「ベスト・キッド3/最後の挑戦」を観る

Amazonプライムビデオで「ベスト・キッド3/最後の挑戦」を観た。1、2は何度も観ているが、3は初見。

ダニエルとの対戦後、生徒を失ったコブラ会とクリース。そんな彼に手を差し伸べる実業家シルバー。シルバーに芽生える野望。ダニエルたちに近づき、トーナメントで二人を叩き潰そうと画策する。一方、ダニエルはミヤギの夢を叶えるため、学費を盆栽店の開店に使おうとしていた。

前回のトーナメントから一年。再び戦いの場に駆り出されるダニエル。邦題サブタイトルに「最後の挑戦」と付くが、その経緯がそれ程カッコよくない。

まずこのシルバーって男が訳わからない。デビッド・キャラダインを思わせる風貌。空手の使い手であり、クリースを師事?それでいてタニマチのようで。「まぁ後は私に任せなさい」とクリースをバカンス三昧させる。その間ダニエルを騙し追い込み、トーナメントで敗北を味合わせ、コブラ会を復興するのが目的。

家宅侵入に手下を使って襲わせるし、事業で不法投棄はしているようだしメチャクチャ。襲撃されたヒロインは腹にキックを受けているんだよ。ただヒロインに華がない。彼女はダニエルと得意のロープクライミングで盆栽の木を取りに行くが、ハニーハンターのような過酷さ。あげくトーナメント出場を強要されてしまう。

シルバーの真意が明らかになるところで追い詰められるダニエル。助けに現れるミヤギ。コブラ会の空手は剛、ミヤギ道空手は柔。力に物言わせるシルバーの空手を受けて返すミヤギ。流れるような受け身と攻撃が唯一
見どころかな。

なおドラマ「コブラ会」との関連性は少なく、本作を観なくても事足りる。1、2のように何度も観たいかと尋ねられれば、そうは思いませんと答えるだろう。

200926_04

| | コメント (0)

TBSチャンネル2「ザ・ベストテン(1982年5月6日放送)」を観る

200926_01

CSスカパー、TBSチャンネル2で「ザ・ベストテン(1982年5月6日放送)」を観た。前回が7月放送、次が待ち遠したかった9月。今回初回放送が木曜夜9時とザ・ベストテン放送当時と同じ時間帯と再放送ながらある意味リアルタイム視聴。そこまでは良かった。

1982年5月6日のベストテン。久米宏と黒柳徹子のマシンガンMCで番組が始まる。横で観ていた小学生の息子が「ミヤネ屋」みたいと言うが、彼らはその先駆者。ザ・ベストテンの圧倒的な密度の高さは、緩い今のテレビ番組作りに無いもの。

この日のベストテンは以下の通り。

1位:ふられてBANZAI 近藤真彦
2位:色つきの女でいてくれよ ザ・タイガース
3位:チャコの海岸物語 サザンオールスターズ
4位:南十字星 西城秀樹
5位:渚のバルコニー 松田聖子
6位:心の色 中村雅俊
7位:YES MY LOVE 矢沢永吉
8位:シルエット・ロマンス 大橋純子
9位:誘惑 中島みゆき
10位:ティアドロップ探偵団 イモ欽トリオ

番組は10位のイモ欽トリオ、長江健次の下手な歌で始まる。当時は売れっ子の勢い。松本隆、細野晴臣コンビの作品なのに今は聴くに堪えない曲だった。

そして9位から7位までが生出演無し。中島みゆきと矢沢永吉は出ないの判ってる。大橋純子がポラっぽい写真に出演回を重ねて放送。しかも2位のザ・タイガースもVTR放送だった。でもジュリー突然の生出演が嬉しい。この頃、ジュリーを中心に芸能界は回っていた。そして時を超え、岸部シローさんの追悼放送でもあった。

5位「渚のバルコニー」松田聖子。東京へ遊びに行った時、ラジオで「全日本歌謡選抜」を聴いた事を思い出す。小川哲哉のオレ様感あるMCが好きだった。こちらも松本隆作詞で作曲は呉田軽穂名義のユーミン。昭和のアイドル歌謡は情緒がある。

4位「南十字星」西城秀樹の後、恐るべき事態が起こる。2位の「色つきの女でいてくれよ」に飛んだのだ。しかもジュリーの後をボカシの入った人たちが通っていく。そう彼らはサザンオールスターズ。何と3位「チャコの海岸物語」が流れないとは...

権利の問題と言うのは簡単。サザンにとってザ・ベストテンとは何だったのか。今週のスポットライトで衝撃的な出演。少なくともヒットの足掛かりとなった事実。「ノイローゼ」と連呼した「勝手にシンドバッド」も記憶に残る。黒柳徹子をおかあさんと愛した桑田佳祐。事務所主導の結果?サザンをこんな形で見せられて悲しい。

今回のベストテンも黒柳徹子と近藤真彦の特別対談付き。そこで忖度、1位「ふられてBANZAI」の回が選ばれたようだ。でもザ・ベストテン=マッチでは無いのですよ。この回、生歌は5組。さらに実質40分でズタズタに切り刻まれた今回の放送。ガッカリの一語。もっと権利が取れるアーティスト回を放送して欲しい。

この回、せめてもの救いはスポットライト出演、デビューしたてのキョンキョン。本当に可愛い。アイドル然とした雰囲気。だがそんなアイドル観を後に壊していく。スーパーアイドルという呼び名が相応しい。

なお3ヶ月おきの「ザ・ベストテン」放送だが、次回はアナウンスされていない。「ザ・ベストテン」を今に、次回そんな心意気が期待外れにならないよう切に祈る。

200926_02
200926_03

| | コメント (0)

2020/09/23

スイスポでACCを使ってみる

200923_04

スイスポで高速を走る機会があったので、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を使ってみた。要は高速道路などの渋滞時、前車とその走行速度に自動的に追従しようとする機能の事。

このスイスポ(ZC33S)でACCは時速40km以上で設定できる。停車の多い一般道より、高速道路のような場所で有用となる。ただ東名高速道路はリニューアル工事中だった。そのため車線制限の区間が数カ所あり、その間は減速し、時速70キロで流れていた。

そこでACCを使用してみる。スイスポではACCボタンを押し、車速をプラスマイナスボタンでセットするだけ。すると前車の加減速に合わせ、一定の車間距離が自動的に保たれた。

こうした機能はマニュアル車よりオートマ車の方が得意だと思うが、セーフティパッケージでマニュアル仕様のスイスポでも動作する。しかもアクセルを吹かす速い流れより、今回の工事渋滞のような緩い流れに向いていると実感した。車線維持機能と合わせちょっとだけ自動運転っぽい。

ただ右足の置き場に困った。セーフティパッケージなので緊急ブレーキに対応。でも安全を担保するなら足はブレーキ(またはアクセル)に添えるようにしたい。今回はアクセルペダルの上に乗せてました。ちょっとプルプルしたけど。マニュアルだから、心理的に足をペダル位置から外すのは怖い。何かいい案はあるのかな。

200923_05

| | コメント (0)

トヨタ「GRヤリス」を見つけた

200923_01

ウォーキングの途中、トヨタのディーラーで道路沿いに駐車されたGRヤリスを見つけた。ただ開店前なので距離も限度が...あまり長くいると不審者っぽいのでささっと見、写真を撮った。

ノーマルに比べ顔つきが変わった外観。スイフト=スイスポと同じようなアプローチ。その上3ドア化され、ショートボディがより短く感じる。さらにグレード差、コスト差はヤリスの方が大きい。足回り、ブレーキ周辺のパーツの何とゴツい事。

そして細かな話だが、ボディ天井部の処理が気にいった。カーボン調(?)の素材が張ってある。構造上は判らないが、軽量化に寄与する作りではないか。格好だけではないでしょう。ノーマルとのコスト差は100万円以上(最安グレード比)。こうした改良の積み重ねとはいえ、破格の安さと思うのも頷ける。

ナンバーは付けていなかったので路上に出る事はでき無さそう。でも白いボディに黒と赤のアクセントが如何にもやり手のスポーツカーと思わせ、見ているだけで幸せになれる。スポーツカーはメーカーにとってフラッグシップの一つ。ホント大事だよ。

200923_03

200923_02

| | コメント (0)

2020/09/21

「ベスト・キッド2」(吹替版)を観る

突然Netflixで配信されたばかりの「ベスト・キッド2」を観た。もちろん公開当時、劇場で鑑賞済み。今回は日本語吹替版をながら見した。

ミヤギの下に故郷から父危篤の報が入る。ミヤギとダニエルは沖縄へ。ミヤギは父を介抱していたユキエと再会。二人は昔恋仲だった。そして空手のライバル、因縁の相手サトウが現れる。地元の権力者となっていたサトウは弟子を使い、ミヤギたちの村で嫌がらせを繰り返していた。

前作の趣きは何処へやら。日本人から見るとトンデモ描写が少なく無い。舞台の沖縄は明らかに東南アジアだし、ちょっとしたシーンでの現地人も然り。突然、茶道を始められちゃ黙って見るしかない。後は二人で無責任に盛り上がる。でも洋画ってトンデモ系だった頃のほうが断然面白い。

「ベスト・キッド2」というとでんでん太鼓にタムリン・トミタ、そしてピーター・セテラ。ワックス掛けの代わりにでんでん太鼓だったが、外国人には物珍しいのだろう。映画的に少々唐突だなと思う。ミヤギさんの打ち方(持ち方)も微妙。

タムリン・トミタはその後、テレビシリーズ「HEROES」や「高い城の男」等いろんな作品で見る事になる。このクミコ役、当時日本のアイドルが多数オーディションを受けたそうだけど、英語劇には無理があったのかな。新春スターかくし芸大会レベルじゃダメか。

作品を観終わって、ピーター・セテラの歌う主題歌「グローリー・オブ・ラブ」の世界観が圧倒的に勝っちゃってるなと思う。中高生時代、洋楽マイブームの真っ只中。大御所デビッド・フォスタープロデュースのこの曲は当時よく聴いた。本作よりPVの方が覚えてるもの。

ちなみにNetflixでは「ベスト・キッド3」の配信はない。実は観た事ないんだよね。コブラ会とリンクしないのかな。Amazonプライムビデオで観てみるか。

200921_03

| | コメント (0)

「PS5」と「グランツーリスモ 7」

200921_01

PS5の予約が始まった。PS4との互換を売りにした最新ゲームプラットホーム。コロナ禍、ステイホームの最強アイテム。しかしながら俺の時計は14年前の初期型PS3で止まっている。むしろ子供や妻のほうがSwitch等の最新ハードを操る。買ったのは俺でも、子供は「サンタがくれた」と思っているようだ!?

ゲームソフトをよく買ったのはPS、PS2。まだあの頃はゲームも安かった。クソゲーだろうが我慢できたし。でもハードスペックが上がる事でソフト価格も高騰。PS3で新品で買ったソフトは「グランツーリスモ 」ぐらいか。こちらも6で止まっている。

ゲーマーじゃ無いのでマスト買いするソフトは限られる。「グランツーリスモ」に競馬関係のゲームソフト。「ダビスタ」はほぼ死に体なので「ウイニングポスト」。「ウイニングポスト8」は今年中古で買った。多少カレンダーが古くても脳内補完でなんとかなる。血統が1世代古いのは丁度いい。

さて話はPS5に戻って最新作「グランツーリスモ7」のリリースが予定されている。ただ遊ぶだけなら「グランツーリスモ 6」で十分。PS4「グランツーリスモ Sport」はスキップしたし、最新ハードの必要性はない。まだゲームもクリアした訳じゃないし。目茶苦茶難しいのでクリアは無理だし。

問題は収録車種。これまで乗り継いできた車で収録されているのはシティターボ2のみ。やっぱ乗ってた車が出ていると嬉しい。そこで出て欲しい車No.1は現行スイスポだ。でもグランツーリスモシリーズではZC31Sで止まっている。スズキファンにとって非常に歯がゆい思い。

このシリーズ。モデリングに時間が掛かるため、新車種を入れるのは厳しい。とはいえ、スイスポやGRヤリス等、スポーツマインドを刺激する車も出てきている。ドライブシュミレーターとして見れば、ぜひ収録して欲しい。GRヤリスは入るのでは?トヨタにとってこれに勝るPRは無いから。日産も新型Zを準備するかもしれない。

スイスポもZC31S、ZC32S、もちろん現行ZC33Sが欲しい。LSDに変えたり、ECUを書き換えたい。「グランツーリスモ7」に収録されるのなら必ず買う。そうでなければPS5は買わない。もし収録されるのなら、いつものようにリリースが遅れるのであれば、PS5とのセット品を買えば良い。その可能性がかなり高そうだけど。

200921_02

| | コメント (0)

2020/09/20

「森高千里「この街」TOUR 2019完全版[Blu-ray]」を観る

200920_01
「森高千里「この街」TOUR 2019完全版」を観た。ブルーレイ版のディスクは2枚組(+音源CD2枚)。1枚目は熊本城ホールのライブ、MCにアンコールも完全収録。だがセトリに「GET SMILE」が無い。でもご安心を。特別映像の埼玉のライブ収録にあり。

特典映像込みで3時間越えのライブ収録。初回盤のみ1時間の全国ツアードキュメンタリー映像ディスク付。インスタ撮影の様子やあなたの会場の模様も出てきます。私はロゼシアターのところで映っているようです。画素に埋れてよく判らないけど(苦笑)。

のべ二度参加した「この街」ツアー。このブルーレイ版はまるでアリーナの最前列近くで観る感覚、そしてちょっと離れた距離の森高もいい。確かこの位の距離で観てたよなと回顧。

改めて当時の森高の書いた歌詞に気づく事。「臭いものにはフタをしろ!!」「私がオバさんになっても」と森高の歌にはオジさん、オバさんというフレーズが出てくる。でも50才の森高は当時と変わらず。「ザ・ストレス」のエプロン姿見れば無敵。

森高は「17才」の正統伝承者。オリジナルを歌った南沙織さんよりも長く歌ってる。フリも何もかも当時と変わらない。

いつ聴いてもライブの「夜の煙突」はいい。この曲の後は「テリヤキ・バーガー」と鉄板。「英語も何語も関係ないわよ」。そう森高の詞に英語のフレーズは出てこない。これぞ森高イズム。

ライブは開催地ネタで盛り上がるが、さすが地元熊本とあって青春時代を辿る。「この街」ツアーを観た人ならそれぞれの地元ネタを思い出すだろう。MCの長さはLD、DVD時代では考えられない。熊本のアンコール後には地元のスペシャルゲスト。しかもそのゲストに引けを取らないのが森高。

このディスク。コロナ禍、無くなったコンサートツアーの穴を埋めてくれるのに十分。とはいえ、やっぱ生で観たいのが本心。今は毎月一度の森高のオールナイトニッポンを聴いて時を待とう。

200920_02
200920_03
200920_04
200920_05

| | コメント (0)

«「コブラ会 シーズン2」を観る